2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 哀悼... | トップページ | Tribeca Film Festival 参加! »

2006年3月17日 (金)

Mummy③を語る

56587439_20060113こちら↓で、オデッド・フェールさんが『the Mummy③』のことを語っておられます。

内容はMicharaさんのブログでまとめられているので、そっちへゴー(^o^)/
(別に手を抜いてるわけじゃありませんよー)

Imhotep 脚本の内容は以前「Mummy③の台本」で紹介した内容と同じで、特に目新しくはありません。でも、ユニバーサルが時代設定を現代にして、アーノルド・ヴォスルーさんだけを残し(他メンバーは一新)て3作目をつくろうかと考えていたというのは知りませんでした(たぶん私だけ)。

脚本の内容からするとその考えは捨てたみたいですが、逆にヴォスルーさんの出所も無くなったのでは?う~ん、ユニバーサルはどこまで本気なんでしょうか……

この記事を元ネタにした記事があちこち出回っておりますが、その中でここにはちょっとムカー(`^´)っときたので、ご一緒にムカーっとしませんか?その部分だけ抜粋――

So Brendan Fraser and Rachel Weisz characters are in the script, but that doesn’t mean they’ve signed him. Brendan Fraser hasn’t been busy so they’ll likely have no problem getting him back. But Rachel Weisz just won an Oscar for The Constant Gardener. She might not be interested at all, and if she is they’ll have to pay a pretty hefty price to get her.

脚本にはブレンダン・フレイザーレイチェル・ワイズのキャラクターがいるわけだが、だからと言って彼らがすでに契約したというわけではない。ブレンダン・フレイザーは(ずっと)忙しくないので、彼を獲得するのに問題はないだろう。しかしレイチェル・ワイズは『ナイロビの蜂』でオスカーを獲ったところだ。彼女は全く興味がないかもしれない、彼女を獲得する為には(ユニバーサルは)相当な額を払わなければならないだろう。

い、今は忙しそうなのにー!今年も(未確定ですが)忙しそうなのにー! ……確かに、去年の今頃はヒマだったけど……働く時は働く、休む時は休む、メリハリのきいたブレンダンが好きデス(メリハリききすぎの感もあるけど)

『the Mummy③』のプロットですが、以前BFFCでもちょっと話題になっていました。その時、誰かが「こんなのはどう?」と考えてくださったプロットで、「おお!それはいい!」と思ったのが↓

時代設定は現代。リックとエヴリンの孫(ブレンダン)がアメリカで大学教授をしている。彼は祖父や父親の冒険を全く信じていなかった。そんな彼のもとへ、謎の人物が訪れて(謎の遺物だったかも…)、彼はいやいや運命の土地エジプトへ赴くことになる。そこで彼を待っていたのは……

もう1年以上前だからぼんやりとしか覚えてないんですが……私的にはそそられます。大学教授ってとこが『インディジョーンズ』なんですけど、知的ブレンダンが拝めるし、その知的ブレンダンが段々と冒険野郎ブレンダンになっていく過程もたのしめそうだし……このプロットでなんとかなりませんか?>ユニバーサル様♪

« 哀悼... | トップページ | Tribeca Film Festival 参加! »

新作?」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

雑記(ブレンダン)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/128979/9128971

この記事へのトラックバック一覧です: Mummy③を語る:

« 哀悼... | トップページ | Tribeca Film Festival 参加! »

このブログのお約束

  • 時々、例外があるかも…
    コメント、メール、その他ご意見大歓迎
    ネタ提供は 熱烈歓迎
    Aicon331_1にポインタをオンすると、私(シラ吉)の魂の叫びが聞えるかも…
    2009.10.16一部改訂

併設サイト


  • ★BFs2004
      未だに工事中ですが、よろしくお願いします。

  •   更新履歴ブログ  
        併設サイトの更新お知らせブログ

ふぁーりーヴェンジャンス

  • プレミア
    2010年4月公開(米国)の映画『Furry Vengeance』の関連画像集

ついて行きます!

  • Micharan Voice
    ブレンダンおっかけ同盟の第一人者MicharaさんのステキなBLOG
  • ぽわぽわ★ステップ
    ブレンダン好き好き同盟の第一人者ぽわさんのステキなBLOG
  • 月影の舞
    すごい量の映画レビュー&映画関連本が盛りだくさんなBLOG

旬のリンク

ためになるサイト

ワンコと一緒

  • お疲れ様でした。
    2000年9月から一緒に暮らしている豆柴(アトピー犬) 一緒に散歩できる幸せがいつまでも続きますように…
無料ブログはココログ

ハニーが読んだ本


  • 星を継ぐもの (創元SF文庫)

    月の洞窟で宇宙服を着た人間の遺体が見つかる。しかしそれはなんと5万年前のもの!宇宙開発に乗り出したばかりの人類がこの謎を解明していくSFの金字塔。謎の解明が実にスマート。最後の1行を読めば、人類と月の起源ってこの作品の通りだったと思えてしまうはずです。