2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月の記事

2007年1月31日 (水)

ロンドンでパーティ

本ッ当~に久しぶりに、ブレンダンを見ました!\(^o^)/ワーイ、ワーイ\(^o^)/

先週の土曜日(1月27日)に、ロンドンで開かれたとあるパーティに出席したそうです。ちょっとイワク有りげなパーティに、普段着で。うーむ、さすがブレンダン。

まとめて見やすいサイトは、ハンガリー様(ハンガリーのファンサイト)ですが、getty(Searchにbrendan fraserを入力してみましょう)に1枚、film magicに2枚、The First Postさんに1枚づつ、ブレンダンの画像があります。すべてハンガリー様でフォローされていますし、私には探せなかった画像もあるので、やはり一番のおススメはハンガリー様ですナ。もう少ししたら、WireImageにもアップされるとか、されないとか。期待せずに待っとこう。
※《続きを読む》以下で、パーティの詳細&キャーキャーさわいでます。

実は2日間ほどブレンダン検索のウェブ旅に出ていませんでした(INKHEARTと他の用事と睡魔に襲われていたので…爆)。だから、ブレンダンふぁんの皆さまから遅れているかもしれませんが、とりあえず……\(^o^)/ワーイ\(^o^)/、なにしろブレンダンの最新画像はアイスランド以来ですから。インタビュー記事もいいけど、文字より画像が好き。動くブレンダンはも~っと好きかも~

続きを読む "ロンドンでパーティ" »

2007年1月30日 (火)

金貨でお祝い

Inkheart (Teen's Top 10 (Awards))カテゴリーは雑記(ブレンダン)ですが、 INKHEARTありきの内容なので一応このアイコン→

INKHEARTエリノアを演じるヘレン・ミレンさんがアカデミー賞にノミネートされているのは、もう周知のコトですよね。かなりの有力候補だと、映画素人の私の耳にも届いてるくらい。
ゴールデングローブ賞はすでにゲットされていますが、そのノミネート発表の時のことを弊ブログでもちょっとだけとりあげさせていただきました(ココ)。ま、ブレンダン絡み(というよりINKHEART絡み)だったからなんですけどね(^^ゞ

ところで、今回のアカデミー賞ノミネートでもちょっと絡んでましたよ、お客さん!

INKHEARTの撮影現場を取材したcinematical.comさん(コチラ、弊ブログではココ)が、ヘレン・ミレンさんへのインタビュー時に、ついでに(?)そのことを聞いたそうです。偉いわ~cinematicalさん。

その記事はこれ↓

The Queen記事によると、ライターのErik Davisさんはアカデミー賞にノミネートされたことについて、そして出来ればどんな風にお祝いをしたのか聞きたいと思っていたそうです。インタビューする部屋にミレンさんが入ってくると、その場にいた全員が立ち上がって出迎えたので、ミレンさんは丁寧にこう言ったそうです:「あらあら、私は本物の女王様(the Queen)ではありませんのに
※ノミネート作品(The Queen)に引っ掛けたジョークでございますね、陛下(^^)

特に私が注目した部分は記事の最後の段落。こんな内容でした↓

ミレンは、その日*1は撮影現場にいてキャスト達とともに祝って過ごしたのだと私に教えてくれた。
「素晴らしい日だったと言わずにはいられませんね。それに、このような現場にいたことはさらに良いことでした。そんな日にこの現場で仕事をしていたことは夢のようだったのです。」彼女はさらに続けて、キャストとスタッフがオスカーの発表の直後に「金色のコイン*2を私に降り注いでくれたんですよ」と話した。
私はブレンダン・フレイザーポール・ベタニーのような人々がヘレン・ミレン金貨*3を投げているのを頭の中で想像してみたトコロ、(申し訳ないが)クスッと笑わずにはいられなかった。

*1......ノミネートの発表があった日
*2......golden coins 金色のコイン状のモノでしょうか?金貨だと痛いもんねー
*3......gold coin  ここでは金貨と表記してます
※金貨問題(?)が解決したので、《続きを読む》以下に追記しておきます。興味のある方は覗いてみてね。

金貨をまくブレンダンベタニーさん……微笑ましいじゃないですか!私は笑わないから、来月の3日あたりに我が家で豆をまいていただきたいものです。福はうち~って言いながら(笑)

続きを読む "金貨でお祝い" »

2007年1月29日 (月)

撮影現場から〈後〉

Inkheart (School Softcover)

IESB.netDarkHorizons.comに投稿されたStephanie SanchezさんによるINKHEART撮影現場レポートです。昨日の続きだから〈後編〉ということで、よろしくお願いします(^^ゞ。

〈前〉の最後、「間もなく、撮影をしたキャスト数人が我々に加わった。とても限られた時間しかなかったが、彼らは我々と一緒に過ごす事を心から喜んでいるようだった。」に続いて、キャスト(ブレンダンポール・ベタニーさん、アンディ・サーキスさんとEliza Bennett(以下エリザ・ベネット)ちゃん、ヘレン・ミレンさん)へのインタビュー記事が展開しています。
時間が限られた中で短いインタビューですが、撮影中の俳優さんたちの生の声が聴ける(読める)なんて嬉しいコトですよね~ 写真があればもっとよかったのに…なんて贅沢は小声で言っとこ(笑)

後編はこちら↓

愚痴ってみる:
半日以上かけて訳したファイルを、自分のミスで、削除してしまいました。ブログにアップするぞー(^^)と訳をメモしていたファイルを開いたら、内容がナイヨウ(泣) どうやらノートパソコンで半分書いたメモを上書きして、全部の訳をまとめたメモを消しちゃったらしい……ファイルの名前を変えとけばよかったのに、面倒臭くてサ(号泣) わーん、もう自分がイヤ。粗忽王改め粗忽大王じゃん(号泣)

続きを読む "撮影現場から〈後〉" »

2007年1月28日 (日)

