2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月の記事

2006年8月31日 (木)

あと2週間ちょっと

J3D LOGO

Journey3-D(又は「地底探検」、Journey to the Center of the Earth)の撮影はあと3週間弱だそうです。 
街角でブレンダンに出会いたい人は、あと3週間以内ならモントリオールにチャンス有りですので、お急ぎください(笑)

このネタ元は、毎度お馴染み共演者の1人Josh Hutcherson君の公式サイトのブログです。ちょっと気になるトコロも含めて抜粋してみました↓

JoshHutcherson2006年8月27日日曜日

日曜日の夜だ、僕はランニングから戻ってきたトコだよ。今日僕らは映画Journey to the Center of the Earthポスター用の写真撮影(photo shoot)をしたんだ
【中略……昨日はXboxでゲームをしたり、映画を見に行ったそうです。今日も写真撮影後にお出かけしたって。フットボールの話とか】
なんにせよ、今日から3週間で僕は家に帰るんだ!やったーーーーーーーーー!!家で友達と遊ぶのが待ちきれないよ。映画撮影で(自宅から)遠く離れているのも好きだけど、撮影が終わり頃には、家に帰って皆に会えると思うとホントにワクワクするんだ。

ということは、撮影終了は9月17日ということですよね。あと2週間ちょっと、その後はINKHEARTの役作りかな?それとも、エグゼクティブプロデューサーは撮影後もモントリオールでお仕事とか?とりあえず、頑張れブレンダン!

それにしても、写真撮影には当然ブレンダンも一緒だったんですよね?名前が出てこないからちょっと不安……「僕ら(we)」って書いてあったから、きっとブレンダン含むですよね(無理にでも安心する私)。どんなポスターになるのか楽しみ。製作会社様、ブレンダンど~んでお願いします<(_ _)>

おまけ(再々):
ここを読まれているかもしれない(いないと思うけど)Josh君ファンの皆さまへ

Josh君出演の映画RVのDVDプレゼントの件についてですが、お父さんが今度の週末にモントリオールへDVDを持ってきてくれて、それからサインして発送となるそうです。応募された方はもうしばらくお待ちくださいネ。

2006年8月29日 (火)

感想と(オマケ)レビュー

Journey_to_the_end_of_the_night_posters Journey to the End of the Nightのトレイラーは堪能されましたか? 今日何度もチェックして堪能したシラ吉です。こんばんはー(^o^)丿

そんなわけで、感想を叫ばずにはいられません!お時間のある方、お付き合い下さいませ。

その前に、このJourney to the End of the Nightに対するレビューをご紹介。コチラです。
8月になってから投稿されたモノらしいです(映画は4月末~5月初のTribeca映画祭で上映)が、わりと良い評価を貰っています。4段階評価で☆3(Goodという評価)でした(^o^)丿 ただかなりのネタバレは覚悟でお読み下さいねー、ブレンダンのことは最後にまとめて書かれています。映画をみてからでないとわからなさそうな話なので、訳ナシです(スイマセン、サボってんじゃないッスよ)

それから、コチラも。Tribecaに行ってきたお方の感想です。Eric Eason監督の1作目ほどではないものの、まぁよかったという評価。でも、ブレンダンについての評価は……

演技はとても良かったが、ブレンダン・フレイザーについては少々問題があった。彼を(彼が)演じているクソッタレ野郎だと思うことができなかったのだ。『クラッシュ』以後、《いい子》のイメージから脱却しようとしているんだと思った。Q&Aで、このことを彼は否定していたけどね。

《Good Boy》のイメージが邪魔して、悪人ブレンダンに慣れなかったのでは?と思います。それより、Q&Aでの質問と答えの一部が判明して嬉しい私です(^^)

続きを読む "感想と(オマケ)レビュー" »

2006年8月28日 (月)

トレイラー登場!!

Jtteotnposter03s

寝る前にふと覗いたIMDbのメッセージボードから、こ、こんなのが!

「こんなの」とは、Journey to the End of the Nightポスターとト、ト、ト、トレイラー情報でっせ、奥さん!!


※8/29追記※
トレイラーを自分ちに貼れることに先ほど気がつきました(遅ッ!) ようするにYouTubeみたいなトコロに、このトレイラーがあるということらしいです。ふ~ん。とにかく貼れて嬉しい♪そういうわけで、自分のサイトやブログをお持ちの方は(宣伝活動の一環として?)貼ってみては?

ポスターは、この前のThe Air I Breatheの白ポスター(「新しいポスター」)があったのと同じIMP Awardsからです。公式かどうかはわかりませんが、こちらに貼ってみました~↓

続きを読む "トレイラー登場!!" »

花火会場でブレンダン

街角ブレンダン情報こと、街角でブレンダンを見かけたという、真実か見間違いか確かめようがない情報(←説明過多?)  こんないい加減なことを書けるのはここしかない!ア~ンド、こんないい加減なことを読まれる方は、話半分でお願いします。
(と言っても、嘘を書いてるわけではありません。真偽の判定が出来ないということですよー)

とあるご家族がモントリオールに旅行された時のことを書いたブログの中に、ブレンダンが登場していました(^o^)/ そこだけ抜粋↓

On our way back, we ran into Brendan Fraser and (I'm guessing) his wife and some other guy who were walking toward the fireworks...he looks just as good in person! 

戻る途中、花火へと歩いていく途中のブレンダン・フレイザーと(恐らく)彼の奥様ともう1人別の男性に出くわしました……直接見てもやっぱり彼はステキね!

