2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 踊らされたり、くすぐられたり | トップページ | フレイザー'S EDGE 3 »

2005年11月 6日 (日)

フレイザー'S EDGE 2

8月に『故郷に錦のブレンダン!』で、今年2月に母校を訪れたブレンダンの記事の訳してみました、パート2です。

ソース:http://www.cornish.edu/news/features/fraser_edge.htm

フレイザーの魅力と天性のコミカルな間の取り方はすぐに生徒達を落ち着かせた。誰もが聞き漏らすまいと身を乗り出した。……の続きから。

「コーニッシュを出てから、世界中をみてきた。君達にいえる事はコーニッシュはユニークな存在だということだ。ここで受けた教育はたいていの大学の授業に勝っているんだ」

「コーニッシュで学んだことが、その日をなんとか乗り切るための鍵になったことが何度もある。例えば、午前5時に偽の雨が激しく振る現場に立っている、アシスタントディレクターは太陽が昇りそうだと叫んでいて、おしゃべりの群集がマークの位置まで戻らなければ撮影がダメになってしまう時に、僕は踝まで泥につかって、クレーンに縛り付けられたカメラが僕の顔に焦点をあわせている。

その場で演じなくちゃならない、しかもきっちりと。台詞を覚え、指示通りに、プレッシャーの元でもカッコよく。その上、まるで生まれて初めてのことのようにそのシーンを演じるんだ。こんな場合に僕のお気に入りはこれさ、」(コーニッシュでのmovementクラスで習った手と上腕のストレッチを見せるブレンダン)「ね?効くよ。ほら気分がよくなった」(笑い声)

ブレンダンは質問を受けることにし、熱心なたくさんの手がサッと挙がった。

Q:最近舞台にたたれましたね(「熱いトタン屋根の猫」でBrickを演じた事)。久しぶりに映画から離れるということは、どうでしたか?

BF:それは自分の故郷に帰ることでもあり、ロンドンのウェストエンドで舞台に立ちたいという夢を実現させることでもあったんだ。同時に非常に恐ろしく感じていた。その報酬としてもらえるものは、観客に劇作家の書いたストーリーを告げることが出来るということだけど、それはその日限りのものだからこそ、特別なんだ。

Q:コーニッシュ卒業後はどんな風に?

BF:卒業後は、ためにならない映画をたくさん観て、サブウェイのサンドイッチをたくさん食べて、ビールを飲んで……どれも全く非生産的だよね。僕はIntiman Theatreの研究生に選ばれた。そこの呼び物はロシアの劇団で、チェーホフの「三姉妹」を公演しに来たんだ。舞台はとても素晴らしいものだった。言葉が分からなくても、何もかもが理解できた。演技は桁外れだった。
シアトルを出る一週間前、ギャングということで逮捕されるラテン系の「タフ」な男役のオーディションを受けた。高校時代「ウェストサイドストーリー」のお芝居でBernardoをやったから、出来ると思ったんだ。オーディションの後、キャスティングの担当者はLAで監督のところで読ませたがった(監督本人によるオーディションを受けさせたかったということ)。
キンピカの街(ハリウッドのこと)に着いたとたん、僕は自信をなくしてしまった、夢の達成(ハリウッド)への途中だし、ツタにも辿りついてないのにね(ジョージを意識したギャグ)。車から降りるとすぐそこの歩道に☆があった(ウォークオブフェイムのとこ?)――「The Three Stooges」(有名なコメディアンユニット)のだった……これはいい兆候だと思ったね。
オーディションの待合室には僕を含めて3人がいた。正真正銘のタフガイに見えるやつ、確かテレビで人気のある誰か、それに僕。ビビリまくってたよ。僕の順番がきた時、監督のTaylor Hackfordは電話を切ろうとしているところで、怒鳴っていた。『だからお前は腐ったバラみたいに臭いまんまだ!』(バン!と電話を切る仕草)で、僕の方を向いて『お前、誰だ?』(笑い声)結果、僕は(オーディションに)落ちた。だけど、僕のオーディションのテープは人から人へと伝わっていって、雪だるま効果を生み出して、エージェント会社や、たくさんのオーディションへと繋がって、最終的には――仕事を得たんだ。

この色は自分なりの解説です。

今日も長かったけど、まだQ&BFは続きますよー。ブレンダンからのアドバイスがあります。もう少しの辛抱です(笑)

« 踊らされたり、くすぐられたり | トップページ | フレイザー'S EDGE 3 »

雑記(ブレンダン)」カテゴリの記事

コメント

すごいです~、読ませていただいてますけど
、こんなに訳しちゃったのね。
続きが楽しみです。
ブレンダン、なんの仕事、得たんだろう・・・?

ahomiさん、おはようございます。
私も遅いけど、午前2時まで起きてて、次の日は大丈夫ですか?

分かりにくくても、大きな心で読んで下さいね。自ずと意味が……てなワケにはいきませんかね?

Q&BFが、特にコーニッシュ卒業後の話が面白かったので、無理してみました。
楽しんでいただければ、幸せです♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/128979/6897601

この記事へのトラックバック一覧です: フレイザー'S EDGE 2:

« 踊らされたり、くすぐられたり | トップページ | フレイザー'S EDGE 3 »

このブログのお約束

  • 時々、例外があるかも…
    コメント、メール、その他ご意見大歓迎
    ネタ提供は 熱烈歓迎
    Aicon331_1にポインタをオンすると、私(シラ吉)の魂の叫びが聞えるかも…
    2009.10.16一部改訂

併設サイト


  • ★BFs2004
      未だに工事中ですが、よろしくお願いします。

  •   更新履歴ブログ  
        併設サイトの更新お知らせブログ

ふぁーりーヴェンジャンス

  • プレミア
    2010年4月公開(米国)の映画『Furry Vengeance』の関連画像集

ついて行きます!

  • Micharan Voice
    ブレンダンおっかけ同盟の第一人者MicharaさんのステキなBLOG
  • ぽわぽわ★ステップ
    ブレンダン好き好き同盟の第一人者ぽわさんのステキなBLOG
  • 月影の舞
    すごい量の映画レビュー&映画関連本が盛りだくさんなBLOG

旬のリンク

ためになるサイト

ワンコと一緒

  • お疲れ様でした。
    2000年9月から一緒に暮らしている豆柴(アトピー犬) 一緒に散歩できる幸せがいつまでも続きますように…
無料ブログはココログ

ハニーが読んだ本


  • 星を継ぐもの (創元SF文庫)

    月の洞窟で宇宙服を着た人間の遺体が見つかる。しかしそれはなんと5万年前のもの!宇宙開発に乗り出したばかりの人類がこの謎を解明していくSFの金字塔。謎の解明が実にスマート。最後の1行を読めば、人類と月の起源ってこの作品の通りだったと思えてしまうはずです。