撮影現場から〈前〉

Inkheart (School Softcover)IESB.netDarkHorizons.comに投稿されたStephanie SanchezさんによるINKHEART撮影現場レポートです(内容は、導入部が違うだけであとは全く同じです)。ロンドンの撮影現場を訪問し、スタッフにお話を聞いたり、原作にはない登場人物(?)の情報をリークしてみたり(笑)、とあるシーンの撮影の様子をわりと詳細に語ってみたり、出演者にインタビューしてみたりと、映画の公開を待ち焦がれるファンにとっては濃くて、ありがたい内容のレポートです。

……ただステファニーの英語が所々わからなくて、ハニーに相談して解決した部分もありますが、解決しなかった部分もありました。おかしなトコロを指摘してもらえれば嬉しいんですけど、さらに「こうだよ」と教えてもらえるともっと嬉しいんですけど……どなたか本当によろしくお願いします<(_ _)>

というわけで、本当は人前に出してはいけないのかもしれませんが、見切り発車してみます(爆) つーか、誰かと(誰と?)ワーキャー言ってみたかっただけかも……

続きを読む "撮影現場から〈前〉" »

2007年1月26日 (金)

さらにブレンダンが語った

Newicon

えー、昨日「気になるぅぅぅぅぅ」と書いたIESB.netのINKHEART撮影現場レポートは一応読み終えました。が、チョコチョコ判らない部分があるので、判ったところから順次このブログにアップしていく予定。結構なボリュームなのでハニーの協力次第です、よろしく頼むぜ>ハニー(^_-)-☆

というわけで、本日はその(INKHEART取材記事等)の中にあったハムナプトラ③についての話をまとめてみます。

その「取材記事等」というのは、こちら↓
どちらの記事もINKHEARTの撮影現場で取材したもの(たぶん各記者が俳優を囲んで一斉にしたのでは?いわゆる囲み取材?←海外でもあるのかどうかは不明ですが…)で、時間が限られたなか急いで質問した様子。

その部分だけ抜粋してみると、こんな感じ↓

IESB
最後の質問です。ハムナプトラ③の最新情報のことですが、あなたは出演されるんですか?
ブレンダン後はロサンゼルスという場所のどこかにある事務所の決定だけだ。僕の為に祈ってくれよ。

cinematical
INKHEARTの撮影現場の取材に行って、キャスト達に数分づつ話を聴く機会を得たなかで、)私はなんとかブレンダン・フレイザーを脇に連れ出して、素早くハムナプトラ③について質問をした。私が知りたかったのは、彼とレイチェル・ワイズが2人とも復帰するのかどうか――さらに、いつ撮影が始まるのか、監督とはもう会ったのかどうかということだった。
INKHEARTのすぐ後にハムナプトラ③の撮影をするのか尋ねたところ、彼の答えは「まだ電話(call)を待っているところなんだけど…」さらに、レイチェル・ワイズともう一度共演するのか尋ねると「まだレイチェルと話していないけど、書き物(注:脚本)次第だね
うむ、つまり彼女のキャラクターは脚本に登場しているってことで、僕らのヒーローと一緒に彼女が戻ってくるチャンスは大いにありそうだ。結局、フレイザーはRob Cohenが3作目の監督を依頼されたという噂を肯定も否定もしなかった――それは彼が現在中心から少し離れているからだろうと思う、ハムナプトラの世界へ飛び込めるようにINKHEARTを終えるのを彼は待っているのだろう。

cinematicalさんの方がやや頑張ったかな、拍手。祈ってくれというくらいだから、やる気なのは間違い無さそうです。結局は脚本次第か……

ところでcinematicalのコメント欄に「脚本のデキが悪いのでブレンダンもレイチェルも映画には出演しないって」と書いてあります(コメント1の方)。根拠は、映画に近い(密接な?)情報源から直接書き送ってきたとかナントカ書いてあるような。う~む、どうなんでしょう。ロンドンの撮影現場に直接行って聞いてみたい!(実物ブレンダンを見たら倒れるから無理か…)

2007年1月25日 (木)

ブレンダンが語った!+インク情報

Newicon  と Inkheart (School Softcover)

IESB.netさん、ありがとー(^o^)/という話。

IESBさん(ライターはStephanie Sanchezさん)はロンドンでINKHEARTの取材中に(←これもありがたい)ブレンダンに直接ハムナプトラ③への出演について質問してくれたそうです。エライぞ、IESBさん!

その記事はこちら↓

わりと短めの文章の中にブレンダンの話は一文だけ。そこだけ抜粋してみると――

フレイザーによれば、彼はまだサインはしていないと言う。しかし彼は「すごくやりたいよ……だけどいわゆるロサンゼルスのどこかで行われる決定次第だね

注:ハリウッドのこと、ですよね?

条件次第ってことか?よくわかりませんが、ファンとしては、ブレンダンのやる気が発揮される方向に進みますようにと祈るのみです。ところで、記事によると、インタビューした場所はINKHEARTの撮影現場で、○○がいくつか置いてある場所らしいです(^m^)。

さらに、INKHEARTファンもちょっと気になる記事の最後の部分は――

もし彼(ブレンダン)が本当にやるなら、それが最もありそうなケースだが、少なくとも3月末までは中国のミイラ達と戦うことはないだろう、もっと遅くなる可能性もある。伝えられるところによれば、(ハムナプトラ③の)撮影はアジアで行われる予定だ。INKHEARTはロンドンで現在も撮影中で、もう5週間かかる。フレイザーはその合間に休暇をとれるだろう。

撮影はまだ暫く続くようです。さぁ急いでロンドンへ!(笑)しかし、よく働くね、ブレンダン(ありがとー
IESBさんはもう間もなくINKHEARTの詳細な(?)レポートをアップしてくれるそうなので、ブレンダンふぁんではないINKHEARTファンも、IESBさんに大注目ですネ!

