2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月の記事

2006年9月30日 (土)

アイスランドへ出発

J3D LOGOJourney3-D(又は「地底探検」、Journey to the Center of the Earth)のアイスランドでの撮影が、そろそろ始まるそうです(^^)

毎度お馴染みJosh Hutcherson君の公式サイトのブログから。抜粋です(^^)↓

JoshHutcherson2006年9月29日金曜日

やぁ! 今日はアイスランドに向けて出発するとこだよ。週末の長い旅行になるけど、平気さ。今回は父さんが一緒に行くんだ。
【略……ファンに返信用の写真にたくさんサインしたそうです。来週帰ってきても別のお仕事が待っているけど、とにかく自宅・地元にいられるのでOKだって。myspaceでのJosh君の個人ブログは、たぶん14歳になったらまた始めるそうです。時間もないし、叔母さんの助けがあれば……ということで。本当はコンピューターとか好きじゃなくて、もっと他のことがやりたいらしいデスヨ(^^)】
アイスランドから戻ったら、ここ(公式サイト)に新しい写真を載せるつもりだから。
さてと、もう行かなくちゃ、空港へね。じゃ!

アイスランドの写真、とっても楽しみです。ブレンダンが写ってたらいいなぁ♪(ブレンダンも自分のサイトにJosh君くらい頻繁に写真載っけてくれればいいのに…)
ケンタッキーからアイスランドって、映画俳優さんのお仕事はタイヘン。ブレンダンとは現地で会うのかな~? ともかく、身体に気をつけて、いい仕事をしてきて下さいね(^^)/~~~ブレンダンにヨロシクー

ついでに、アイスランドの地図を貼ってみます。ヨーロッパとアメリカ大陸の間。ここに、地球の中心へと続く道が!!!

で、アイスランドでは、どうなのかしらと検索したら、9月27日付けの記事発見↓

onlyアイスランド語なので(当たり前)全く読めません。無料の翻訳サイトも見つけらませんでした。 《Journey 3-D》や《Anita Briem》やハリウッドという文字が見えるので、Journey3-Dの記事には間違いないようですが……「もうすぐ来るよ」とか「もう来たよ」とか書いてあるのかなぁ、「日本のファンのみなさん、お元気ですか?」とは書いてないのかなぁ(ない!)、結局妄想するのみです(>_<)くやしー

アイスランド語に堪能な方がいらしたら、ヨロシクお願いいたします。是非内容を教えて下さいませ<(_ _)>
せめて、アイスランドにいるのか、いないのかくらい知りたいッス(T_T)

2006年9月29日 (金)

FAMOUS(マット・デイモン編)

AXNで放送された『ハリウッド・セレブの素顔』(あちらではFAMOUSという番組)のマット・デイモン編に、ちょこっとだけブレンダンが登場してました~(^_^)v

Famous#55_BF MattDamon

1993年公開の『ジェロニモ』というマット・デイモンさん出演作のプレミアに来たブレンダン。若い、まだ少年ぽいブレンダンでした、ヤ~ンきゃわいい(#^.^#)
『青春の輝き』で友人になったブレンダン・フレイザーが応援に来たんだそうです。ブレンダン曰く「マットに会いに。『青春の輝き』で共演以来、友達だ。今日は応援に来た。熱演だと聞いて」
(どうでもいいことですが、ナレーションはフレイジャーと言ってます・哀)

青春の輝き番組の内容は、マット・デイモンの俳優人生を振り返るものなので当然『青春の輝き』についても触れられていました。プロデューサーのシェリー・ラングさんが「無名の俳優を使いたかったの。知名度の高い俳優だと映画のリアリティがなくなるから」ということで、何千人もオーディションしたそうです。よくぞ、ひっかかってくれました、ブレンダン\(^o^)/

ところで、その配役をしたキャスティングデレクターPat McCorkleさんのお話が、こちらで聞けます。

続きを読む "FAMOUS(マット・デイモン編)" »

2006年9月27日 (水)

8年目、おめでとうゴザイマス♪

brendan87

本日はフレイザーご夫妻の8回目の結婚記念日ということで、おめでとうございまーす。

結婚式の様子は――

ブレンダンとアフトンさんは1998年9月27日にロサンゼルスで結婚。キアヌ・リーブスを含め165人が招待されました。アフトンさんは美しい白いドレスに身を包みアルマーニの黒いスーツ姿のブレンダンは最高に美しい花嫁だと言ったとか。彼はその日とても感動して涙を隠すことは出来ませんでした「ブレンダンの目はアフトンに釘付けさ」――友人で振付師のShankmanの話。素晴らしく素敵なキスのあと、ゲスト達の拍手を受け花嫁と花婿は歩きましたが、その間奏でられたゴスペルは『Oh, Happy Day』でした……

去年もオメデトー\(^o^)/と叫びましたが、今年も同じように叫べることは幸せです。フレイザー家も我が家も無事1年を越してきたわけですから♪

とは言え、実はすっかり忘れていた私(自分の結婚記念日も忘れるくらいだから無理もない?)。画像と結婚式の様子は去年の当ブログからリサイクルしてます(^_^;) 前から分かってるんだから準備しとけって?ううっ、すまんブレンダン(泣)

申し訳ないので、何かないかと探したら、
8年前の今日(1998/9/27)、三冠馬であった競走馬のナリタブライアンが安楽死。
だそうです……ダメだぁぁぁぁぁぁぁぁ

ブレンダン、アフトンさん、いつまでもお幸せにネ\(^o^)/フォローできたでしょうか?

2006年9月26日 (火)

嵐と共に去りぬ

キング・オブ・ザ・ヒル DVD-BOX 1

日曜日に録画した『King of the Hill/Gone with the Windstorm』の感想を。
それにしても、なんで米国アニメはベタ塗りが多いんでしょうか?絵よりも内容(ストーリーとか発想の面白さ)で勝負しているからか?

