2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« スタントマンの人? | トップページ | ハムナプトラ2 »

2005年11月27日 (日)

クリスマスツリー

クリスマスまで1ヶ月を切ったところで、クリスマスツリーをサイドバー(左)に貼ってみました(貼り方がわからなくて、試しで……とやってみたところ貼れました。う~ん、大丈夫だろうか^_^;)

できれば画像に飾りつけとかしてみたいものです。

fraser3 このモミの木の正式名称は Fraser Fir(フレイザーファーと発音するらしい)。昨年、BFFCで話題になってました。葉は、こんなだそうです(画像参照)。

クリスマスツリーとしてはポピュラーなのかな?こんな説明をみつけました。ブレンダンがツリーになったらこんな感じ?

銀色がかった深緑色をした、コンパクトでスリムな枝振りのクリスマス・ツリー。頑丈で上向きに生えた枝は、重めのオーナメントを飾るのにピッタリ。スパイシーな香りがし、短く平べったい針葉も特徴。持ちも良く、葉も落ちにくい。
(シアトルお遊びガイドより)

なんとか実物を見たい、土から生えてるところをみたいと思ってちょっとさがしてみましたが、近所では見つけられませんでした(T_T) 寒いところの木なので、うちの近所にあるわけはないんですけどね。

WWFジャパンによると、地球温暖化の影響を特に受けやすい高山の森林系の中に出てきました。 ⇒ 地球温暖化の影響を受ける世界の森林

フレイザーが危機に瀕している……ブレンダンじゃないけど、気にはなります(バカふぁんだから)。やっぱり、ウォームビズで地球防衛か?

« スタントマンの人? | トップページ | ハムナプトラ2 »

雑記(ブレンダン)」カテゴリの記事

コメント

こんにちは♪

凄い・凄い・・・ツリーにも、ブレンダンつながりを発見するとは!
このツリーね~憧れなの!
枝ぶりもそうですが、形がとってもいい。
イミテーションでもかなりの高額なんです
クリスマス大好きな私の夢なの・・・
Fraser欲しいです。
そして、勉強になりました。
温暖化現象って大変。

ぽわさん、こんばんはー

恥ずかしながら、去年まではクリスマスツリーの種類なんて考えた事もありませんでした(汗)
実物を見たことないんですけど、画像からは、イメージ通りのクリスマスツリーだな~という印象を受けました。
重めのオーナメントも大丈夫……息子2人ぶら下がっても大丈夫……
う~ん、とってもブレンダン♪

>Fraser欲しいです
私も欲しいです!
私の場合、違う意味かも(赤面)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/128979/7334117

この記事へのトラックバック一覧です: クリスマスツリー:

« スタントマンの人? | トップページ | ハムナプトラ2 »

このブログのお約束

  • 時々、例外があるかも…
    コメント、メール、その他ご意見大歓迎
    ネタ提供は 熱烈歓迎
    Aicon331_1にポインタをオンすると、私(シラ吉)の魂の叫びが聞えるかも…
    2009.10.16一部改訂

併設サイト


  • ★BFs2004
      未だに工事中ですが、よろしくお願いします。

  •   更新履歴ブログ  
        併設サイトの更新お知らせブログ

ふぁーりーヴェンジャンス

  • プレミア
    2010年4月公開(米国)の映画『Furry Vengeance』の関連画像集

ついて行きます!

  • Micharan Voice
    ブレンダンおっかけ同盟の第一人者MicharaさんのステキなBLOG
  • ぽわぽわ★ステップ
    ブレンダン好き好き同盟の第一人者ぽわさんのステキなBLOG
  • 月影の舞
    すごい量の映画レビュー&映画関連本が盛りだくさんなBLOG

旬のリンク

ためになるサイト

ワンコと一緒

  • お疲れ様でした。
    2000年9月から一緒に暮らしている豆柴(アトピー犬) 一緒に散歩できる幸せがいつまでも続きますように…
無料ブログはココログ

ハニーが読んだ本


  • 星を継ぐもの (創元SF文庫)

    月の洞窟で宇宙服を着た人間の遺体が見つかる。しかしそれはなんと5万年前のもの!宇宙開発に乗り出したばかりの人類がこの謎を解明していくSFの金字塔。謎の解明が実にスマート。最後の1行を読めば、人類と月の起源ってこの作品の通りだったと思えてしまうはずです。