独り言:
朝、「我々はフレイザーとINKHEARTの現場で話をした~」という一文を読んでから、もう気になって気になって、落ち着かない。でも、他の用事が山積みで、浮き足立った半日を過ごしました。そうこうしてるうちに、INKHEARTのレポートがIESBにアップされていました(コチラ)。あ~そっちも気になるぅぅぅぅぅ。

2007年1月24日 (水)

はやく見たいけど…

JttEotN DVD(R1)

Journey to the End of the NightのDVD(R1版)発売まであと1ヶ月ほどとなりました。

やー楽しみ(^^)と思っていたら、このJourney to the End of the Nightをダウンロード出来るサイトがあるらしく、「もう見たよ」という人がチラホラと。
(「あるらしく」と書きましたが、探してみたところ確かにありました。権利関係の問題などがクリアされているのかどうか判らないので、ここでの紹介は控えます。どうしてもという人は検索すればすぐみつかるかと・・・ただダウンロードは自己責任でお願いします。)

IMDbのJourney to the End of the Nightのメッセージボードには非常に残念なレビューが書き込まれていました(涙)

「とりあえずダウンロードしたんで面白かったらまた報告します!」という個人のブログはその後音沙汰無し(むせび泣)

その一方で、ハンガリー様では大量のJourney to the End of the Nightのスクリーンショットがアップされていました。スクリーンショットというより、映画の中のブレンダンをコマ送りで見ているような感覚になるほどの量(160枚以上あった)でした。どうも時系列に並べられているようで、かなりストーリーが読めると思えますが……
でもブレンダンがたくさん!なので、ネタばれしてもいいという方はハンガリー様へゴー!ちなみに私は怖いので(ウソ)サムネイル画像で鑑賞させていただきました。キュートな表情のブレンダンはたまらず大きな画面で確認してしまいましたけどサ(笑) 今回はけっこうキスシーンもあるようです、ウヒヒヒ(下品でスマン)

そんなわけで、否定的なレビューを読めば読むほど、何故か期待感がアップする一方です。なんでかなぁ、天邪鬼?いえいえ、とっても素直なオバちゃんですけど、何か?

2007年1月23日 (火)

ティーザーポスター

Newicon

←正確にはこのカテゴリーではありませんが、ハム③関係なので…

ハムナプトラ③Mummy③)のティーザーポスターを見てきました!といってもウェブ上で、です。個人製作のポスターで、勿論公式なモノではありません。ティーザーポスターと呼ぶのは、製作者がそう言ってるから…

ちょっとだけ説明:
《ティーザー:teaser》というと、ティーザー広告などから「じらし広告(興味を引くためにワザと詳細なことは伝えない広告)」が思い浮かぶかもしれませんが、この場合は「個人が作った(公式ではない)少し愉快で、皆を刺激しちゃおうかな~(^^)」ぐらいの意味でお願いします。時には、おふざけを通り越して悪意たっぷりなモノもあるようですが、今回は(私見ですが)悪意はゼロだと思いますよ~

そのポスターを作って、IMDbのMummy3のメッセージボードに「僕(?)がこれを作った時と同じくらい、みんなが楽しんで気に入ってくれるといいな」とポスターのアドレスと共に書き込んでくれたのはabravermanさん。感謝&私は楽しめましたよ~(^o^)丿

そのアドレスはこれ↓
http://groups.msn.com/Upcoming/fanart.msnw?action=ShowPhoto&PhotoID=1433

ハムナプトラと言えばMummyのの文字。それをあー使うと……そりゃもう3作目ならではの味わいが生まれて。クスッと笑ってしまいましたトサ。

ところで、このポスターは昨日の記事(ハム③の話題)に盛り込んで紹介するつもりだったんです。でも「訳、やっと出来た~(^^)」と満足したらスッカリ抜け落ちておりました。 あ~あ、今年もまだまだ粗忽王ッス(涙)

2007年1月22日 (月)

脚本を書いた人が語った

Newicon本格的に動き出したのかハムナプトラ③?という話。

そういえば先週、IMDbでもタイトルの変更がありました。
Untitled Rick O'Connell Adventure(タイトル未定:リック・オコーネルの冒険)からMummy3に! 監督もRob Cohenになってたし、そっちに向けて動き出してると確信していいのかな?でも、いまいち不安なので、新カテゴリー《ハムナプトラ③》を設けられないでおりますデス...弱気でゴメン(^^ゞ

ここから本題。

SCI FI Wireさんがハム③の脚本を書いたというAlfred Goughさんにインタビューをしたそうです。これまで、Alfred GoughさんがMiles Millarさんと共同で書いた脚本の内容について、少しだけ明らかになっていましたが(中国が舞台とか、息子が活躍するとか)、脚本を書いた本人が語ったのは、初めてかも。
リックはどのくらい活躍するの?エヴリンはレイチェルなの?等々気になる事項多数の皆さんは、是非ともチェックですナ(^^)

というわけで、その記事はこれ↓
一応の訳は以下に(日本のちゃんとした映画サイト様が後日和訳をつけてくれるかもしれないので、その時にはここで読んだ事は忘れてください)

続きを読む "脚本を書いた人が語った" »

2007年1月21日 (日)

NALA filmsのサイト

TAIB_infernoThe Air I Breatheの製作会社NALA filmsのサイトを覗いたら、更新されていました。(公式サイトはコチラ

前はNALA君(←勝手に命名、顔がカメラのキャラ)が走ったり、ネジ(?)を回したりするだけでしたが、新しくなったサイトは、全体にオシャレでボリュームも増え、コンテンツも見やすくなりました。グッジョブ、NALA films。

《Current Projects》の中にThe Air I Breatheの項目があります。キャストの名前をポチっとするとその人の画像が出てくるのは嬉しいかも。ブレンダンのはIMDbで使われてるエリオット(『悪いことしましョ!』より)で、ギャング役にしては迫力がないけど(笑)。その他の方々で、まだお顔を知らなかった人をチェックしたりするのも楽しいかと。
あと、トレイラーが出来上がれば、それが表示されるのではないかと思われる小窓(スクリーンショットでも可)。現在はポスターの画像が、雰囲気たっぷりに動いてます。蝶とピストルがクライムスリラーぽい(^^)

でも、特に「おお、これは!」な点はないな~残念……と思っていたら、ありました!

