2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 撮影現場、情報その2 | トップページ | 撮影中の画像 »

2005年8月24日 (水)

故郷に錦のブレンダン! 

キャ~ キャ~です。ブレンダンといえばコーニッシュカレッジ、コーニッシュカレッジといえばブレンダンとしてファンの間では有名ですが(私だけ?)、演劇の勉強をしていたそのコーニッシュカレッジ(於:シアトル)でブレンダンが、学生達に講義をしました。 ここです

なにゆえ激しく興奮してるかといいますと、このコーニッシュ訪問の情報は今年の2月からあったのです。BECCにmaggiemac2 さんが2/27付けで書込みされていたのです。その内容は――

コーニッシュカレッジ(ブレンダンが卒業した芸術学校)に、ブレンダンが少し前(正確な日付は不明)に来校して学生達に講義をしたそうです。

この情報は、同校に通うmaggiemac2さんの友人の娘さんが出所で、詳細は彼女が夏休みに家に戻るまでは待つしかないということでした。 さらにBFFCにもStormyさんが6/02付けで、eBay(有名なオークションサイト)にpersonal noteとサインつきのtQAのDVDが出品されていたことから、2月にブレンダンがコーニッシュに行ったらしいとのご報告がありました。 「まだかー、まだかなのかー」と待っていたわけですが、最近maggiemac2さんをお見掛けすることもなく、諦め(忘れ?)かけていたら、今日のBFFCのBrendan at School というスレッドで紹介されていたのです!! (ここまで書いて、何故コーニッシュカレッジのHPをチェックすることを思いつかなかったのかと反省……もっと前からあった記事かも。でも、)ありがとうございます! Breeさん!!

       またも端っこブレンダンBrendanInClassroom

訪問した時の写真(上)と、1980年と1990年のブレンダンの写真(1980年は違うと思います、だって12歳には見えないモン)があって、講義で話したことと、生徒達とのQ&Aが掲載されていました。まだじっくりとは読んでいませんが、興味津々です。これからじっくりと……戦います、英語と。

ちなみに、maggiemac2さんの友人の娘さんは、廊下でブレンダンにぶつかったんだそうです。ぶつかった感じはどんな?って気になるから、maggiemac2さん待ってますよ~

« 撮影現場、情報その2 | トップページ | 撮影中の画像 »

雑記(ブレンダン)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/128979/5616350

この記事へのトラックバック一覧です: 故郷に錦のブレンダン! :

« 撮影現場、情報その2 | トップページ | 撮影中の画像 »

このブログのお約束

  • 時々、例外があるかも…
    コメント、メール、その他ご意見大歓迎
    ネタ提供は 熱烈歓迎
    Aicon331_1にポインタをオンすると、私(シラ吉)の魂の叫びが聞えるかも…
    2009.10.16一部改訂

併設サイト


  • ★BFs2004
      未だに工事中ですが、よろしくお願いします。

  •   更新履歴ブログ  
        併設サイトの更新お知らせブログ

ふぁーりーヴェンジャンス

  • プレミア
    2010年4月公開(米国)の映画『Furry Vengeance』の関連画像集

ついて行きます!

  • Micharan Voice
    ブレンダンおっかけ同盟の第一人者MicharaさんのステキなBLOG
  • ぽわぽわ★ステップ
    ブレンダン好き好き同盟の第一人者ぽわさんのステキなBLOG
  • 月影の舞
    すごい量の映画レビュー&映画関連本が盛りだくさんなBLOG

旬のリンク

ためになるサイト

ワンコと一緒

  • お疲れ様でした。
    2000年9月から一緒に暮らしている豆柴(アトピー犬) 一緒に散歩できる幸せがいつまでも続きますように…
無料ブログはココログ

ハニーが読んだ本


  • 星を継ぐもの (創元SF文庫)

    月の洞窟で宇宙服を着た人間の遺体が見つかる。しかしそれはなんと5万年前のもの!宇宙開発に乗り出したばかりの人類がこの謎を解明していくSFの金字塔。謎の解明が実にスマート。最後の1行を読めば、人類と月の起源ってこの作品の通りだったと思えてしまうはずです。