このブログはこちら↓(http://以下です。)
shannonmohanty.spaces.live.com/Blog/cns!3BC23DD5A0ECB640!652.entry

モントリオールへは金曜日から日曜日(日にちは不明)まで滞在されていて、土曜日に毎年この時期に開催されている花火を見に行かれたそうです。30分ほど花火を鑑賞してからホテルに戻る途中、ブレンダンご一行と出会われたとか。いいなぁ~、モントリオールに遊びに行きたいッス(T_T)どこでもドアで…

それにしても、撮影で忙しい中、妻とのデートもかかさないなんて、ヨッ!にくいね、お2人さん!……で、もう1人は誰?

ところで、ブログと言えば有名なmyspaceにブレンダン・フレイザーさんが10人もいました!(8/27日調べ) なりきりブレンダンさんかな~と思いながらも、もし本物だったらいけないので(何が?)、お時間のある方はチェックしてみては?お友達になれるかも(笑)

  • myspaceの検索結果
    (age:37の人が2人いますが、片方はアクセスできませんし、片方は記事ゼロです……さて、どっち?)

2006年8月27日 (日)

キャスト続々と…交渉中

プチ掲示板(右サイドバー)でちょこっと書きましたが、その他の一部のキャストについて、コルネーリア・フンケさんの公式サイトで発表がありました。

発表された内容はこれ↓原文はコチラ

役名名 前画像

Mo
(モー)

ブレンダン・フレイザー
決定 ― 『インクハート』は彼に捧げられた本ですから、この惑星に彼以上のMoはいませんよね ←と、公式サイトに書いてあります(^^)v

2005/06/15

Dustfinger
(ホコリ指)
Paul Bettany
(交渉中 ― コルネーリアさんが彼を最高の配役だと考える理由が知りたければA Knight`s Taleでの彼を見てください←と、公式サイトに書いてあります

PaulBettany

Elinor
(エリノア)
Kathy Bates
(交渉中 ― コルネーリアさんが望んでいた人)

※メギーの親戚 人間より本が好き!

KathyBates

Fenoglio
(フェノグリオ)
Jim Broadbent
(交渉中)

※物語の後半に登場するとっても重要人物

JimBroadbent

ファリッドについても、コルネーリアさんの希望に沿った配役がされるような感じですが……今のところはこれだけ。 とりあえず、Moはブレンダンで決定なのは間違いないと確認できました(^o^)/ヤッター

Dustfinger(ホコリ指)はヴィゴ・モーテンセンさんをイメージしておられたそうですが、Paul Bettanyさんも良いのでは?(と、よく知らないので見た目だけで思う私)。
フェノグリオ役のJim Broadbentさんって大きい人なんですね~(IMDbだと187cmだって) 小さなお爺さんをイメージしていたのですが、画像を見てるとなんだか納得。

さぁ、あとは悪者側(カプリコーンが気になる!)ですが、早々に発表されそうな予感がしてきました(根拠なし) 誰かが、カプリコーンはショーン・ペンと言うのを聞いて以来そんなイメージなのですが……ない?やっぱり(^_^;)

ちょっとだけ関係あるかも?な話:
ホコリ指(Dustfinger)のキャスティングを伝える記事の中で、役名を間違っている記事がありました(コチラ)。DustfingerDustmouth(ホコリになってますがな……セリフ言いにくそう(笑)

2006年8月25日 (金)

監督からの答え

airibreathe_posterここ最近賑わっているポスターの件やその他(監督の名前が?問題等)に、公式サイトの監督のブログで、ご本人自らが答えてくれました。これでハッキリ&スッキリです!……ただ、こんなにハッキリしたらお気に入りだった白ポスターが使いにくいので、また以前のポスターに戻しました。早く、ブレンダンがドーンっと写ってる公式ポスター(←夢ですので、根拠ナシ ^_^;)が出てこないかな~

というわけで、
本文は公式サイトの監督の名前をクリックしませう ⇒ The Air I Breathe公式サイト

どうやら監督はIMDbのメッセージボードをチェックしているらしく(もしくは、チェックして伝えてくれる人が近くにいるのか?)、最近あった「どーなの?」という疑問に対する答えを短く書いてくれています。
最近あった「どーなの?」という疑問とは、

  1. 新しく出てきたポスターは公式ポスターなのか?
  2. 監督の名前がAlan Smitheeになってるけど……大丈夫?
    (「これはどうかなぁ…」もしくはココ参照)
  3. トロント国際映画祭に参加するの?

です。①はサラ・ミシェル・ゲラーさんのファンサイトで一応の答えが出ていますが、②、③は気になるトコロ……さて、監督の答えは。

2006年8月24日木曜日

最前線からの、ポスターとその他に対する短い答えは以下。

①……No。最近出てきたポスターはどれも、プロデューサーや監督の認可していないものです。

②……No。Alan Smitheeとは表記されません。本名が表記される予定です。

③……No。トロント国際映画祭には参加しません。締め切りに間に合わないことが判っていたから。

ブログの中で監督は、書込みからポスターのことを知ったとか、みんながこの作品に感心を持ち、応援し続けてくれていることに感謝していることを述べておられました。この映画が期待され、さらに人々の記憶に残る作品となることを信じているそうです。

期待して待ってますので、よろしくお願いします>Jieho監督!