サイトの一番下に常に表示されている部分。画像が順々に変わっていくその中に、ブレンダン発見!ニット帽のようなのを被ったブレンダンらしき人が0.5秒くらい出てくるではないですか!The Air I BreatheでのPleasure(ブレンダン)なのかも…そういえば、メキシコでの画像(ややパパラッチ?)であの帽子を被っていたようないないような。そもそもメキシコではないかもしれないし……曖昧でゴメン。一応その画像はコレ

さらに、今気がつきましたが、トップの画面の右下にもブレンダンが!革ジャンにニット帽(ブレンダンだからイケてるに違いない、よね)で立っておられました。やっぱり、これがPleasureなのね

よくわからないけど、なんか得した気分です(^o^)丿
いつ変更されるかわからないから、お暇な方はお早めにチェックを!(といっても一瞬だったりするので、わざわざチェックすることもないのかも・爆)

2007年1月20日 (土)

インクの話(ちょっとだけ)

Inkheart (School Softcover)

映画INKHEARTの撮影はどうなっているのかな?という話。
連日の《ちょっとだけ》話で申し訳ない・・・

昨年11月にイタリアで撮影し、その後英国(シェパートンスタジオ)で撮影を続ける。んで、原作者でプロデューサーのコルネーリア・フンケさんが1月にロンドンの撮影現場を訪れるという話でしたが…

そのフンケさんの公式サイトのゲストブックに以下のようなやりとりがありました↓

ワシントンからの書込み(15.01.2007 at 18:24):
【……略……】コルネーリアは映画の件でもうロンドンにいるのですか、それとも1月後半の予定ですか?

Insaさん(管理人)のお返事
コルネーリアはすでにロンドンに行きました。前の日曜日にロスへ戻りました。でも、2月にはまた行く予定です。

前の日曜日が1月14日なのか、7日なのかは不明です。ロスへ戻る時はブレンダンと一緒とかだったら羨ましい(^^)

2月にも撮影があるということなんでしょうか、それとも編集作業に立ち会うとか?ともかく、2月におヒマのある方はロンドンへゴー(^o^)/  もしかしたらブレンダン目撃とかあるかも(あったら是非ご一報を!・笑)

さらに《ちょっとだけ》関係あるお話を。

BloodDiamondScreeningよくわかりませんが、リグーリアでの撮影後2ヶ月たってポール・ベタニーさんのお話が Il Vostro Gironale に出ていました。

こちらです↓
Il Vostro Gironaleさんといえば、リグーリアでの撮影中ほぼ連日記事にしてくれていた地元紙さん。今回も当然イタリア語です。自動翻訳で英語に変換してみましたが、いまひとつ意味不明。
どうもベタニーさんご一家(妻ジェニファー・コネリーさんと息子Stellan君)がレストランで、という話のようです。好意的な内容だと思うので、ベタニーさんファンの方は是非!で、もしよければ私にも詳しく教えてくださいな(^^ゞ

撮影中の記事なら、オンライン辞書を引いてでも!と頑張れるのになぁ。ブレンダンの話はなかったのかなぁ(涙)

2007年1月19日 (金)

Shaye氏語る(ちょっとだけ)

Inkheart (School Softcover)自宅でGGパーティを開催した(昨日参照)、ニューラインシネマのエライさん(最高経営責任者だそうです)Robert Shayeさんが、ちょっとだけINKHEARTについて語っていました。

それはこちら↓
Shaye Previews New Line Slate(Sci Fi Wire.com)

ざっとまとめると、こんな感じ↓

Shaye、ニューラインの新作を試写する

RobertshayeRobert ShayeがSCI FI Wireに公開予定作品の試写(preview)を提案した。その作品の中には、12月公開の期待作『』も含まれている。
(『ライラの冒険:黄金の羅針盤』は凄い映画になる、『ロード・オブ・ザ・リング』は特別だが、これも世界に受け入れられる映画になるだろう…と語るShaye氏。Chris Weitzによる脚本が素晴らしいそうです。出演者も。)

INKHEARTについては――
間もなく撮影が終了する。「同様に、INKHEARTも本当にとても良い脚本なんだ。いくぶん(『ライラの冒険:黄金の羅針盤』より)シンプルだが、大いに望みを抱いている。とShaye氏は語った。

期待されてるにしても、『ライラの冒険:黄金の羅針盤』の次ってことか(チッ)。ファンタジー作品なのに、舞台が現代のイタリアで、基本的には魔法とか出てこないトコロなんか斬新で良いと思うんですけどね~。しかも出演者がプロ揃いだし、大いに期待してまっせ!黄金の羅針盤より…

ニューラインの期待の現われか(12月公開だから?)、ニューラインの公式サイトにはもう『ライラ~』がCOMING SOONになっているし(ココの一番下)、公式サイトももうオープンしています。
INKHEARTは?Journey3-Dは?ううっ、早くオープンしないかなぁ、公式サイト...