このエピソードのあらすじは――

KothIrv 主人公ハンク・ヒル国を愛し、テキサスを愛し、家族を愛し、プロパンを愛する田舎のオヤジ)の友人&隣人デールかなり変わった人物)の妻ナンシーは、地元テレビ局チャンネル84のお天気お姉さん(?)。天気予報が外れるので、チャンネル84は天気予報のための機械と共に、気象学者のIrv Bennettアーブ・ベネット:画像参照)を雇う事にする。天気予報を下ろされたナンシーは、クビになるのではないかと気を揉むことに。一方、気象オタクのアーブの予報は正確で、喋りも面白い。アーブの人気が出て、ナンシーはますます追い込まれる。「誰が俺を養ってくれるんだ?」と心配する夫デールと、ハンクの妻ペギー(けっこうイタイ人です)に焚きつけられ、中継車を盗んで山火事の現場に向かうナンシー、デール、ペギー。スクープを狙って山奥へと入り中継を始めるが……山火事に近づきすぎて逃げ場を失うことになってしまう。炎に囲まれ、危険な状態になる3人。ところが、その様子は中継車を通して局に一部始終中継され、臨時ニュースとしてテレビで放送されていたのだった!ナンシーを心配するより、迫力ある映像をゲットできたことを喜ぶチャンネル84の人々(アーブも含む)。結局、天気予報は正確で人気のあるアーブが担当するが、ナンシーはニュースキャスターとして番組に復帰することになった。
KothJimmy サイドストーリーは、ハンクの息子ボビーの話。物陰やロッカーから突然現れては驚かすJimmy Beardenジミー:画像参照)にボビーは怯えている。学校でお漏らしをして帰ってきた息子の姿に、ハンクはボビーを連れてジミーの自宅に苦情を言いに行くが、実はジミーの父親も息子の行動に困っていた。そこで、ハンク達は一計を案じ、ジミーに反省を促すことにする。

※ご覧になれなかった方のために、エンドクレジットからキャプチャしました↓
Kothcast 
雰囲気だけでもドーゾ(^_^;)

続きを読む "嵐と共に去りぬ" »

2006年9月25日 (月)

ブルータス、お前もか…か?

『King of the hill/Gone with the Windstorm』の感想を叫びたいけど、ナンだか時間がございません(T_T)
そんなわけで、本日は「ギョエー!」と思った事を、短めに。ハニーがPCから離れる隙をついての更新なので、もう必死(^_^;)

TAIB_inferno

シーザーの有名な言葉をちょっくら引用してみましたが、それほどタイソウことはない(ハズ)の話です。

DVDレンタルの方法で、自宅へ直接届けてもらって郵便で返却するというシステムがあります(例えばディス○スとかぽ○れんとか)。米国で有名なのがNetflix(ネットフリックスと読むそうです)ですが……

なんとThe Air I BreatheのDVDレンタル予約がもう出来ちゃうってココをチェック)

……奥さん、どうよ?な話でしょ。まだ公開日もはっきり決まってないし、予告編も見たことないのに、Journey to the End of the Nightに続いてビデオスルーなの?と思わせる展開に、また1人でアワアワしてます\(゜ロ\)アワワワワ(/ロ゜)/

ビデオじゃなくて、DVDなだけJourney to the End of the Nightよりはましかも……弱気

いやいや、きっとThe Air I Breatheファンがネットフリックスにいて、待ちきれない気持ちを表そうと、早々に(早すぎるけど)リストに入れたのに違いない!あれだけ豪華キャストでビデオスルーなんてあり得ないですよね?ね? それとも、米国以外(特に韓国とか)で劇場公開とか? 

ちなみに、Journey to the End of the Nightはネットフリックス内にはいませんでした。あ、DVDじゃなくて、ビデオだからか……(T_T)ク~~~~

2006年9月24日 (日)

次はアイスランド

J3D LOGO今日は娘の運動会でした。天気に恵まれたのは良かったけれど、日差しに負けました……つ、疲れたッス(>_<)
そんなわけで、『King of the hill/Gone with the Windstorm』の感想は明日(以降)書く予定。本日は、短めに、Journey3-D(又は「地底探検」、Journey to the Center of the Earth)情報を。

毎度お馴染みJosh Hutcherson君の公式サイトのブログから。抜粋です(^^)↓

JoshHutcherson2006年9月23日土曜日

ただいま!家に帰ってくるって最高だよね。家に帰る前の木曜日にL.A.へ(飛行機で)行かないといけなかったんで、帰って来たのは金曜日だ。
【略……帰宅出来てすごーく幸せな様子のJosh君です。家族に友達にネコにフットボールにゲームと、盛りだくさん(^^)】
Journey to the Center of the Earthはまだ完全に(撮影は)終わってはいないんだ。来週かそこらで、僕らはアイスランドへ行かなければならないんだ、そこで外のシーンを撮影する為なんだけど、それで終わりになる。
【略……そして、Take careの言葉を残して、パパと弟の待つプールへと駆け去っていくJosh君でした(^^)】

木曜日にロサンゼルスへ行ったのも、何かJourney3-D絡みでしょうか?とりあえず、無事帰宅出来て良かったデス。お疲れ、Josh君(^o^)丿 ついでですが、Josh君のご自宅はケンタッキーなので、カナダ(モントリオール)→ロス→ケンタッキーと凄い距離を2日ほどで移動したわけです。乗り物酔いしてちゃ、映画スターは無理ッスね(T_T)や、別に映画スターになりたいわけではありません。

そして、来週(か、それ以後?)アイスランドで撮影があるそうです!
モントリオールに集っていたブレンダンふぁんは急いでアイスランドへゴー&アイスランドにお住まいのブレンダンふぁんは受け入れ準備を急げ(って何するのか・笑)。

2006年9月23日 (土)

チョー個人的The Last Time宣伝活動

Last_time_ 試写(Test Screening)を観たという話を聞いてから(読んでから)1ヵ月以上経ちました。「詳しくおせーて!」とお願いしたものの、ナシのツブテで返事なし(T_T)アウー

私の中では見たい度の高いブレンダン出演映画なので、忘れてないヨ!という意味も込めて、最近見かけた&ちょいと気になったThe Last Time情報をまとめてみました。