ちなみに、今のところThe Last TimeJourney to the End of the Nightも参加リスト中にはないようでした(T_T)アウー

2006年8月24日 (木)

地底の小ネタ

Journey3-D(又は「地底探検」、Journey to the Center of the Earth)の小ネタです。小ネタなので、小ネタパラダイス風に(^^)
1つづつに分けたほうがいいのかなぁ……

  1. フランス語の新聞
  2. 撮影を見かけた人の話
  3. 準?公式サイト
  4. Josh君のブログ情報

関係ない話:
先日nekoさんに教えていただいた雑誌『この映画がすごい』10月号をチェックしてきました! なるほど、そーいうくくりだからブレンダンが出てくるのか、○○○なんかあってもなくてもいいじゃん!と思いつつ、「ジャングル・ジョージ(1997)の頃から――」という文章に「ヘン、Younger & Younger(1993)の時にはもうヤバかったもんね~」とツッコミを入れて自爆してしまいました(←大バカ者=私)……正統派ファンの人スイマセン(T_T)

続きを読む "地底の小ネタ" »

2006年8月23日 (水)

サインしたって(^o^)/

ブレンダンが、

Mo役にサインしたそうです!バンザーイ\(^o^)/

このことを伝える記事はこちら↓

ロイター(REUTERS)とThe Hollywood Reporterの出だし部分がこうなってました↓

Brendan Fraser has signed a deal to star in "Inkheart,"

おおーっ、つまりサイン(契約)完了ってことですよね!?やったー!!
これからは安心して、ブログにINKHEARTのことが書けます(感涙)

Movieholeから訳すとこんな感じ。ネタバレしそうな部分は反転させてます(^^)

ブレンダン・フレイザーなら出来そうに思われる事が1つある、それは子供たちを楽しませ続けることだ。『ジャングル・ジョージ』から『ダドリーの大冒険』さらに一番近いところでは『ルーニーテューンズ:バックインアクション』など、彼はいつもファミリー映画界の定番であり、だから子供たちは彼が大好きだ。
子供映画の彼への最新のオファーはINKHEARTだ(コルネーリア・フンケのベストセラー小説をニューラインシネマが映画化)。
Iain SoftleyKilling Me Softly)が監督するこの映画は、ある女の子を主人公にし、彼女の父親は声を出して本を読むことで、その登場人物を現実の世界に連れてくる力を持っている。子供用の本から出てきた極悪非道の支配者と手下たちが、その男性(父親)を誘拐したので、彼の娘と友人たち(現実世界の友人と本から出てきた友人)は何とかしなければならなくなる。
《魔法の舌》としても知られるその父親――Mortimer FolchartことMo――をフレイザーが演じる予定だ。

「ファミリー映画界の定番」って書いてあるけど、これって誉められてるのかな?ちなみに、「子供たちは彼が大好きだ」で、私も大好き!と叫んだシラ吉でした(^^)

ウヘヘヘ

2006年8月22日 (火)

またポスター

TAIB Poster白小 はい、またポスターです(笑) え、もうたくさん?そんなこと言わずに、盛り上がれるうちに盛り上がっておきましょうゼ (^o^)丿ワハハハ

そう言えば、IMDbでも盛り上がってましたヨ。脚本のボブさんのブログが更新されないので、The Air I Breathe ファンはポスターでしか盛り上がれないところが哀しいケド(^_^;)

で、あらたに出てきたポスター(3枚目)はこれ↓ (扱いが小さいのは、ファン製作ということがハッキリしてるからです)

続きを読む "またポスター" »

ケンカはやめた~♪らしい

「地底探検」(勝手に呼んでいるだけです)ことJourney3-D(又はJourney to the Center of the Earth)の話です。 

タイトルは「ケンカはやめて~♪」からなんですけど……わかりにくくて申し訳ない(^_^;)

数日前に出てきた記事↓です。ちょこちょこ興味を引かれる部分がありました(^^)

モントリオールの(ケベック州の?)映画産業についての記事なので、Journey3-Dのことについて触れている部分のみ抜粋。お時間のある方で、ケベックの映画産業が気になる方は全文を読んでみてね(^^ゞ

続きを読む "ケンカはやめた~♪らしい" »

2006年8月21日 (月)

オーディション続報

Inkheart (School Softcover) 映画「INKHEART」のヒロイン、メギー役の公開オーディションについての続報です。先日の「オーディション決定!」の補足、プラス気になる発言を、原作者コルネーリア・フンケさんの公式サイトより拾ってきました~(^^)

オーディションについて、補足情報を盛り込んでまとめるとこんな感じ。メギー役をめざす女の子は急げ!(こんなブログを読んでないだろうケド(^^ゞ)

メギー役の公式オーディションは、イギリス9月9日にスタート予定。
時間と場所については、後日発表。
英語が母国語11歳から13歳までなら、いざオーディションへ!

オーディションを受けたい人は、以下の内容のテープ(出来ればDVDで)を下の宛先に送りましょう。

冒頭部分で自分の名前を自分で言う。
本から引用した自分の好きな部分を読む(出来れば会話の部分、もっと言えばMoとの会話の部分とか。誰かをカメラの外に置いて協力してもらいましょう。長くなりすぎないように注意!)
顔写真と履歴書も一緒に送るととても参考になるそうです。
宛先 
Hubbard Casting
    24 Poland Street
    London W1F 8QL
    England

―――公式サイト【NEWS】より

私の想像ですが、DVD(又はテープ)を送ったらオーディションの場所と時間を教えてくれるんではないでしょうか?とりあえず、9月9日までに送った方がいいそうなので、急げメギー!