2007年1月18日 (木)

「ちょっとだけ」な話

ナンプレファン2月号全部(ナンプレ問題のみ)とき終わりました\(^o^)/...ココログメンテナンス中に終わらせるつもりだったのに、アローナンプレに撃沈。そんなわけで、しばらくブログがお留守になっておりました。今日からは(来月のナンプレファン4月号発売日まで)ブレンダンに集中して頑張ります(予定)。

Machikado少し遅くなりましたが、ハリウッド外国人記者協会賞が発表されましたね~
残念ながら、今年はブレンダンは全然関係なくて、個人的にはいまひとつ盛り上がらんゾ、と思っていたら、INKHEARTで共演しているヘレン・ミレンさんのダブル受賞(映画部門&テレビ部門)や、The Air I Breatheで共演したForest Whitakerさんの受賞等、受賞インタビューや今後の作品ということで、バカふぁん(私)的にもちょっとだけ盛り上がれるトコロもありました(笑)

というわけで、写真ブログらしく(大ウソ)今年のハリウッド外国人記者協会賞でみかけたブレンダン関係の人々の画像はこちら↓(勝手に《関係の人》にしてゴメンナサイ)

GghelenmirrenAicon331_1GgwhitakerAicon331_1GgwizeAicon331_1GgkevinbAicon331_1

いつの日かブレンダンも(願)

ところで……
フフフ、関係ないと思っていたブレンダンですがナント!ちょっとだけ掠っていました!(地球とハレー彗星が掠るくらいのちょっとさ・爆)
その記事がこれ↓
   Chez Shaye(Variety On the Town)

続きを読む "「ちょっとだけ」な話" »

2007年1月14日 (日)

モニターに

TAIB_infernoBobさんのブログ21」で語られたワンシーンの画像が!……「!」をつけるほどでもなかったら、ごめんなさい。ブレンダンは出てきませんので(^^ゞ

IMDbのThe Air I Breatheのメッセージボードで教えてもらいました。教えてくれたtemponautさんに感謝。元々はサラ・ミシェル・ゲラーさんサイトのボードにあったものらしいです(未確認)

まず「Bobさんのブログ21」から、そのワンシーンとはここ↓

スタジオに入っていくと、約1ダースのモニターがあり、その全てに、僕にはすぐにわかったが、作品中最高にパワフルな場面の一つへとつながっている瞬間の サラ・ミシェル・ゲラーの姿が映っていた。そして誰かがプレイボタンを叩くと、モニターの映像は再び動き出し、オーケストラが最初の音符を奏でた。それは驚くべきモノだった。音楽を生演奏で聴きながら、(モニターの)場面が進行していくのを見守る……これまでで最高のクールな出来事だったね。

で、教えてもらったその画像はここ↓
http://img393.imageshack.us/img393/5489/ld256016a7c905c75a8a33ftk0.jpg

プロジェクターにSMGが!奥には音楽隊が!ってことで、たぶんボブさんが書いていた通りの場面だと思われます。よく見ると字幕のような英文も映りこんでます。この時(音入れ中)に撮られた画像の一部なんでしょうね、きっと。

映っているのがブレンダンだったらな~と思うのはファン心理ということで、ひとつよろしく。

短いので、ついでにもう1つ。
ルーニー・テューンズ:バック・イン・アクション 特別版ハンガリー様に通っておられるブレンダンふぁんならもうご存知だと思いますが、コチラルーニーテューンズ:Back in Actionのインタビュー映像が視聴できます。見た事ある映像かもしれませんが、ジェナさんやスティーブ・マーチンさんやウサギ(笑)のインタビューも一緒に通してみるのも楽しいかも(^^)、全編英語ですがブレンダンはニコニコしててかわいいゼ(^_-)-☆

2007年1月13日 (土)

旅行か探検か

J3D LOGO本日は感想文を。
ブレンダンが昨年夏に撮影し、2008年公開予定の映画Journey3-D。その原作となっているジュール・ヴェルヌの『地底旅行』を読みました。

地底旅行以前から弊ブログでは《地底探検》と呼んでいるので、同じ題名の『地底探検』(岩崎書店)を読もうかと思ったんですが、子供向けということなので、なるだけヴェルヌの書いた物に近いのをと探して、結局東京創元社刊の『地底旅行』(窪田般彌訳)にたどり着きました。そんなわけだから、今後はカテゴリー名を《地底探検》から《地底旅行》へ変えるべきなのかも…

さて、感想です。

えー、私一応SFファンでして、ジューヌ・ヴェルヌも名前だけは知っておりました。H・G・ウェルズと並んで古典SFの父ぐらいの認識で。でも、作品を読んだのは今回が初めてでした(子供向け『海底二万里』を除く)。100年程前に書かれたことを思えば、立派なサイエンスフィクション文学作品。火山の火口から地球の中心へ向かっていく冒険小説としても、当時の読者がワクワクしながら読んだことは容易に想像できます。アイスランドへ向かう地上の普通の旅行や、アイスランドの風景や生活様式に、全体の半分くらい紙面が使われているトコロは、一種の紀行文だったのかも……とか思ったりもしました。私としては「早く地底へ!」と思いながら読んでいたので、多少イライラしましたが(笑)
結末は……まぁそうかな、というトコロかな~。私としてはリデンブロック教授ご一行にもうひと頑張りして欲しいところでした。でもそうすると、SFの枠を超えちゃうのかもね~
Journey3-Dは登場人物も時代設定も原作とは違うそうです。確かに、原作の通り作っても現代の観客には受けないだろうと思います。ヤマ場がねぇ(いろんな意味で、ねぇ)。原作通りに作ってほしい、という意見もとある掲示板でみましたが、2時間弱の映画の中で原作のままだと地底にたどり着かないのでは?コンセプトだけいただいて、後はオリジナルでいいのではないかと思います。原作にある巨大な生物とかは3D技術を生かしてドーンとド迫力でみせてほしいけど♪あとリデンブロック教授っぽく頑固で偏屈なブレンダンも見たいです。

と、いうわけで本の内容は《探検》というよりは《旅行》でした。タイトルに間違いなし!でも、映画では《探検》して冒険してもらわないと迫力が出ないと思うので、カテゴリー名は《地底探検》のままにしときます。

2007年1月12日 (金)

ジャングルといえば

Newicon先に謝っておきます。カテゴリーが「新作?」ですが、ちっとも新作の話ではありません……新作に繋がればいいなぁ~と言う話です。トホホ(^_^;)

