2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 私事3 | トップページ | スタントマンの人? »

2005年11月24日 (木)

Singularityのこと

『Singularity』をご存知ですか?知っている人も多いと思いますが、知らなくても仕方のない話ですよねー(^^ゞ

まだIMDbのブレンダンのページに名前を連ねているこの『Singularity』について、たぶんこの先も書くことはないだろうと思うので、今回まとめてみたいと思いました。ブレンダンはこの作品からは降りたらしいので、今更って話で申し訳ないっすけど、他に機会もなさそうだし……

『Singularity』は、ブレンダンが英国人兵士を演じて、Aishwarya Rai さんがヒロインを演じる歴史ラブロマンス物(?)で、私がブレンダンにハマッた時には既に新作情報(ウワサ)の中に名前がありました。aish2

Aishwarya Raiさん(画像参照)は、ミスユニバースにも選ばれるほどの、とってもお美しいインドの女優さん。ハリウッドへの進出作品が、この『Singularity』とメリル・ストリープ共演の『Chaos』(これもどーなの?)になるはずだったようです。 BFFCやBECCでも、ブレンダンの英国兵士姿を見たーい!という声が……

『Singularity』はブレンダン・フレイザーと共演する恋愛ドラマで監督はRoland Joffeで、既に契約を済ませていると、報じられたりしていましたが、

2004年12月Hindustan Times が、ブレンダンはpersonal reasonsで、この映画への出演を辞めたようで、主演男優がいなくなったため、2005年中にこの映画が日の目をみることは奇跡的だろうと、伝えました。――personal reasonsとは第二子ご懐妊ではなかったのかという話が出てました。確かに、2005年中にはお目にかかれませんでしたね~

ところが、その後も『Singularity』の話はブレンダン込で時々出てきました。――主にAishwarya Raiさんのプロモーション活動の一環だったんだと思います。でも、2月にDavid Letterman ShowにAishwarya Raiさんが出演したときには、『Singularity』についての話は全くでなかったそうです(BECCより)。

2005年2月San Francisco Gateに『With Bollywood and Hollywood at her feet, the Indian superstar's global reach seems limitless』by Reena Janaという記事があり、内容はAishwarya Raiさんの紹介でした。過去の経歴や、先日Letterman Showにでたこととか、彼女の主演映画『Bride and Prejudice』が本日(2005/02/11)公開になるなどでしたが、その中に、ブレンダン・フレイザーと共演の『Singularity』(監督Roland Joffe)を撮り終え(wrapped "Singularity")、『Chaos』の撮影をしているという記述がありました。――この内容について、BECCではこのメディアはブレンダンの二男の名前を間違って報道したくらいだから、信頼に値しないと。また、IMDb Singularity のメッセージボードでは、可能性の一つとしていきなりビデオ化ということもあるかもと考察されていました。

2005年4月、何故この作品が立ち消えになってしまったのかについて、IMDbのメッセージボードにまとめてくれた方がおられました。こんな内容――

インド人男性の主役Vivek Oberoi が『The Invaders(注:この映画の別名)』の撮影が始まるのを待つ間に別の映画の契約をし、いざ進行となった時には参加できなくなっていた。マネージャーでもある彼の父親がプロデュサーに怒鳴り散らし、結局ワーナーはキャストや脚本、映画のタイトルなど変更し……そして動きがなくなってしまった。ブレンダン・フレイザーの仕事関係の信頼筋からは彼が映画を降りたと、昨年のある時点で言及があった。監督のRoland Joffe は自分のオリジナルである『The Invaders』を自信満々に語っていたが、新しい作品については一言もない。Joffe のウェブサイトにはThe Invaders もSingularity の名もない。作成中のリストにも、公開間近のリストにもない。
Singularity という名のラブストーリーの短編映画があり、昨年インディ系として上映された。だが勿論この作品とは無関係。

これ以後もブレンダンと『Singularity』を結びつけた記事が出てくることはありましたが、最近では殆どみなくなりました。それでも、IMDbではまだブレンダン出演となってます。

映画としても、テレビ用映画としても、作られる事はないだろうなーというのが正直な感想です。それでも、もしかしてという思いも捨てられないのは、ミリタリーなブレンダンがみたいからでしょうか?リックを思わせるキャラクターだったかもしれないから?何でもいいから、ブレンダンを見せてくれーという、ばかファンのヤンチャですね、たぶん…

« 私事3 | トップページ | スタントマンの人? »

雑記(ブレンダン)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/128979/7285983

この記事へのトラックバック一覧です: Singularityのこと:

« 私事3 | トップページ | スタントマンの人? »

このブログのお約束

  • 時々、例外があるかも…
    コメント、メール、その他ご意見大歓迎
    ネタ提供は 熱烈歓迎
    Aicon331_1にポインタをオンすると、私(シラ吉)の魂の叫びが聞えるかも…
    2009.10.16一部改訂

併設サイト


  • ★BFs2004
      未だに工事中ですが、よろしくお願いします。

  •   更新履歴ブログ  
        併設サイトの更新お知らせブログ

ふぁーりーヴェンジャンス

  • プレミア
    2010年4月公開(米国)の映画『Furry Vengeance』の関連画像集

ついて行きます!

  • Micharan Voice
    ブレンダンおっかけ同盟の第一人者MicharaさんのステキなBLOG
  • ぽわぽわ★ステップ
    ブレンダン好き好き同盟の第一人者ぽわさんのステキなBLOG
  • 月影の舞
    すごい量の映画レビュー&映画関連本が盛りだくさんなBLOG

旬のリンク

ためになるサイト

ワンコと一緒

  • お疲れ様でした。
    2000年9月から一緒に暮らしている豆柴(アトピー犬) 一緒に散歩できる幸せがいつまでも続きますように…
無料ブログはココログ

ハニーが読んだ本


  • 星を継ぐもの (創元SF文庫)

    月の洞窟で宇宙服を着た人間の遺体が見つかる。しかしそれはなんと5万年前のもの!宇宙開発に乗り出したばかりの人類がこの謎を解明していくSFの金字塔。謎の解明が実にスマート。最後の1行を読めば、人類と月の起源ってこの作品の通りだったと思えてしまうはずです。