気になる発言は、【ゲストブック】でこんなやり取りを発見!(答えているのは、コルネーリアさんの妹でサイトの管理をしているInsaさんです。)

続きを読む "オーディション続報" »

2006年8月20日 (日)

ポエム

チョット前にBECCに《ブレンダンのポエムの画像》のアドレスが書込みされていました。こちら↓

  • brendanfraser.info/BrenPoemPage.htm
    (個人のサイトなのでhttp://以下です。トップページはココ。ブレンダンのカッコイイ写真をクリックして入場、Poem by Brendanをクリックするとポエム画像)

個人のファンサイトで、知っている人も多いかも?オシャレなサイトですが、もう随分更新がないのが残念。でも、写真などもたくさんあるので楽しいですよ~、おススメ(^o^)丿

確かに見た事のある(ような)字体で、ブレンダンの署名もあります。う~ん、ポエムも書くなんてさすがブレンダン♪……でも……日本語でも草書体や行書体で書かれていると読めない私に、ブレンダンの字は厳しい。よ、読めなくてゴメンなさい(>_<) 

と、諦めかけたら、このポエムについて、BECCのFletchersgirl さんがこんなコメントを――

私が間違いっていないなら、これはPedro Zamoraについてのポエムですね……MTVのThe Real Worldの第1シーズンに出ていて、エイズで亡くなった若い男性の。

―――BECC(FormosaRoom "Brendan Poem"より)

続きを読む "ポエム" »

2006年8月19日 (土)

これはどうかなぁ…

昨日、新ポスター登場(^o^)丿と喜んでいたら(「新ポスター」)、さらに別タイプのポスターが登場! でも、ちょっと「」な感じなんですけど……

昨日のポスターについても「」なことが発見されたりして(IMDbのメッセージボードより)……どうなんでしょうか?

まだ公開も決まっていない映画のポスターで盛り上がれるのが、当ブログの悪い良いところなのかもしれないので、レッツゴー!(見切り発車

2つめの新ポスターはこれ↓

続きを読む "これはどうかなぁ…" »

2006年8月18日 (金)

新しいポスター

The Air I Breathe の新ポスター(?)が出来たみたいですよー(^o^)/
定かではないけど、年末に公開も期待できるのでは?ウシシシ……といっても日本でじゃないけど(涙)

お気づきの方もいらっしゃったと思いますが、当ブログではテーマが判りやすいようにポスターがある作品はなるたけポスターを貼ってきました。The Last Time とか Journey to the End of the Night とか(早くJourney3-Dのも貼りたい!)。ちょっとでも日本での宣伝になれば嬉しいし(^m^)……でも、実はある部分がとっても気になっていました。それは、(旧)ポスターの一番上の部分。これ↓です(クリックで拡大)。

旧ポスター上部
恐らく出演していない2人の名前が堂々と……
製作会社(NALAfilms)の公式サイトもこれ↑ですけど、
いいの?(^_^;)

新ポスターが出来たので、今後は新ポスターを使います。気になる部分が解消して、気分スッキリですぅ(^^)

で、新ポスターはこれ↓

続きを読む "新しいポスター" »

2006年8月17日 (木)

監督のコメント

Last_time_Test Screening」で(ついでに)紹介した記事――去年のハリケーン・カトリーナがニューオリンズを襲う直前のことが書いてあるような感じ――を、ちゃんと読まねば!と思ったら、読めませんでした……

何故か急に登録制になってました(驚) 「Test Screening」に書いた時はフリーだったのに。

でも、安心!コチラで(たぶん)同じ内容の記事が読めます。字ばっかりで読みにくいし、小見出しと本文の区別もないけど(爆) それでも、興味を引かれる内容がチョコチョコあったので、日本の The Last Time ファンの皆さん(←希少人類?)には必読かも~(^^)

私としては、ハリケーン・カトリーナの為に中断された撮影が、再開されたことが確認出来ただけでも読む価値はあったと思います。こんなミニ情報でウキウキ踊れる私って、いつか踊り死にするに違いない(笑)

続きを読む "監督のコメント" »

2006年8月16日 (水)

モーストパワフルかなだ人

ホールデン君のお誕生日でオメデタイついで(?)に、パパ・ブレンダンにもイイことがありました~(^^)v

Canadian Business誌が選ぶ、Celebrity Power List(エンタメ界で大きな影響力を示すカナダ人エンターティナーのランキング表)にブレンダン・フレイザー様10位で初ランクイン!! とりあえず、おめでとー\(^o^)/

このことを伝える記事はこちら↓

これ以外にも、同じ内容の記事がたくさん出回ってます。だいたい、ジム・キャリーさんが昨年1位だったパメラ・アンダーソンさんを抑えて1位になったことと、アヴリル・ラヴィーンさん(7位)とブレンダン(10位)が初ランクインしたことを伝えているようです。

続きを読む "モーストパワフルかなだ人" »

Happy Birthday (2回目)

Holden君
今日はフレイザー家の次男坊ホールデン君のお誕生日!
満2歳おめでと~\(^o^)/
フフフフ、
全然知らないオバチャンが大阪からオメデトーと叫んでいることを、きっと彼は知るまい。

スクスクとお育ちのことでしょう。去年はパパの撮影のためニューオリンズで、今年はモントリオールで誕生日を迎えたホールデン君。来年は、日本で(しかも大阪で)迎えられることを期待してますよ~。