ピープルズ・チョイス・アワードでジョニー・デップさんが5部門も受賞されたそうで(シネマトゥディの記事)、おめでとうございます。それって、たぶんに『カリブの海賊さん:死人の蓋付き収納箱』の影響ですよね。まだ1作目しか見ていないので、何も言う事はないんですけど、えーっと、1作目は愉しく鑑賞いたしましたヨ。

パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト スペシャル・エディションで、ちょいと古い話を思い出しました。ブレンダンにほんの数ミクロンかすったような気がするという程度の、かなり遠い話ですけど(^_^;)

で、その記事はコチラ↓
  • Movie Talk
    映画評論家(?)のJackie Greenさんのコラム集?
    9月21日の欄をチェック(かなり下のほうです)
ざっとまとめると、

ディズニー映画が、ホーンテッドマンションやカリブの海賊に続いてジャングル・クルーズSmallvilleの映画化を検討中。脚本について交渉中だと、The Hollywood Reporterが伝えた。

このことに対するJackieさんの見解は……
「このコンセプトで映画が出来るのか?状況次第というところか。5年前、《海賊》で上手くいくのか疑問だったが、スタジオはジョニー・デップを起用してミリオンを稼いだ、そして今や《デッドマンズチェスト》でビリオンを超えた。《ジャングル・クルーズ》でも、正しいキャスティングが行われれば、何だって可能だ
。私には主役を演じるブレンダン・フレイザーが途端に浮かんでくるのだが。

というもの。ブレンダンと言えばジャングル・ジョージということかも…

ジャングル・クルーズが映画化されるとして、主演がブレンダンだとしたら、地底探検の次はジャングル探検か!と突っ込まれる姿が目に浮かぶデス(笑) しかし、ジャングルを探検するだけで映画になるのかなぁ?それよりディズニーランドにアトラクションとして《ジョージのツリーハウス》とか《ゴムの木》とか置けばいいのに。子供大喜びだと思いますが。

上記は9月の話です。その後映画化の話は進んでいるのかな?Smallvilleとは日本では『ヤングスーパーマン』としてお馴染みの番組のことでしょうか?現在、ハニーのお気に入り度ナンバー1番組 です。ちなみに、私のお気に入り番組は……ナイショ

2007年1月11日 (木)

コルネーリアさんから(12月)

Inkheart (School Softcover)原作者兼プロデューサー、しかも、ブレンダンふぁんであり、ブレンダンのお友達でもあるコルネーリア・フンケさんの公式サイトに、12月の近況報告がアップされていました。やー、うっかりしてましたけど、もう何日も前にアップされていたようです(^^ゞ
(これは、コルネーリアさんが自らサイトを訪れるファンに向けて書いたモノ、
以前の近況報告はこちら⇒8月分9月分10月分11月分パート1

11月のパート2を期待していたんですが、結局パート1だけで終わってしまったみたい。残念。でも、そのぶんInsaさんのリグーリア・レポートがあるからオッケー。フンケ姉妹に感謝<(_ _)>

とはいえ、12月の近況報告には具体的な話はあまりなく、短めです。1月にはロンドンでの撮影を覗きに行かれるそうなので、来月は楽しみかも。

とにかく、コルネーリアさんの近況(12月)報告です↓

続きを読む "コルネーリアさんから(12月)" »

2007年1月10日 (水)

ハム③、監督交渉中?

Newicon

わりと久しぶりのThe Mummy3(ユニバーサルさんは「Mummy言うな~」と言っておられますが、敢えて)ことハムナプトラ③情報。 さすがにハムシリーズだけあって、ウェブが賑わっている感じ。ブレンダンは名前がチョコチョコ登場するだけですが、それでもなんだか嬉しいゾ、と。(^^)

賑わっている内容は、監督がRob Cohenに決まりそう!?というものです。

RobCohen微妙な違いを見せながら、たくさんのサイトでこの↑ニュースを記事にしてくれています が、その情報源は概ね以下の3つ。

たぶん一番早かったのがTMZだと思われます。《特ダネ》って銘打ってるくらいだから、他をすっぱ抜いたということなんでしょね。この3本を以下にザッとまとめてみました。

続きを読む "ハム③、監督交渉中?" »

小ネタ パラダイス17

今年初の小ネタ集を。大きなネタを扱いたいけど、本当に小ネタしか集まらないんだもん。ブレンダンのメディアへの露出も少ないし(T_T)  元気にしてるのかい、ブレンダン?
そんなわけで、本当に極小ネタですよー

  1. Journey3-Dの状況
  2. The Air I Breatheの状況
  3. Simply Halstonの状況
  4. 思いがけない夫と広西の子供たちのこと
  5. クラッシュ訴訟

続きを読む "小ネタ パラダイス17" »

2007年1月 8日 (月)

配線

どうでもいいことですが、長年使ってきたビデオデッキが壊れました。それも、これから観ようと楽しみに録画していた番組のテープを飲み込んだまま……
電気屋さんに訊いたら、メーカー持ち込みの修理になるから今日中は無理と言われ、自分で分解して取り出しました。それから電気屋さんへ走っていって、新しいデッキを買ってきました。デジタルチューナー入りのHDDレコーダーを!

