2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« ちょっと遅れるけど | トップページ | 果たして③か? »

2006年9月 7日 (木)

公開予定日まとめ

「撮影はすれども公開日は決まらず」な日々を、わりと元気に過ごしているシラ吉です。バカなので悩みナシ!(^^)
そんなわけで、今わかっている範囲(ウワサも含む)でブレンダンご出演作品の公開予定日をまとめてみました。

作品名公開予定ネタ元
Journey_to_the_end_of_the_night_postersJourney to the end of the Night 2006年10月1日
2006年12月19日

IMDb
WorstPreview

Last_time_The Last Time 2007年 ココ
(根拠不明ですが…)
TAIB_inferno The Air I Breathe 2006年12月1日 IMDb
J3D LOGOJourney 3-D 2008年 Box Office Mojo
IMDb
ココ(FaQs)
Inkheart 2008年 IMDb
フンケ公式サイト
BigBugManPoster Big Bug Man 2008年 ココ
(訳はコチラを)
Simply Halston 2007年 IMDb
Singularity

※2007年1月再発表

      
※2006/9/12変更

哀しいけれど「絶対間違いなし!」というものは1つもありません(T_T)。Journey to the End of the Nightなんて、あと数週間で封切りという雰囲気を微塵も感じさせていませんし、Journey3-Dは確実に2008年まで延びたし……
でもThe Last Timeの公開予定が(根拠が分からないけれど)2007年と書かれているのを観て、ちょっぴり嬉しい気分になりました♪(^^)

もし上記の通り公開されたら2008年はブレンダンの映画大豊作の年に!キャー、うれし~(^o^)/……でも日本上陸はそれより先……(ToT)ガチョ~ン

« ちょっと遅れるけど | トップページ | 果たして③か? »

journey to the end of night」カテゴリの記事

The Air I Breathe」カテゴリの記事

TheLastTime」カテゴリの記事

地底探検/Journey 3-D」カテゴリの記事

新作?」カテゴリの記事

映画 INKHEART」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/128979/11797993

この記事へのトラックバック一覧です: 公開予定日まとめ:

« ちょっと遅れるけど | トップページ | 果たして③か? »

このブログのお約束

  • 時々、例外があるかも…
    コメント、メール、その他ご意見大歓迎
    ネタ提供は 熱烈歓迎
    Aicon331_1にポインタをオンすると、私(シラ吉)の魂の叫びが聞えるかも…
    2009.10.16一部改訂

併設サイト


  • ★BFs2004
      未だに工事中ですが、よろしくお願いします。

  •   更新履歴ブログ  
        併設サイトの更新お知らせブログ

ふぁーりーヴェンジャンス

  • プレミア
    2010年4月公開(米国)の映画『Furry Vengeance』の関連画像集

ついて行きます!

  • Micharan Voice
    ブレンダンおっかけ同盟の第一人者MicharaさんのステキなBLOG
  • ぽわぽわ★ステップ
    ブレンダン好き好き同盟の第一人者ぽわさんのステキなBLOG
  • 月影の舞
    すごい量の映画レビュー&映画関連本が盛りだくさんなBLOG

旬のリンク

ためになるサイト

ワンコと一緒

  • お疲れ様でした。
    2000年9月から一緒に暮らしている豆柴(アトピー犬) 一緒に散歩できる幸せがいつまでも続きますように…
無料ブログはココログ

ハニーが読んだ本


  • 星を継ぐもの (創元SF文庫)

    月の洞窟で宇宙服を着た人間の遺体が見つかる。しかしそれはなんと5万年前のもの!宇宙開発に乗り出したばかりの人類がこの謎を解明していくSFの金字塔。謎の解明が実にスマート。最後の1行を読めば、人類と月の起源ってこの作品の通りだったと思えてしまうはずです。