で、そのキッカケになったのが日本語のこの記事↓

映画All the King's Men公式サイト)のニューオリンズでのプレミア上映とあわせて、ハリケーン被災後のルイジアナ州について簡単に伝える記事です。ところが、この記事の米国版ロイターではもっと長いんです。これ↓

日本で紹介されているのはこの記事の前半部分のみ。後半にThe Last Timeやその製作会社であるElement Filmsのことが出てくるのに~ 大半の人には興味ないかもしれないけど、ハリケーン・カトリーナが襲ってきた時撮影中だった映画(All the King's Menはギリギリ撮り終わっていた)は他にもあるということを、日本に宣伝がてら記事にして欲しかったデス(T_T)

仕方ないので、恣意的な事情と恣意的な訳で後半部をまとめてみました。ちょっとでも、The Last Timeの宣伝になってちょー

ニューオリンズ地区の映画関係の会社は洪水による損害を免れたのだと、州職員のAlex Schott氏は言う。
ヒラリー・スワンク主演で来年公開予定のThe Reapingと、マイケル・キートンブレンダン・フレイザーThe Last Timeがカトリーナ襲来時、撮影中だったが別の場所へ撮影地を移すことが出来たのだと。
Schott氏によれば、映画産業の見通しは明るい。この秋にもニューオリンズでブラッド・ピット主演のThe Curious Case of Benjamin Buttonの撮影が始まる他、複数のプロジェクトがあるという。
今月、ニューオリンズの製作会社LIFE FilmsがロサンゼルスのElement Filmsとルイジアナで15本の映画撮影をする、2億ドルのパートナー協定を結んだという知らせが、また新たな映画産業への後押しとなった。
Scott氏は税制の優遇措置が(映画)産業の成長に功績があったと言っている。しかし、All the King's Menのプロデューサーは、ルイジアナでの撮影を税制優遇措置で決めたのではなく、インフラが最も重要だったと言っている。

エレメントフィルムズ様へ……新作映画15本もけっこうですが、The Last Timeの公開の方も特にヨロシクお願いします<(_ _)>

その他、最近見かけたThe Last Timeは以下に↓

続きを読む "チョー個人的The Last Time宣伝活動" »

2006年9月22日 (金)

その後ネタ

細かいことばかり気になるので、自分でも困ります。反面、大きなことは気になりません。例えば今我が家の壁に直径30cm超の穴があいてるけど平気!人間として間違っているような気もするけど……それは「ま、いいや(^^)」で終わらせる私。ブレンダン関係も「ま、いいや」で片付けられるようになるのはいつなのかなぁ~

というわけで、今日は以前に「?」だったり、その後変化があった話題についてのフォローネタをまとめてみました。

Newicon      Inkheart (School Softcover)     Journey_to_the_end_of_the_night_posters
  1. The Bitter Sea苦海逃生or Children of Huang Shi)の子役募集について
  2. よく分からなかった中国語の記事について
  3. INKHEARTキャシー・ベイツさんのこと
  4. Journey to the End of the Nightのビデオスルーについて

続きを読む "その後ネタ" »

2006年9月21日 (木)

Bobさんのブログ20

TAIB_inferno The Air I Breathe の公式サイトにある、共同脚本家Bob DeRosaさんのブログです(やったぜ、20回目!) 前回が9月1日なので2週間ちょいで更新です。ありがとー、ボブさん(^o^)丿

今回は、今後のThe Air I Breathe の鑑賞に備えてのボブさんからの提言(案内?)です。ブレンダンは名前が1箇所出てくるだけ(涙)ですが、ボブさんの提案(案内?)には私も賛成。背景や出演者のこと撮影のウラ話を知っていると、その映画への親しみが湧いてくるような気がします。身内的感覚が生まれるというか……で、良くも悪くも気になって応援したくなるワケです。

その身内的感覚のせいで、Journey to the End of the Nightのビデオスルー(劇場公開無し)問題(?)やThe Last Timeのいつ公開になるの問題(?)に日々気を揉んで、揉み疲れて、何を1人でやっとんねん?とこれまた1人ツッコミを入れてます(←バカ) ところで、Journey to the End of the Nightのビデオスルーについては来週もしかしたら何らかの答えがあるかもヨ

では、本題に戻って。ボブさんのブログです↓(略しちゃいかん気がしたので長文)

続きを読む "Bobさんのブログ20" »

2006年9月20日 (水)

キャストと脚本の話題

Inkheart (School Softcover)映画INKHEARTメギー役(ついでにファリッド役)のオーディションから10日が経ちました。そろそろ発表があるかも?あっても、一般人にはナイショなんでしょうけど(T_T)シクシク

その他のキャストについて、微細な動きがありました(ホントに微細、ウワサ程度の話でゴメン)

……とりあえず、IMDbではキャストは現在こうなっております――

↓↓↓ 現在のCredited cast欄 ↓↓↓
Credited cast:
Brendan Fraser .... Silvertongue
Paul Bettany .... Dustfinger
Kathy Bates .... Elinor (in talks)
Jim Broadbent .... Fenoglio (in negotiations) 

太字が先日追加されたお2人です。どちらも、交渉中ということですが、フンケさんの公式サイトでお名前が出ていたので「ハイハイ、わかってますよ~(^^)」と安心していたら……昨日、フンケさんの公式サイトをチェックしたところ、キャシー・ベイツさんの名前が消えていました。特に何の説明もないので、交渉が成立したからソースを書き換える為に一時的に名前が消えたのか(←かなり無理がある解釈?)、それとも交渉決裂で、エリノア役は白紙に戻ったのか(←これっぽい)分かりません。わからないけど、エリノアは結構重要な役なだけに、気になります。

気になるといえば、悪者の親玉(笑)カプリコーン役について。

続きを読む "キャストと脚本の話題" »

2006年9月19日 (火)

レナードとブレンダン

NimoySpock9月16,17,18日とSuper! drama TVで放送されたスタートレックまるごと40時間。合間に入るミニ番組(キャストのインタビューとか)で、無理ムリ企画「スタトレとブレンダン」のタネを久々にゲットだぜ~と思った次第です。
……でも、直接の繋がりが無さ過ぎなのでタイトルは「レナードとブレンダン」に(弱気)。