でも、接続や何やらは全部私の仕事(ハニーはそういうことは苦手嫌いなので、嫁まかせ)。夕方から今までかかって、何とか全部終わりました。そんなわけで、今日は全くブレンダン検索が出来ませんでした。パソコンに触ったのも昨夜以来かも。何か美味しいブレンダン情報があったらオセーテ下さいませ。もう疲れたッス(涙)

全部終わったと書きましたが、BSチューナーがデジタルのみだったので、BSアナログの我が家ではBSが全く映りません。BSデジタル用のアンテナを買わねばならないのか、やっぱ……ガックシ

2007年1月 7日 (日)

FAMOUS(ブレンダン編)

ウウッ、願えば叶うものですね。BFFCのScrapperさんに大感謝中でございます(感涙)

本日BFFCを覗いたら、The Main Roomに、Scrapperさんがブレンダンの映像へのリンクを貼ってくれていました。それも2つ!私はどちらも見たことがありませんでしたので、「キャー、動いて、喋るブレンダンだー(^o^)/」とご近所迷惑にならない程度に叫んでしまいました。私と同じで未見の方は、この機会に是非!!!!(でも凄く時間がかかります・涙)

まず一つ目はこれ⇒Brendan Fraser: FAMOUS
日本ではAXNで『ハリウッド・セレブの素顔』という題名で放送されているFAMOUS。弊ブログではマット・デイモン編でお世話になったアノ番組です。やっぱりブレンダン編も作られていたんですね~ウンウン。そりゃハリウッド・セレブですもの(^^)
映像が動き出すまで10分ほど掛かったけれど(うちだけかも)、22分まるまるブレンダンなので、待つ甲斐は十分ある(と思います) 字幕がないので内容はわかりませんが、デビュー当時のブレンダンから2003年頃のブレンダンまで、ブレンダン・カタログとして楽しめます。あと、撮影風景が随所に♪

二つ目はこれ⇒COHEN/FRASER/LEGACY OF SIGMUND FREUD
よく知らないけれど、なんだか硬そうなトーク番組に『ハムナプトラ』のことでご出演らしいです。全部で55分ですが、ブレンダンが登場するのは最初の数秒と、14分頃から28分頃までです。これまた字幕はないけれど、落ち着いたインテリジェンス溢れる(?)ブレンダンが楽しめるかも。ただ声が小さいです……

AXNさん!早く日本でも放送して下さい<(_ _)>
それとも、もう放送済みとか?なら再放送をー

とにかく、Thank you sooooooooooooooooooooo much, Scrapper!!!

2007年1月 6日 (土)

撮影現場、情報その11

Last_time_The Last Timeの撮影現場情報です。
昨年の8月に「その10」を書いた後、このタイトルをすっかり忘れていました。hehe。読み返してみたら、このタイトルで良いネタもあったので、本当はその12か13な気分です(^_^;) しかし、撮影終了後1年4ヶ月以上経っての撮影現場情報って……興味のある人はいるのか疑問。モチロン、私は興味津々でやっております

今回もIMDbのメッセージボードから。
エキストラとして参加していたというm-arnonaさんの書込み↓です。サンクスm-arnonaさん、たとえ1年以上前の話でも美味しいかったデス!

こんにちは!幾人かの人とはこの映画で一緒に働いたに違いないと思っています。僕は、マイケルやBrandonの会社で働くセールスマンとしてエキストラ参加した一人です。連続で9~10日間、場所は主にRandaですが、数日はAlgiersのオフィスビルでした。あの忌々しいカトリーナが街に来なければ、撮影現場でもう2,3日を過ごしたかもしれません。残念だなぁ。ともかく、Brandon Fraiserはいつもジョークを飛ばしているか、私たちを笑わせようと窓に顔を押し付けたりしていました。マイケル・キートンはとても集中していましたが、茶目っ気のあるトコロもありました。この映画を観るのがとても楽しみです。トレイラーがやっと公開されて喜んでいます。 【以下、個人的な話題なので略】

―――IMDb:The Last Timeメッセージボード
"I was an extra in the movie 'The Last Time'"より
注:Brandon Fraiserと表記されていたので、そのまま使いましたヨ

えーと、もしかしたらブレンダンではなく、名前のよく似たブランドン・フレイジャーさんのことかもしれません(ウソ)。他のエキストラさんのお話(その3とか)とも通じるので、我らがブレンダンのことなんでしょうね~ ジョークを飛ばすのはいいけど、顔芸(?)してまでエキストラさんを楽しませるとは。や、やりすぎでは?でも楽しそうなので、機会があればエキストラになりたいものです。ところで、マイケルさんの茶目っ気のあるところも具体的に書いてくれれば、マイケルふぁんも嬉しいのにね。

本当に4月に公開されるのかどうか、まだ半信半疑ですが(涙)、ブレンダン&マイケルさんをはじめ、エレメントフィルムズさん、エキストラさんだけでなくカメラの向こうにいる観客(含む私)も早く楽しませてちょー(^o^)/

2007年1月 5日 (金)

拍手を送るなら

Machikadoほぼ毎日ブレンダン関係の掲示板をウロチョロしているシラ吉です、こんばんは。えーえーヒマ人でさぁな。でも、関西のお正月は、お笑い系のネタ番組がたくさんあって、鑑賞に忙しいんですよ~年末やお正月しかお目にかかれない方もたくさんいらっしゃるしネ(^_-)-☆

そんな中、拍手を送りたくなる書込みがありました(^^) 誰か一緒に拍手を!
てなわけで、その書込みはこちら↓サンクスjanielunaさん(^^)

ハイ、IMDbにお集まりのみなさん!この段階で《真実》について本当に気になっている人がいるかどうかわからないけれど、言わせて下さいネ――私はブレンダンと彼の奥様をよく知っている者です。ブレンダンはお間抜けな役でよく映画に出てきます。でも実際には、誰にも負けないおバカになることも出来るけれど、同時に知的で理路整然とした人でもあります。彼って少しだけ《眠そうな》顔つきだからかなぁ、だけどそんな人ってたくさんいますよね。
他の投稿者の皆さんへ、数年来、彼はいくらか体重が増えたし少し髪が減りましたね。でも率直に言って、ジムで過ごす時間を削って、子供たちと過ごす時間を多くとる男性に私は拍手を送りたいです