FraserFamilyついでに、お気に入りの一枚も貼っとこうっと(^^) 何がお気に入りかっていうと、ホールデン君のお父さんの笑顔です(爆)
本日の主役の父ではありますが、ステキなんだも~ん。

2006年8月15日 (火)

屋外セット

BFFCのStormyさんが見つけてくれた、とっても美味しい情報です(^^) さぁ、熱いうちに召し上がれ!(BFFCのメインボード内 How come this never happens to me? というスレッドからです)

とあるフォーラムに、ブレンダンに出会った人の書込みがあったそうです。で、そのフォーラムは、こちら⇒http://www.movie-list.com/forum/showthread.php?t=16128

詳細(要するに和訳)は以下↓

■2006/08/12 ジェダイマスターさんの投稿
あるとってもクールな出来事が今日私に起こった。地元の商店街に娘(?my little girl)の為に買い物に行ったら、ブレンダン・フレイザーと出くわした!! 最初の僕のリアクションは、ハローと言ってから、僕の町で何をしてるのかと尋ねることだった。彼はとても気さくで、ここの近くで、ジューヌ・ベルヌのリメイクで《Journey to the center of the earth》という映画を作ってるところだと話してくれた。次に僕は、どこで撮影しているのか尋ねた。彼はモントリオールの映画スタジオで撮影中で、«Parc de la cité»(Park of the city)と呼ばれている公園で屋外のシーンを作っていると言った。スゴイ……僕の家の近くで作られてるなんて。彼が帰ろうとしていたので、あなたは素晴らしい俳優だとか色々言って……で質問を投げかけた。「ミスタ・フレイザー……『ハムナプトラ』でまたあなたに会えるチャンスはありますか??」...彼は微笑むと、僕に、あまり期待しないで…でも…ひょっとしたらね…とニコニコ笑いながら言いました(told me don't hold your breath... but.. you never know with a big smile)。

家に帰るとすぐバイク(自転車?)に飛び乗った、そしてみんなに見せるために写真を撮ったんだ。
写真1:公園の入り口にある、この映画を撮影中と書かれた大きなお知らせ(看板)
写真2:フレイザーが僕に話したセットの家。週末は大きなビニールをかけてある。
写真3:別の角度からの家(1800年代中ごろのアイルランドの古い家のよう)
写真4:また別の角度からの家
写真5:家の前の素晴らしい眺め。
ナイスだろ?

Sandy1さんのご意見よりジェダイマスターさんは若い男性として訳してみました。どうやらフランス系カナダ人の方らしいので、もしかしたらフランス語で会話したのかも(^^)
写真は是非ともチェックっすよ、皆さん!

続きを読む "屋外セット" »

2006年8月13日 (日)

釣り人ブレンダン?

さすがハリウッドスター! ブレンダンの名前が FishingWorld.com(釣り専門サイト)に登場……ジャンルを越えた活躍です(笑)

ブレンダンの名前が出てくる記事はこちら↓
         BASS Reporter’s Notebook(FishingWorld.com)
気になる部分のみ抜粋すると――

Weyer said the most interesting person he’s met is actor Brendan Fraser. "He’s very personable," Weyer said. "He found out I liked to fish and was a pro, and he would come to talk to me about it everyday."

出会った中で最も興味深かった人物は俳優のブレンダン・フレイザーだとWeyerは言った。「彼はとても魅力的だよ。私が釣りが好きでしかもプロだと見抜いたんだ。そして、彼は毎日そのこと(釣りのこと?)を話しに私の所へ来たものさ」

わ~い、とっても誉められてる♪♪♪ 《personable》は「personから派生した言葉で、振舞い方や性格が魅力的で人から好かれる様子をいう」形容詞だそうです(by英辞郎) ブレンダンにピッタリじゃん!しかも《very》もついてるし Weyerさん、ありがとー
しかも、この文章の直前には無茶な要求をしたスター(モンキーボーンに出ていたあの人です)の話があるので、よりブレンダンのpersonableな感じが伝わるような気もします ホントにありがとーWeyerさん(^o^)丿

続きを読む "釣り人ブレンダン?" »

2006年8月12日 (土)

ミニ情報+Bobさんのブログ18

airibreathe_poster『私の呼吸する空気』(by雑誌『SCREEN』様)こと The Air I Breathe についてのミニ情報です(^^)  いや、ホントにミニなんですが久々なので♪

ちょっと前から(IMDbで)話題になっていた公開日について、こんな記事発見。The Air I Breatheの出演者の1人Jon Bernthalさんがテレビガイド.comのインタビューに答えた記事です。

気になる部分のみ抜粋してみると――

JonBernthalその他に、現在進行中の作品がたくさんありますね。どういうものですか?

ケヴィン・ベーコForest Whitakerそれにサラ・ミシェル・ゲラーとThe Air I Breatheという映画を撮ったよ――年末に公開予定のアンサンブル物だ。【以下略】

Jonさんったら、ブレンダンを忘れてますヨ~
Jon Bernthalさんはインタビュアー役らしいので、ヤクザ役のブレンダンとは接点がなかったのかな~

IMDbのメッセージボードでは、何故か内部情報に詳しい人が「(公開日は)12月1日だと聞いている」と書込みしてました。定かではないけれど、12月だといいなぁ(祈)

それから、久々に公式サイトのボブさんのブログが更新されていました!!(先日の「小ネタ パラダイス13」の《公式サイトに書いてくれー》という叫びが届いたのか?)
すごく短いけれど、ノーブレンダンだけど……ありがとーボブさん!