要するにこんな感じです(^_^;)

スタトレといえば『宇宙大作戦』

『宇宙大作戦』といえばミスタ・スポックことレナード・ニモイ

レナード・ニモイ氏といえば写真

写真といえば、ブレンダン

\(^o^)/繋がったー\(^o^)/無理ムリだけど…

ミニ番組の中で、ニモイ氏が自身の写真を見せて(写真への)想いを語っておられました。「ブレンダンも一緒かも♪」と、ブレンダン脳(特徴:何でもブレンダンに結び付けようとする)で見ていて、思い出しました。1ヵ月ほど前にチラッと読んだ眺めた記事。こちらです↓(リンクOKかわからないのでhttps://以下です)

  • ldesign.wordpress.com/2006/08/21/can-celebrities-shoot/
    (プロの写真家が自分のブログ内でセレブの写真について語っています)

あるプロの写真家さんが、「非常な才能の持ち主スタンリー・キューブリックとか)は、その主に名声を得ている芸術分野と違う分野でも立派な仕事をした」というご自身のセオリーを、一般的にも当てはまるかを検証しよとウェブ上にあるセレブの写真をチェックしたものです。成績(A~F、評価外)もつけておられますが、最終的には好みの問題で、良いも悪いも、点数もないとのことなので、そんなつもりで読んでネってことでしょう(^^)

続きを読む "レナードとブレンダン" »

2006年9月18日 (月)

Happy Birthday

本日は昨日はフレイザー家のご長男グリフィン君の4回目のバースデーでした。

Gaf
満4歳、おめでと~\(^o^)/
大阪の見知らぬオバチャンより
(1日遅れだけど、時差があるから大丈夫よね?)

きっとスクスク成長してるんでしょうね~、弟2人を引き連れて暴れまくる日も近いのかも? 従弟が男ばっかり3人兄弟でしたが、ヤンチャもケンカも派手(壮絶?)だったのを思い出します。アフトンさん、これからタイヘンかも……でも、パパ・ブレンダンがしっかり抑えてくれそうだから安心?

今日はまだモントリオールと思われるので、帰り支度しながらお祝いかな~

ちなみに、スタトレではサプライズパーティのケーキが青いんですが、あれは米国では定番なの?それとも、テーマ宇宙だから?と関係ない話でお茶を濁して終わりますトホホ

2006年9月17日 (日)

ほぼ終了

J3D LOGO今日も些細な情報で勝手に騒いでます……ちょっと短めなのは、娘の文化祭で疲れたからじゃないもんねー(ウソ)

Journey3-D(又は「地底探検」、Journey to the Center of the Earthの撮影はもう殆ど終わったそうです!

毎度お馴染みJosh Hutcherson君の公式サイトのブログから。抜粋です(^^)↓

JoshHutcherson2006年9月16日土曜日

あと4日!!!!今週水曜日には家へ帰るんだ。待ちきれないよ~。モントリオールはとても素敵だけど、帰るのにやぶさかじゃないさ。
【略……映画を見に行くとか、日曜日のフットボールが楽しみとか(^^)】
Journey to the Center of the Earth撮影は殆ど終わりだ。(これなら?)来年公開のチャンスもあるかも。しばらくは分からないだろうけど。
【略……Josh君の映画Bridge to Terabithiaは来年2月16日公開だそうです。】
じゃね。

お疲れ様です、Josh君&ブレンダン&他の皆さま♪。これからは、また長いポストプロダクション時代の到来ですね~。一般人には殆ど何の情報も入ってこないから進捗状況が全然わからない、公開までの暗黒時代か(←大袈裟) 
でも、来年公開の可能性もあるかもしれないってのは嬉しい\(^o^)/ ただ前に言ってたことが気になるけど(ココ
それにしても、撮影終了を迎えてなお出演者の名前が4人(ブレンダンJosh君、Anita Briemさん、Giancarlo Caltabianoさん)だけ。他の出演者いないのかな?それならそれで面白そうではあるけど(爆)

おまけ(再々々):
ここを読まれているかもしれない(いないと思うけど)Josh君ファンの皆さまへ

bebo.comに登録されているJosh君は偽物だそうです。本当に自分が関わっているサイトなら、公式サイトからリンクを貼るとのこと。
現在は家に帰ってブラブラ遊ぶのを心待ちにしているので、今すぐ(次の映画の)オーディションを受けるつもりはないけれど、何かあったらお知えてくれるって。
観にいった映画について、Covenantは酷かったけど、The Illusionistは素晴らしかったそうです。

※映画の感想はあくまでJosh君の感想ですので、ヨロシク(^^ゞ

2006年9月16日 (土)

おみや

この前、エミー賞のレッドカーペットSP番組(Super!drama TV)を見ていたら、こんな会話を耳にしました(字幕だから”目にした”が正解?)ぼんやりとしか覚えてないけど、だいたいこんな感じだと思いますが…

:お土産(高級ブランド品など)に課税するという話があるけど、どう思う?(課税を避けるためにお土産をやめた方がいいと思うか?という質問)
:絶対欲しいワ。課税されてもかまわない、私は払うわ!

これを聞いて思ったことは……
参加すると(招待されると?受賞すると?)お土産がもらえるのか!です(^^) 

やー全然知りませんでした。アカデミー賞を獲ると金色の棒みたいなお人形さんが貰えることは知ってたけど、ブランド品とかのお土産(?)が貰えるとは知りませんでした。そもそも賞とは関係ない生活をしてるからなー

でも、お蔭で解決した疑問があります♪そりは、今年1月に撮られたCritics' Choice Awardsの時のこの写真。当時「舞台裏で遊んでるのか?」と思っていたら、お土産を紹介してるとこだったんですね~ 他にも時計を紹介するブレンダン写真や、お土産の前に立つブレンダン 写真や、「なくさないように、ちゃんと名前を書いとこ♪」なブレンダン笑)写真がありましたが、どれもお土産ってことだったんですね、なるほどスッキリ(^_^)v

ついでに、今年6月のカナダの殿堂入り(Canada's Walk of Fame)した時のお土産もわかりました。

続きを読む "おみや" »

2006年9月14日 (木)

ミドルネーム占い

先日、知人に教えてもらった「ミドルネーム占い」で遊んでみました(ココ) なんか携帯のサイトみたいですが、PCからでも大丈夫のようです。
「占い」というよりは「ミドルネームを勝手に命名」という感じですが(^_^;)

早速、愛しいブレンダンのミドルネームを(本当はJames)調べてみました!