―――IMDb:ブレンダン・フレイザーメッセージボード
"Does he have Down's Syndrome?"より
※この書込みは長いスレッドの中にあるので、前後関係等の説明とちょっとした個人的な考えは後ほどに。

janielunaさんは以前に書込みされたことのあるブレンダンのご近所さんで、ご主人の仕事や知人を介してお付き合いのある方なので(たぶん)、本当に素のブレンダンをご存知なのだと思います(羨ましい!) ファン全員(?)が思っていること「役の上でおバカになりきってるけど、素のブレンダンは頭がよくて、紳士的で、優しくて、家族思いなナイスガイ」を、証言していただいた気分。それに、ジムで自分の体を作るより、その時間を子供たちとの時間に回すトコロは、想像通りの良いお父さんじゃないですか!いったん撮影に入ったらなかなか時間がとれそうにないものねー。うんうん、良いお父さんしてくれてて嬉しいゾ。さすがブレンダン!と小さくガッツポーズをとった私でした(^o^)丿

ここからは、この書込みの補足説明と個人的な考えです。字ばっかりで面白くないので、必要ないかたは読み飛ばして下さいませ<(_ _)>
1月7日追記:
上記で紹介した書込みがあったスレッド"Does he have Down's Syndrome?"は、現在IMDbには存在しません。たぶん不適切としてスレッドごと削除されたものと思われます。ブレンふぁんの大先輩ぽわさんがぽわぽわ★ステップで検証してくださっていますので(コチラ)是非そちらを参考に!

続きを読む "拍手を送るなら" »

2007年1月 3日 (水)

ダックマン

年末のBECCへの書込みから、ブレンダンが声の出演をしたアニメ作品Duckmanを見ることが出来ました。ありがとうございます、Caroleさん!!
ちなみに、Duckmanとは1994~1997年に放送されたアニメーション番組で、ブレンダン登場のエピソードは1997年1月4日とのコト(ほぼ10年前)。

そのCaroleさんの書込みはこんな感じ↓

90年代のアニメ『ダックマン』のブレンダンが声優をしているビデオクリップを見つけました、Dammit Hollywood!というタイトルのエピソードです!
彼(ブレンダン)はハリウッドの映画スタジオの社長か何か偉そうな人の役をしています。(そのキャラクターはほんの少しブレンダンに似ているような?笑)
【以下、感想なので略】

―――BECC:Formosa Room"Found this..."より
で、教えていただいたビデオクリップのある場所はコチラ↓
  • Peekvid: CARTOONS
    Duckman 複数エピソードが用意されているので、上から2番目のDammit Hollywoodをポチっと選びましょう(^^)
うちのPCの環境が悪いのかもしれませんが、ダウンロード(?)におそろしく時間がかかりました。15分以上かかったような気がします。本編も20分くらいあるので、視聴される方は、お時間に余裕を持ってドーゾ(^^)

続きを読む "ダックマン" »

2007年1月 1日 (月)

あけました

あけましておめでとうございます。
こんなヘッポコなブログに遊びに来てくださる方、偏りまくる内容にもかかわらずお付き合い下さってありがとうございます。昨年一年間続けてこられたのは、そんな皆様のお陰だと思っております(本気で)。

2006年の私個人を振り返ると、ブレンダンに明け暮れつつ、ナンプレとアトピー犬との戦いの日々でした。秋からはザ・プラン9で楽しむという新項目も加わって、一人勝手に忙しく暮らしています。基本的に忙しく動いているのが好きなので、楽しい一年でした。ブレンダンもよく働いてくれたしね(←何様発言)
逆に楽しくなかった事と言えば、ブレンダンの老舗ファンサイトがいくつも閉鎖されたこと。これも時の流れとしては仕方のないことなんでしょう。それでも新たにブレンダンふぁんになる人もいるわけだから(いますよね?)それはそれでOK!来年はJourney3-DINKHEARTというミニメジャー系の作品の公開も決まっているし、お楽しみはこれからさ!……ってもう来年(2008年)の話をしてるのが哀しい(笑)いやいや、今年だってJourney to the End of the Nightが見られるし(DVDだけど)、もしかしたらThe Last TimeThe Air I Breatheの公開があるかもしれない楽しみな年じゃないですか!(無理矢理…

今年も昨年と変わらない気持ちで、楽しくブレンダンを追っかけ続けられたらいいなぁ。粗忽だったり、暴走したりは控えめにして、少し大人を目指します。出来れば。

というけで?今年もよろしくお願いします<(_ _)>

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

このブログのお約束

  • 時々、例外があるかも…
    コメント、メール、その他ご意見大歓迎
    ネタ提供は 熱烈歓迎
    Aicon331_1にポインタをオンすると、私(シラ吉)の魂の叫びが聞えるかも…
    2009.10.16一部改訂

併設サイト


  • ★BFs2004
      未だに工事中ですが、よろしくお願いします。

  •   更新履歴ブログ  
        併設サイトの更新お知らせブログ

ふぁーりーヴェンジャンス

  • プレミア
    2010年4月公開(米国)の映画『Furry Vengeance』の関連画像集

ついて行きます!

  • Micharan Voice
    ブレンダンおっかけ同盟の第一人者MicharaさんのステキなBLOG
  • ぽわぽわ★ステップ
    ブレンダン好き好き同盟の第一人者ぽわさんのステキなBLOG
  • 月影の舞
    すごい量の映画レビュー&映画関連本が盛りだくさんなBLOG

旬のリンク

ためになるサイト

ワンコと一緒

  • お疲れ様でした。
    2000年9月から一緒に暮らしている豆柴(アトピー犬) 一緒に散歩できる幸せがいつまでも続きますように…
無料ブログはココログ

ハニーが読んだ本


  • 星を継ぐもの (創元SF文庫)

    月の洞窟で宇宙服を着た人間の遺体が見つかる。しかしそれはなんと5万年前のもの!宇宙開発に乗り出したばかりの人類がこの謎を解明していくSFの金字塔。謎の解明が実にスマート。最後の1行を読めば、人類と月の起源ってこの作品の通りだったと思えてしまうはずです。