2006年8月10日木曜日【税込価格】フット&キックベースボール2号球[FB201Y]

SOON

やぁ、みんな。 新しい記事はもうすぐだよ。僕は新しい(作品の)脚本を書いてたり、大人のキックベースチームのキャプテンをしたりしてる。 僕が今情熱を燃やしているのは2つ……The Air I Breathe とキックベースだ!じゃあね!!

ボブさん、キックベースで燃えるのもいいけど、待ってますので早く戻ってきてね(^_-)-☆
ちなみに、キックベースは英語ではkickballだそうです。微妙に違う日米。

2006年8月11日 (金)

Test Screening

Last_time_昨日の「祝?1周年」へのコメントから元気&ヤル気を頂きました。当分は走れそうです、アリガトー(^o^)/……とっても燃費の良いワ・タ・シ

で本題へ。

昨日、IMDbのThe Last Timeのメッセージボードへの書込みに、こんなのがありました↓(サンクスuser302568さん)

Oscar talk for Keaton + Fraser
Spoke to a friend of mine who was at a test screening for this movie.
Said they were both amazing!!!! Brendan supposedly looks AWESOME!!! I hope this movie comes out soon.

キートンとフレイザーのオスカー話
この映画の試写会に参加した私の友達に言いました。
2人供素晴らしいってね!!! ブレンダンはスゴイみたい!!!
早く公開してほしいなぁ

正直判らない部分があります。それは、user302568さんもいっしょに試写をみたのか、友人だけがみたのか....私は友人だけが見たと思っていたのですが、ハニーは「speak toの後ろは話す相手が来る。ということは、友人は話しかける対象であって、友人が話しているのではないはずだ。ということは、この文は日記文のように主語《I》を抜いた書き方をしているのだろう。だから同時にかどうかはわからないが、user302568さんもその友人も試写を見たんだろう」(←標準語風に翻訳)という意見(掲示板は会話と同じで、正しい文法の英語ばかりじゃないけどねーと思ったことはナイショ)。 結果、ハニーの意見を採用。
ま、試写をみた人がいることは間違いなさそうなので……わかる方、教えて下さい!!

続きを読む "Test Screening" »

2006年8月10日 (木)

祝?1周年

ハッピバースデー つう このコノブログ、
ハッピバースデー つう ミー

ということで、このword-of-mouthは今日で満1歳になりました。怠け者でヘタレで粗忽王の私が1年間続けてこられたのは、励ましていただいたり、応援してくださったり、あたたかく見守ってくださった、みなさんのお蔭です(それと、ブレンダン♪)。本当に、ありがとうございました!!! 

感謝の気持ちを込めて、大プレゼント企画を考えたかったのですが、いかんせんプレゼントするものが……オーディオブック『Dragon Rider』のカセット版とか、 『くちづけはタンゴの後で』(VHSテープ、字幕版、ちょっと傷んでますとかならあるんですけど、貰って嬉しい人がいるのか疑問。 
興味がある方はこちらにメールでご連絡下さい ⇒ wom0801@yahoo.co.jp

でも、自分へのご褒美は色々と用意しました。セコい?
日々書き捨てているような記事なので、自分でもいつ・何を・どんな風に書いたのか判らない! これを解消する為に、サイト内検索が出来るようにしました(まーなんて手前ミソ!)。ウェブ全体の検索は出来ません、エッヘン(笑)
それから、ネタをいただけるかな~(悪だくみ)とプチ掲示板もサイドバーにつけてみました。《よむ/かく》をポチっとすると書込めるようになってますので、もしよければお使い下さい。ブログって、読んでくださっている方からの発信はしにくいと思うので、そういう意味でも役に立ってくれれば嬉しいです。個人的なメモとして活躍する方が多そうな予感(^^ゞ

次は満2歳を目指します!(なれるかな、2歳に…)
来年こそは素晴らしいプレゼント企画が出来るといいな(T_T)   

サイドバーの模様替えに忙しくて今日は何も書けなかったけど、一言だけ……
『The Last Time』の試写をみた人がいるらしいッスよ、奥さん!(IMDb情報)
詳しくは明日にでも。では!

まだ募集中です

先日の「苦海 情報」の続報(?)です。

前回と同じく、情報元は出演予定の(ブレンダンの口からも名前の出た)女優ミシェル・ヨーさんのファンサイト(Michelle Yeoh Web Theatre)。こちらの【News】の中の8月6日の項目に以下のような内容が……

The Sydney Talent Companyは、Children of Huang Shi(英語タイトルThe Bitter Sea)で探している子役を《13~15歳の中国系の男子。流暢に英語を話すこと。カリスマ性があり、根性があって、自信のある子》としている。 写真と履歴の宛先:sydneytalentco@tpg.com.au 募集広告は1月前にうたれたが、現在も有効。

Jane Hawksleyによる脚本で、Arthur Cohn、Jonathan Shteinman、Peter Loehr、Wieland Schulz-Keilによる製作。昨年発表された時は、ブレンダン・フレイザーがGeorge Hoggで主演すると公式に発表された。しかし、製作日程が今秋に再設定されてからは、公式に発表された出演者はいない。

ここ↑には、私の言いたいこともすべて含まれています。ちゃんと短くても内容が伝わる記事ですね……尊敬。私もそこを目指したいと思います。いつかは……(-_-;)

それにしても、なかなかいい子がみつからないんでしょうか?条件にあうお坊ちゃまを知っている人はチャンスかも?