姓:Fraser 名:Brendan の結果は↓(姓名を入れ替えても同じ結果でした)

  Fraser"@"Brendan だって~(^o^)/

時代の流れに乗っているハイテク時代の申し子のBrendanさん。なんだそうです(^_^)
(そうか、乗ってないような気がしてたのは私の気の迷いだったのか…)
しかも、このミドルネームを付けると、
 知力    2%UP
 腹黒さ   3%減
 マニア度   3%UP

するそうです。もともと腹黒さは0%だと思うので、マイナスになって、白くなるのね。う、これも、もともと白いか……で、同じミドルネームの有名人が香取"@"慎吾さんってのにキャー。やっぱりこの2人は似てるんですね♪ 

ついでに《シラ吉》を《姓:シラ》《名:吉》で調べてみると、意外な答えが……それは、
 シラ"真心"吉  なんか気恥ずかしい~
本当は心の優しい良い子の吉さん。なんだそうです。でも名前が吉(kichi)ってのもな(笑)
このミドルネームを付けると「茶のみ友達3人増」+「売り上げ3%UP」するらしいので、今後は「ども、シラまごころ吉です」と名乗ります(ウソ)

前の成分解析では《毒電波60%》だったから、なんか良くなった気がしてうれしいかも(^_^)v

ちなみに本名では《チャレンジャー》だった。すぐへこたれるけど? 娘は《栄養補給》だって……ミドルネームか?

とってもビデオスルーぽい(>_<)

Journey_to_the_end_of_the_night_posters9月12日の「プレミア日程決定?」で気を揉んだ結果、どうやらビデオスルーらしい雰囲気が思いっきり漂ってきました。

IMDbによると、配給会社は以下↓

  • Columbia TriStar Home Video (2006) (USA) (video)
  • Double Life Productions
  • Nu-Image Films (2006) (worldwide) (all media)

※Nu-Image Filmsはほぼ最初からDistributor(配給会社)として表記されていました

9月12日にはいなかった《コロンビアトライスターホームビデオ 2006年 米国 ビデオ》の文字がドーンと。。。。。。察するに(察しなくても)ここがビデオの販売元なんでしょうね。そういえば『口タン』もここだったような気がします。発売日とか確認しようと思いましたが、発売予定日が11月までしか探せなかったので、今のところ不明。12月19日のビデオプレミアとは、つまりビデオ発売日?

コロンビアトライスターホームビデオが配給する他の作品をみると(ココ参照)、DVDと表記されているものもあります。ということは、videoと表記されているJourney to the End of the NightDVDではないで間違いないのかな~ だけど、ビデオでは特典映像(オマケ)とかなさそうで……もうガックシorz

とはいえ、(自分で書いておいてナンですが)まだ完全にビデオスルーと決まったわけではないので、気にしながら見守っていきます。で、ビデオスルーと完全に判明した時には、チョビットだけ騒ぎます(T_T)極悪ブレンダン(演技)を劇場で楽しみたかったの、アタシ…

2006年9月13日 (水)

オーディションの様子

Inkheart (School Softcover) 9月9日に行われたメギー役のオーディションの結果はいかに?
なんといってもブレンダンモーの娘を決めるわけだから、1ファンとしも口出しをせねば!……と言うのはウソですが、気にはなるので続報を(^^ゞ

参加した人の話によると、オーディションは以下のように行われたそうです(情報元はフンケさんの公式サイトのゲストブック)。

  1. オーディション会場となったTHE AMERICAN CHURCH(以下:教会)の前で待つ
  2. 教会に入ると、書類と脚本(の一部分)を渡されて、書類に記入(連絡先とか?)
  3. 写真を撮影
  4. ホールへ通され、そこで脚本を覚えるように言われる
  5. ホールから別の部屋へ案内され、キャスティング関係者(?)とビデオカメラの前でオーディション。自分のことを質問されたり、覚えた台詞を言ったり、それをカメラに収められたりしたそうです。

で「Good Bye(はい、オシマイです)」と言われ終了らしいのですが、中にはその後、

  1. 監督(Iain Softley)に会うように言われ、監督の前で演技(監督オーディション?)

というパターンもあったそうです。教会の中に入るのに数時間並び、ホールでもまた1時間待たされたとか。オーディションってタイヘンなんですね。

ちなみに、集まった人数は300人ほどIMDbメッセージボードより、サンクスhotchocolate66さん)

結果については、フンケさんの公式サイトの管理人Insaさんのコメントによると、
(今のところは)オーディション以後の10日間で、送られてきたテープ等や撮影したものを全てチェックして……そして決定となるそうです。

ということは後1週間ほどでブレンダンモーの娘(メギー)が決まるの? どんな子かな~、ブレンダンに似てるといいなぁ(←バカ

続きを読む "オーディションの様子" »

2006年9月12日 (火)

プレミア日程決定?

Journey_to_the_end_of_the_night_posters決定!て書きたかったのに……orz

IMDbのJourney to the End of the Nightのページを覗いたら、この前まで10月1日だった公開日が変わっていました。これ↓

CountryDate
USA   28 April 2006 (Tribeca Film Festival)
これ→ USA   19 December 2006 (video premiere)

12月19日(火)にプレミアだそうです!公開日が10月1日から2ヶ月以上延びたけど、このJourney to the End of the NightはこれまでずっとIMDb先行型(IMDbから情報が入ってくることが多かったという意味)だったということを考えると、本当っぽいです。ワーイ、公開日が決まったー\(^o^)/

……ところで、ビデオプレミアとは?

