2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 最低ですか? | トップページ | オプラ・ウィンフリー ショー »

2005年10月 6日 (木)

スタトレとブレンダン その2

スタートレックとブレンダンの繋がりを検証するシリーズ第二弾。ハッキリ言えば、こじつけです。 好きなもの(スタトレ)と好きなもの(ブレンダン)をなんとか一度に味わいたいから……

『ハードロック・ハイジャック』(AIRHEADS)に、スタトレ関連ワードが登場します。

それは、このシーン↓

         cap0002a

エライさんがスタッフをクビにしようとしていたことが判明して、ヤケクソ気味でシャークさんがハードロックをガンガンかけまくることにしたシーンです。この直前に、チャズ(チェスター君)が「ロッケンロールぅ」と叫んでます。きゃわいい♪

吹き替えでは 「さぁ~みんなー、ぶっ飛ばすぜぇ」
日本語字幕では 「アクセル全開」

でも、英語字幕では 「Warp speed, Mr.Sulu !」となっているのです。耳の穴をかっぽじって聞いても、そう言ってます。ね、スタトレでしょ?(あ、分からない?そ、そうですか…)

ワープといえば宇宙戦艦ヤ○トという世代も多いでしょうが、元祖はスタートレック:オリジナルストーリー(『宇宙大作戦』)です。日本の宇宙戦艦とは違った理論のワープ航法で、とにかくメチャクチャ早い、光速なんてなんのその。 で、この台詞はエンタープライズ号のカーク船長が、操舵士であるミスター・スールーに通常航行からワープ航行に移れと命令している、お客さんがタクシーの運転手さんに「メチャクチャとばせ!」と言ってるのと同じです(同じか?)。

だからこそ、吹き替えも、日本語字幕も上記のようになるわけです。スタトレふぁんとしては「行くぜぇ、ミスター・カトー」とか「ワープ速度だぜぇ」くらいには訳して欲しかったです()。一般には通じないからか、翻訳された方がスタトレをご存知なかったからか、まぁ、それだけ認知度が低いってことですかねぇ~() 先日BSで放送していた『クリムゾンタイド』ではデンゼル・ワシントンが部下を説得するシーンで「スタトレって知ってるか」と字幕が。「スタートレック」でなく「スタトレ」と……認知度も、そう低くないかも~(

ちなみに、ミスター・スールーとは日本ではミスター・カトーと名前が変わったアジア系の乗員です。製作側がアジアっぽい名前をと考えてつけた役名がヒカル・スールーだったのですが、日本ではもっと馴染みやすいカトーと吹き替えたらしいです。
演じているジョージ・タケイさんは、昨年11月に旭日小綬賞を受賞されています。『ドクター刑事クインシー』とかにもレギュラー出演されていた記憶が(古)。公式サイトや、時おり入ってくる近況などを耳にすると、と~ってもいい人のように思えます。それに、声が信じられないくらい渋い!超低音!(実は声フェチかも……)

backshot 『ハードロックハイジャック』のDVDのジャケットの裏にチャズ君の後姿(画像参照)があるのは、もう周知の事実ですか?
私はしばらくしてから気がつきました(恥)。
「お~、こんなところに。チャズったら~」って、20世紀フォックスホームエンターテイメント ジャパン株式会社様のサービス精神に感謝して、ちょっぴり小躍りしてました()。  

以上、ブレンダンとスタトレ喜怒哀楽編でした(ウソ)。

« 最低ですか? | トップページ | オプラ・ウィンフリー ショー »

スタートレック」カテゴリの記事

雑記(ブレンダン)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/128979/6278815

この記事へのトラックバック一覧です: スタトレとブレンダン その2:

» Star Trek: Nemesis (Special Collector's Edition) [アメリカに暮らす]
『スタートレック』シリーズの劇場版第10作『スタートレック ネメシス』の2枚組特別盤DVD(北米版)が10/4に発売された。 {/star/}公式サイトによる特典フィーチャー:Production"Nemesis" RevisitedNew Frontiers: Stuart Baird on Directing "Nemesis"Storyboarding the ActionRed Alert! Shooting the Action of "Nemesi... [続きを読む]

« 最低ですか? | トップページ | オプラ・ウィンフリー ショー »

このブログのお約束

  • 時々、例外があるかも…
    コメント、メール、その他ご意見大歓迎
    ネタ提供は 熱烈歓迎
    Aicon331_1にポインタをオンすると、私(シラ吉)の魂の叫びが聞えるかも…
    2009.10.16一部改訂

併設サイト


  • ★BFs2004
      未だに工事中ですが、よろしくお願いします。

  •   更新履歴ブログ  
        併設サイトの更新お知らせブログ

ふぁーりーヴェンジャンス

  • プレミア
    2010年4月公開(米国)の映画『Furry Vengeance』の関連画像集

ついて行きます!

  • Micharan Voice
    ブレンダンおっかけ同盟の第一人者MicharaさんのステキなBLOG
  • ぽわぽわ★ステップ
    ブレンダン好き好き同盟の第一人者ぽわさんのステキなBLOG
  • 月影の舞
    すごい量の映画レビュー&映画関連本が盛りだくさんなBLOG

旬のリンク

ためになるサイト

ワンコと一緒

  • お疲れ様でした。
    2000年9月から一緒に暮らしている豆柴(アトピー犬) 一緒に散歩できる幸せがいつまでも続きますように…
無料ブログはココログ

ハニーが読んだ本


  • 星を継ぐもの (創元SF文庫)

    月の洞窟で宇宙服を着た人間の遺体が見つかる。しかしそれはなんと5万年前のもの!宇宙開発に乗り出したばかりの人類がこの謎を解明していくSFの金字塔。謎の解明が実にスマート。最後の1行を読めば、人類と月の起源ってこの作品の通りだったと思えてしまうはずです。