The Sydney Talent Companyのサイトへ行くと(リンクを貼っていますので、是非ともゴー)Roger Spottiswoode監督の画像でお出迎え。でも、Spottiswoode監督も別の作品(Shake Hands with the Devil)を撮影することになっているようですが…監督の変更はないの? とにかくブレンダンが出演するのか、しないのかを早く知りたいです。
ブレンダンでその映画への興味が湧く/湧かないのゲスな私を許して!orz

続きを読む "まだ募集中です" »

2006年8月 9日 (水)

ワーナーとの契約

少し前(2006年5月、7月)の話です。BFFCのモデレータさんがはっきりと「違います。単なるウワサです」と結論を出してくれているので、今回の内容は「思い込み」や「間違ったウワサ」として読んでいただければありがたいです。m(__)m

というわけで、間違ってるウワサ話です。

オマケ:下の写真で犬として間違っているのはどこでしょう?

                         B006 
                                 答え:飼い主を間違えたトコロ

続きを読む "ワーナーとの契約" »

2006年8月 8日 (火)

新キャストと端っこの…

『Journey3-D』(Journey to the Center of the Earth)の話題。ちなみに、右サイドバーの【カテゴリー】内の《地底探検》をポチっとすると、過去データが集合します。

もしかして(生身の)出演者は3人だけかも……と思っていたら、IMDbのキャスト欄に新しい名前が追加されていました(^^) この方↓です。

名 前役 名
Giancarlo Caltabiano ......... Leonard

ジャンカルロ・カルタビアノさんとお読みすればよいのかな?IMDbによると、1976年生まれで、テレビを中心に活躍中のようです。こんな画像(イェ~イなジャンカルロさん)やこんな画像(Radio Activeという番組から)をみつけました。なんか愉快そうな方(^^)
レオナルドがどんな役なのか全く不明ですが、行方不明の兄弟ではなさそうな……まさかのダ・ビィンチとか!!(ウソ)  とりあえず、ジャンカルロさん、ブレンダンをよろしくお願いします!

で、スペースが余ったので(?)、つい先日見つけた端っこのブレンダン。DVD『愛の落日』の特典「ANATOMY OF A SCENE」から、これ↓

続きを読む "新キャストと端っこの…" »

2006年8月 7日 (月)

動画いろいろ

Staplerさん、ありがとーございます!! 「ようつべ」ネタを使わせていただいてますよ~

ということで、「小ネタ パラダイス13」へのコメント欄でStaplerさんにご紹介いただいた「ようつべ」ことYouTube.comにあるブレンダン関連動画のお話です。
動くブレンダンはとっても美味しいですなぁ~(←バカ)

続きを読む "動画いろいろ" »

2006年8月 6日 (日)

撮影は9月中頃まで?

炎天下に(無帽・無傘・無日焼け止め状態で)自転車で走り回ってるオバチャンを見かけたら、それは私です。毎日日射病と戦ってま~す。よい子はマネしちゃダメ……脳ミソが煮えるからネ(^_-)-☆

『Journey3-D』の出演者Josh Hutcherson君の公式サイトのブログが更新されていました。今回もブレンダンの名前は無しで、撮影内容も詳しくはわかりません(T_T)
でも、順調みたい♪ 便りが無いのは無事な証拠ともいうしな……

Josh君のブログから抜粋してみました↓

JoshHutcherson2006年8月4日金曜日

やぁ、あのね、たくさんの人がサイトをしばらく更新してないからって怒ってるんだけど、本当のところは、話せるような新しいことが無いんだよね。1週間ずっと働いてるし出かけることもないから、何も新しいことがないんだ。撮影はうまく行ってる。9月の半ばかそのくらいまで撮影してそうな感じだよ。 【中略】 あまり新しいニュースがなくてゴメンね。じゃ、また。

書けないのはわかっていても、ブレンダンのことが知りたい……大人なのにワガママを言ってみました(^_^;)

まだ1ヵ月以上かかるのですね、撮影。2ヶ月以上かかるのか~ 
『The Last Time』はカトリーナのせいで尻切れトンボみたいに撮影を終了したし、『Journey to the End of the Night』は8週間(ブレンダンだけならもっと短い?)、『The Air I Breathe』は6週間の撮影期間。それに比べると、長い。やっぱりインディ系とミニメジャー(メジャー?)の違いなんでしょうか。 ま、この分なら11月からの『INKHEART』の撮影には問題なし!ですね(←獲らぬ狸の…)

おまけ(再び):
ここを読まれているかもしれない(いないと思うけど)Josh君ファンの皆さまへ

RV (Widescreen Edition)もうすぐ発売になる『RV』(Josh君がロビン・ウィリアムズと共演してる映画最新作)のDVD(モチロン米国版)を、Josh君のサイン入りで5名様にプレゼントだそうです。応募方法はJosh君の公式サイトのトップページにある『R.V. coming to DVD Tuesday August 15th!』欄下部にあるメールアドレスをクリックして、名前と住所のみを記入して送信してください。締め切りは8月19日午後11時(米国東部時間)。発表は8月20日だそうです。

※DVDは米国版ですので、リージョン2専用のDVDプレーヤーでは鑑賞できません。日本から応募して、送ってくれるのかも未確認です(念のため)※

ファンには嬉しい企画。ブレンダンもやってくれたらいいのにねー

2006年8月 4日 (金)