なんだか普通のプレミアとは違う感じがプンプンします。まさかのビデオスルーなのか?! ビデオプレミアという言葉はビデオ映像の封切りイベントなんかで使われているようですが、Journey to the End of the Nightはフィルム作品なのに何故? せめてDVDじゃないの?とか色々悩んでしまう《19 December 2006 video premiere》です。 誰か教えてー(>_<)

あのトレイラーを見る限りでは公開日とか入ってなかったし、10月1日公開にしては一般に全く宣伝してないようだったので、12月19日プレミア(ビデオで?)には納得いくんですけどね~、はぁースッキリしない(-_-;)

2006年9月11日 (月)

どうなの?な記事

昨日(書きたかったこと)の続き……

……の前に、エミー賞のダイジェスト版楽しかったです!司会のコナン・オブライエンさんてもっと小柄かと思ってたら大きいし、踊れるし。やー百聞は一見に如かずですな。結果を知っていたのでワクワク感はなかったけれど、ショーとして楽しめました。しかし、SCRUBSは獲れませんなー(T_T)残念…

さて、本題。
あちこちで拾い読みしてきた「The Mummy③製作、ブレンダン・フレイザー出演!」の記事の中から、本筋とは関係ないもののちょっとひっかかる記事について騒いでみたいと思います。もの凄く、たいしたことない内容で、ゴメン。

続きを読む "どうなの?な記事" »

2006年9月10日 (日)

③の続報…?

「The Mummy③製作、ブレンダン・フレイザー出演!」という話題で持ちきり(笑)の中で、さらに追加情報を知らせてくれる記事がありました(根拠は不明だけど…)。

それぞれから抜粋↓

  • Brendan Fraser has signed on to star in an as-yet untitled third instalment of The Mummy series, with filming set to start next year for a 2008 summer release.
    ブレンダン・フレイザーはまだタイトル未定のThe Mummyシリーズ3作目に出演の契約をした、2008年夏の公開に向けて撮影は来年の予定
―――EmpireMovieNewsより
  • it has been confirmed by producers that shooting is expected to begin next year in order to aim for a summer 2008 release.
    2008年夏公開を目指して来年撮影予定であることをプロデューサーが認めている。
  • Despite the fact that Fraser and South African actor Arnold Vosloo have both agreed to return for the sequel, scriptwriter Stephen Sommers, who penned the first two instalments, has been replaced by 'Smallville' scribes Alfred Gough and Miles Millar.
    フレイザーと南アフリカ出身の俳優アーノルド・ボスルーの2人が続編への再出演に同意した一方で、最初の2作品のペンをとった脚本のステファン・ソマーズは、『ヤングスーパーマン』の脚本家Alfred GoughとMiles Millarにとって代わられる。
―――virgin.netより

さらに、レイチェル・ワイズさんについては、The Mummy3への出演を匂わせるこんな記事が!↓

また抜粋(本文も短いんですけどネ)↓

(第32回Deauville American Film FestivalでThe Mummy3への出演について質問する機会にめぐまれたそうです)

"I know there's a new script but I haven't read it yet. Nothing's definite yet and should the film be done, it's probably going to happen next summer. And if so, I would definitely like to be in it".
「新しい脚本があることは知っているけど、まだ読んでいないの。まだ何もはっきりしたことはないわ。もし映画が作られることになるとしたら、たぶん来年の夏になるでしょう。そうなれば、ぜひ参加したいわ。」

映画素人の私見ですが、③が成功するかどうかは以前のキャストがどれだけ戻ってくるかもかなり大きな要素だと思うんですけど、どう?

根拠と本気の度合いは別にして、とりあえずボスルーさんとレイチェルさんはオッケー(?)、後はオデット・フェールさんとジョン・ハナさんですよね~、ブレンダンがいない『ハム』はお肉のないステーキだと思いますが、ジョン・ハナさんのいない『ハム』はフォーク&ナイフのないステーキでしょう、食べにくいじゃん(>_<)と思ったりして。

だから、『ハム』じゃないって!(ユニバーサル談)

エミー賞(AXNで放送中)が見たくて気になって仕方ないので、今日はこれで失礼します<(_ _)>

2006年9月 9日 (土)

Josh君の写真

J3D LOGOJourney3-D(又は「地底探検」、Journey to the Center of the Earth)で、いつもお世話になっているJosh Hutcherson君の公式サイトから♪

以前にブログに書いた通り(「ちょっと遅れるけど」)、新しい写真が12枚もアップされて、合計24枚になってました~ 勿論ブレンダンは写ってないけど(T_T)、Josh君ファンはレッツゴー!

行き先は、公式サイト→【PHOTOS】→Out and about in Montreal

……ブレンダンふぁんは、ロケ現場で撮った写真やJosh君のトレーラーの写真があるので、想像力を働かして楽しみましょう!Josh君をブレンダンに置き換えるのではなく、写真に写っていない部分に立つブレンダンとかJosh君の写真を撮ってるブレンダンとか(←これは想像しやすいかも・笑) ちなみに、私のお気に入りはJosh君と愛犬Dieselのロケ地で撮った2ショットです。Dieselの表情が良過ぎて、惚れちゃうワン

ブログも更新されていましたが、ブレンダンふぁんとしては特に気になる内容はありませんでした。でも、お世話になっているので応援するつもりで、ご紹介↓(^_-)-☆

JoshHutcherson2006年9月8日金曜日

追加した写真を気に入ってくれるといいな。長い時間かかっちゃってゴメンね。Journey撮影終了まで2週間を切った。(撮影終了が)待ちきれないな。
【中略……新築のおうちに帰るのを楽しみしているご様子。日曜日のNFLをテレビ観戦するのもメチャクチャ楽しみにしてるそうです。明日は仕事らしい…】

写真は気に入りましたよー>Josh君!(^^)
残りわずかの撮影だと思いますが無事&安全&健康で頑張ってネ……と、ブレンダンにも伝えたい(無理)

2006年9月 8日 (金)

果たして③か?

大好きな掲示板で管理人様に「とても詳しく制作情報など載せてらっしゃるので、正確に詳しくお知りになりたい方はシラ吉さんちを参考になさってくださいね♪(^^)」と、ご紹介いただいたので(恐縮)、頑張って正確な情報を!……出来る範囲で(笑)まとめてみました~

さて、本題。
ブレンダンがThe Mummy③への出演契約をした!
というニュースが届きました。

ネタ元の1つProductionWeekly.comが伝えるところでは――

フレイザー、Mummyのキャラクター再び
2006年9月7日

ブレンダン・フレイザーは、Alfred GoughMiles Millar(『ヤングスーパーマン』のクリエーター)による脚本で、ユニバーサル映画の『ハムナプトラ』シリーズの外国人傭兵リック・オコーネル役を再び演じることになった。作品は別の壮大なアドベンチャーとしてキャラクターを考え直したものとなる。スタジオは、来年初め頃の撮影のつもりで、Joe Johnston(『ジュラシックパークⅢ』)に監督を依頼している。
【後はINKHEARTの話。製作は英国で11月初めに開始としてます】

この脚本は以前から話題になっていたもの(「Mummy③の台本」「なぜ今なのか?)で、ブレンダン自身も昨年の上海国際映画祭でその存在を明かしたもののことのようです。でも、監督の名前と撮影時期が語られているところが目新しい!はたして、事実なんでしょうか? 11月からのINKHEARTの撮影があるのに、来年早々(early next year)にハム③撮影なんて可能なの?と思わずにはいられないのは、私だけ?

続きを読む "果たして③か?" »

2006年9月 7日 (木)

公開予定日まとめ

「撮影はすれども公開日は決まらず」な日々を、わりと元気に過ごしているシラ吉です。バカなので悩みナシ!(^^)
そんなわけで、今わかっている範囲(ウワサも含む)でブレンダンご出演作品の公開予定日をまとめてみました。

作品名公開予定ネタ元
Journey_to_the_end_of_the_night_postersJourney to the end of the Night 2006年10月1日
2006年12月19日

IMDb
WorstPreview

Last_time_The Last Time 2007年 ココ
(根拠不明ですが…)
TAIB_inferno The Air I Breathe 2006年12月1日 IMDb
J3D LOGOJourney 3-D 2008年 Box Office Mojo
IMDb
ココ(FaQs)
Inkheart 2008年 IMDb
フンケ公式サイト
BigBugManPoster Big Bug Man 2008年 ココ
(訳はコチラを)
Simply Halston 2007年 IMDb
Singularity

※2007年1月再発表

      
※2006/9/12変更

哀しいけれど「絶対間違いなし!」というものは1つもありません(T_T)。Journey to the End of the Nightなんて、あと数週間で封切りという雰囲気を微塵も感じさせていませんし、Journey3-Dは確実に2008年まで延びたし……
でもThe Last Timeの公開予定が(根拠が分からないけれど)2007年と書かれているのを観て、ちょっぴり嬉しい気分になりました♪(^^)

もし上記の通り公開されたら2008年はブレンダンの映画大豊作の年に!キャー、うれし~(^o^)/……でも日本上陸はそれより先……(ToT)ガチョ~ン

2006年9月 5日 (火)

ちょっと遅れるけど

J3D LOGOJourney3-D(又は「地底探検」、Journey to the Center of the Earth)の撮影がもう少し延びるそうです。といっても2、3日らしいけど。
そんなわけで、モントリオールでブレンダンにバッタリ作戦の実行期間に少し余裕が出来ました。さぁ、時間とヒマのある方は急いでモントリオールへ!

毎度お馴染みネタ元のJosh Hutcherson君の公式サイトのブログです。抜粋してお届け♪↓

JoshHutcherson2006年9月3日日曜日

Labor Day(労働者の日)おめでとー!
【略……お父さんと弟と楽しく遊んだそうです。Labor Dayのお蔭で月曜日(9/4)もお休みなので、ちょっと長い週末を楽しんでいる様子(^^)】
(撮影が)2,3日延びそうなんだ、だから9月18日の週のどこかまでは終わらないだろうな。でも、大丈夫……だって家に帰れるまであと2週間と半分なんだから。火曜日に仕事に戻ったら、新しい写真を(公式)サイトに載せるつもりだよ。セットとかをブラブラしている間に撮ったのとかだ。今のところはそれだけ。じゃあね。

:9月の第1月曜日は労働者を称えるための祝日なんだそうです(アメリカ・カナダ共通)

写真が楽しみ~(きっとブレンダンは写ってないだろうけど、それでも)現場の様子とか、もしかしたら端っこにブレンダンがいるかもしれないし。ワクワクです(^o^)丿

ところで、公開予定日が変更になった(2007年7月20日⇒2008年)件について、Josh君からのちょっとした説明がありました。出演者がいうからには、もう間違いなく2008年まで公開されないんでしょうねー(T_T)シクシクシクシクシクシク

そのJosh君からの説明は、公式サイトの【FaQs】にありました。こんなの(Josh君が答えてるっぽく訳してみました)↓

Q:Journey3Dは2008年に公開なんですか?

A:今現在のところ、2008年に変更になったよ。使用するプロジェクターのタイプの関係でそうしなければならないんだ。デジタルプロジェクター(digital projector)で観てもらう方がいいんだけど、劇場への導入は始まったところなんで、もっとたくさんの劇場に備えられるよう2008年まで待つんだ。

2008年には3D用のプロジェクターが各映画館に標準装備されているんでしょうか?日本はどうなの?もし近くにプロジェクターのある映画館がなかったら、上映されないの?大阪のどこかにはありますよね……今から劇場を探しておこうかな~と思ったりして。

2006年9月 4日 (月)

Bobさんのブログ19

TAIB_inferno The Air I Breathe の共同脚本家Bob DeRosaさんのブログです(なんと19回目!)。 前回「すぐに」と書いておられたわりに、20日間以上待ったような気が……いやいや、ボブさんには他にもお仕事があってお忙しいのです。現在の状況を教えてもらえるだけで、山盛り感謝せねば。

ありがとーボブさん!!これからも、ヨロシク(←抜け目なくお願いもしておく私)

というわけで、The Air I Breathe 公式サイトのボブさんのブログから、最近の状況とボブさんのファンタスティック(?)の体験をお届け(^^)……ブレンダンは出てきません(T_T)そりゃそうだけど…