小ネタ パラダイス13

この前「12」を書いたばかりなのに、もう「13」(^^)
小ネタがたくさんあるわけではなく、前回忘れていた小ネタがあったので……ううぅ、粗忽者(自称:粗忽王)でスイマセン(泣)

そんなわけなので、内容があまりナイヨウです……orz

  1. インクシリーズ3作目
  2. ブレンダンの家?
  3. 『私が呼吸する空気』のこと
  4. ブレンダンの番組
  5. ウジャト
  6. 叫び

続きを読む "小ネタ パラダイス13" »

2006年8月 3日 (木)

(The Last Timeの)撮影現場、情報その10

Last_time_ IMDbのメッセージボードからの『The Last Time』撮影現場便り(?)です。書込みしてくださったのは、「The Last Timeの)撮影現場、情報その9」で紹介させていただいたkaren g romeさんです。お世話になってます!

書込みの内容は、撮影現場での様子ではありませんが、ファミリーガイなブレンダンの様子がわかります(^^) こんなハビー(ハズバンドのことッスよ)が欲しくなるよ~

ブレンダンの撮影最終日のことですが、彼は家族を連れての外出から戻って来ました。何を隠そう、その日は彼の子供の誕生日*1だったからです! 私たちの街*2に出かけて楽しんできたそうです!
WithHoldenAfton彼の奥さんはとても優しい人でした。彼が最後の撮影のため忙しい時に、彼女は私たちと写真を撮らずに行ってしまわないよう彼に言ったのです。 なんて素晴らしい経験だったことでしょう!彼は最も素晴らしい俳優であり、とてもしっかりした人で、お会い出来て光栄だと言える人でした。この映画が公開されたら見に行きます!!
【以下略】

*1......撮影は2005年7~8月と思われるので、二男のホールデン君の誕生日(8月16日)のことかな?
*2......ニューオリンズ

「撮影最終日」とはKarenさんのオフィスを使っての撮影の最終日の意味かな(8月19日に撮影現場がパパラッチされています)。 カトリーナに襲われる前のニューオリンズで、ブレンダン一家はどんなバースデーを過ごしたんでしょう?私が子供だったら、パパがブレンダンというだけで他は何もいりません!(キッパリ)

アフトンさんは優しいし、子供は可愛いし、とってもちゃんとした人だと誉められるし、後は映画の公開を待つだけですね!……って、その「公開」のメドが全然たってないんですけど、アウ~(T_T)

ところで、ブレンダンと撮った写真はどうなったのかな~、映画も観たいけど、写真もみたいな~、なんとかならんかな~

2006年8月 2日 (水)

地方検事と秘書

いやー、楽しかった(^^) 間違った方法ですが、じっくりと『クラッシュ』を楽しみました~

全米で公開直後から、「どうなの?」「そうなの?」と話題騒然だった(←大袈裟)地方検事(DA、リック・カボットブレンダン・フレイザー)と検事の妻(ジーン・カボットサンドラ・ブロック)と検事のアシスタント(秘書、カレンノナ・ゲイ)の関係についての考察をまとめてみました。

テーマは、リックとカレンはデキてるのか?です。下衆でスマン(>_<)

ハギス監督はコメンタリーで「見る人にまかせる」と言っていました。それなら、任せていただきましょう!過去の議論を参考にしつつ、当ブログ(私)なりの結論を目指してみました。さて、結果はいかに?

:アカデミー主要3部門受賞の『クラッシュ』の間違った楽しみ方です。大切な映画のテーマをすっかり見失って楽しんでます。ちゃんとした解説を読みたい人は、ちゃんとしたトコロへゴー! 単なるブレンダン好きの映画の素人は、これでいいのさ。

続きを読む "地方検事と秘書" »

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

このブログのお約束

  • 時々、例外があるかも…
    コメント、メール、その他ご意見大歓迎
    ネタ提供は 熱烈歓迎
    Aicon331_1にポインタをオンすると、私(シラ吉)の魂の叫びが聞えるかも…
    2009.10.16一部改訂

併設サイト


  • ★BFs2004
      未だに工事中ですが、よろしくお願いします。

  •   更新履歴ブログ  
        併設サイトの更新お知らせブログ

ふぁーりーヴェンジャンス

  • プレミア
    2010年4月公開(米国)の映画『Furry Vengeance』の関連画像集

ついて行きます!

  • Micharan Voice
    ブレンダンおっかけ同盟の第一人者MicharaさんのステキなBLOG
  • ぽわぽわ★ステップ
    ブレンダン好き好き同盟の第一人者ぽわさんのステキなBLOG
  • 月影の舞
    すごい量の映画レビュー&映画関連本が盛りだくさんなBLOG

旬のリンク

ためになるサイト

ワンコと一緒

  • お疲れ様でした。
    2000年9月から一緒に暮らしている豆柴(アトピー犬) 一緒に散歩できる幸せがいつまでも続きますように…
無料ブログはココログ

ハニーが読んだ本


  • 星を継ぐもの (創元SF文庫)

    月の洞窟で宇宙服を着た人間の遺体が見つかる。しかしそれはなんと5万年前のもの!宇宙開発に乗り出したばかりの人類がこの謎を解明していくSFの金字塔。謎の解明が実にスマート。最後の1行を読めば、人類と月の起源ってこの作品の通りだったと思えてしまうはずです。