どうでもいいような話:
ポスターがマイナーチェンジしてます。ポスターの上部にブレンダンの名前と下部に監督の名前がハッキリと書かれてるバージョンに変更しました。

続きを読む "Bobさんのブログ19" »

2006年9月 3日 (日)

公開予定日変更…

J3D LOGO

ちょっと哀しい(?)ニュース。Journey3-DことJourney to the Center of the Earth(どっちが正式のタイトルなのかハッキリしてくれ!)の公開予定日が2008年まで延びたそうです。ヨヨヨヨ(←泣いてます)

これまでは、IMDb等では2007年7月20日となっていたのに……Box Office Mojoによると2008年だそうです。まだ来年の7月20日と書いているトコロもありますが、IMDbは早速2008年に変えていました。早ッ。よくしらないけど、Mojoってそんなに権威があるんですか。

公開日を2008年と変更したサイト
   ・Box Office Mojo
   ・IMDb(Journey3-D)
   ・WALDEN MEDIA fan 等(ただし同サイト内の【Premise】では7/20のまま)

CGとか特殊効果とか(なんせ3D)編集作業に時間がかかるのはわかってたけどさ、チェッ……な気分の私です(`´)

そんな気分を晴らすため(?)、Journey3-Dの野外セットがある場所(Parc de la Cité)へ行って来ました!
いや、本当は行った気分になるために地図でさがしてきました(^^)。

真ん中の黒い部分が湖(池?)ですって。モントリオールの地図をみると、もっと広い公園がいつくもありました。モントリオールって広い! ブラブラ歩いてブレンダンに会う作戦は難しいかもしれませんネ。

すごーくアップにしたら写ってないかな~ブレンダン(無理)

2006年9月 2日 (土)

色々なニュース

Journey_to_the_end_of_the_night_postersJourney to the End of the NightEXCLUSIVE(特ダネ)トレイラーが、ハンガリー様でダウンロード出来ます!登録が必要ですけど、いつでもand何度でも見たい人は是非(^^)、欲しいけど登録の仕方が分からんという方、登録したくないけど欲しいという方は、メール等でご相談下さいネ♪見るだけなら当ブログでも見れます(ココ)。

見た方の感想を聞きたいけど反応ないので……寂しい(>_<)、、でもこれは本物の劇場用予告編ではなさそうなので、日本のちゃんとしたブレンダンふぁんの皆さまは、本物が出るまでジッと落ち着いて待っておられるのかなー。nekoさんはソフトの関係でご覧になれないとのことですが、そういう方も多いのかもね。

暴走するバカふぁん(シラ吉)としては、いつか落ち着いた大人になる日を夢見つつ、今日も暴走気味かも。いや、反省もしますよ、たまに……(^^ゞテヘ

というわけで(?)最近拾ってきたニュースから、あまりブレンダンには関係ないけれどブレンダン作品には影響あるの?ないの?どうなの?と思ったモノを、簡単にまとめてお届け。……たぶん「関係ない」話なので先に謝っておきます。スイマセンでした(T_T)

続きを読む "色々なニュース" »

2006年9月 1日 (金)

コルネーリアさんから

Inkheart (School Softcover)映画INKHEART情報で、とってもお世話になっているコルネーリア・フンケさんの公式サイトは、彼女の妹Insaさんが運営・管理されています。扉の仕掛けも楽しいし、ゲストブックに寄せられる質問にも1つ1つ丁寧に答えてくださっています。楽しいので、お時間のある方は是非!時々開催されるチャットでお喋りも出来るそうです(ただし、ドイツ語か英語(T_T)ムリじゃん…

その公式サイトに、コルネーリアさん自身が書いた近況報告がアップされていました(夏休みにInsaさんが月イチくらいで身の回りの出来事をサイトにレポートしてみては?とお願いされそうです)。近況報告ということで、7月と8月のことが書かれていました。そして……フフフフ、ありましたよ映画INKHEARTの話題が!ブレンダンの文字が!(キャー) 

でもその前に(笑)ちょっとだけIMDbのことを――

↓↓↓ こうなりました(現在のステータス) ↓↓↓

 Status: Pre-production
 Comments:秋(撮影)スタートが予定されている
 Status Updated: 2006年8月23日更新

 Credited cast:
           Brendan Fraser ....  Mortimer Folchart/Silvertongue
           Paul Bettany     ....  Dustfinger   

おっ、ホコリ指はポール・ベタニーさんに決まったの?と思える書き方です。さて、真相はいかに(^_-)-☆

続きを読む "コルネーリアさんから" »

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

このブログのお約束

  • 時々、例外があるかも…
    コメント、メール、その他ご意見大歓迎
    ネタ提供は 熱烈歓迎
    Aicon331_1にポインタをオンすると、私(シラ吉)の魂の叫びが聞えるかも…
    2009.10.16一部改訂

併設サイト


  • ★BFs2004
      未だに工事中ですが、よろしくお願いします。

  •   更新履歴ブログ  
        併設サイトの更新お知らせブログ

ふぁーりーヴェンジャンス

  • プレミア
    2010年4月公開(米国)の映画『Furry Vengeance』の関連画像集

ついて行きます!

  • Micharan Voice
    ブレンダンおっかけ同盟の第一人者MicharaさんのステキなBLOG
  • ぽわぽわ★ステップ
    ブレンダン好き好き同盟の第一人者ぽわさんのステキなBLOG
  • 月影の舞
    すごい量の映画レビュー&映画関連本が盛りだくさんなBLOG

旬のリンク

ためになるサイト

ワンコと一緒

  • お疲れ様でした。
    2000年9月から一緒に暮らしている豆柴(アトピー犬) 一緒に散歩できる幸せがいつまでも続きますように…
無料ブログはココログ

ハニーが読んだ本


  • 星を継ぐもの (創元SF文庫)

    月の洞窟で宇宙服を着た人間の遺体が見つかる。しかしそれはなんと5万年前のもの!宇宙開発に乗り出したばかりの人類がこの謎を解明していくSFの金字塔。謎の解明が実にスマート。最後の1行を読めば、人類と月の起源ってこの作品の通りだったと思えてしまうはずです。