2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月の記事

2007年6月30日 (土)

コルネーリアさんから(4、5、6月)

Inkheart (School Softcover)原作者兼プロデューサー、しかも、ブレンダンふぁんであり、ブレンダンのお友達でもあるコルネーリア・フンケさんの公式サイトに、2007年4~6月分の近況報告がまとめてアップされました。
(これは、コルネーリアさんが自らサイトを訪れるファンに向けて書いたモノで、以前の近況報告はこちら⇒8月分9月分10月分11月分パート112月分2007年1月分3月分

ずいぶん近況報告がないな~、お忙しいんだな~と思っていたら、結局3ヶ月分がまとめて報告。しかも、ちょっぴり哀しいお知らせつき……

というわけで、コルネーリアさんの近況(4~6月)報告です↓

続きを読む "コルネーリアさんから(4、5、6月)" »

2007年6月29日 (金)

宮殿で撮影

レジェンド・オブ・ハムナプトラ DVD-BOX来月末から、カナダのモントリオールで撮影が始まるハムナプトラ3/The Mummy 3Curse of the Dragon)。中国本土での撮影もあるそうですが、その撮影場所やスタジオについてのお話です。

ソースは、ミシェル・ヨーさんのファンサイトMichelle Yeoh Web Theatre様です。自分でも検索してみたものの、中国のサイトは重くて、言葉もわからなくてお手上げ状態。Michelle Yeoh Web Theatre様には足を向けて寝られませんことよ。ありがたや、ありがたや…

Michelle Yeoh Web Theatre様の6月28日付け情報によると――

★今月半ば頃、ユニバーサルから40人強(監督、美術監督、撮影監督、プロデューサー等)がHengdian World Studios*1を訪れた。

★Jinhua Newsによると、ユニバーサルはEmperor Qin Palace[以下パレス]をロケ地の1つに決定した。[パレス内の]West Side HallやCentral Palace GateやQin-Han Streetなどが主な撮影場所になる。
Central Palace Gateには、映画のストーリーにあうように装飾が施されるコトになる。

★同Jinhua Newsによると、パレスでの撮影は10月末か11月初め。セットの装飾は撮影の45日前から始まる。

★Emperor Qin Palaceは、1997年にチェン・カイコーの『始皇帝暗殺』撮影のため建設され、その後多くの映画やテレビ番組の撮影に使われている(チャン・イーモウの『英雄―HERO―』や『プロミス』等)。

*1......浙江省桂林にあるスタジオ。
*2......テーマパークのようになっているらしいです

Emperor Qin Palaceは秦の始皇帝の宮殿をモチーフに、現在はテーマパークとしても運営されているそうです(ココ)。『世界ふしぎ発見!』でも取材されていたらしい(ココ)。そういえば、『始皇帝暗殺』で見覚えのある風景でした。紫禁城で撮影したのかと思ったら、わざわざ作っていたのネ。で、でかい……

というわけで、11月頃に西安方面へ旅行すれば、もしかしたらブレンダンに会えるかも!というお話でした(ウソ)

2007年6月27日 (水)

試写?

Inkheart (School Softcover)わりと久しぶりですに映画INKHEARTの話。

なんと、試写(完成版なのか、footageなのかは不明)がどこかで行なわれたらしいです!
(聞くところによると、映画って一般公開されるまでに試写を繰り返し、その時の観客の反応で編集を加えていくらしいけど、それ?)

うーん、何処で?いつ?(たぶん「英国で」「最近」なのでは?と推測)
IMDbのINKHEARTのメッセージボードにこんな↓書込みが――(サンクス、thewirerulesさん!)

この間、『INKHEART』の試写がありました*1。13歳の子供から、上は50歳の大人で構成された大勢の観客と一緒に見ました。じゅうぶん2秒間ほど続く拍手も起こりました。それほど多くはなかったけれど、[観客の]半分は自分達の見たモノを明らかに気に入っていました。視覚効果はかなりの完成度で、本当に素晴らしかったです。特に闇[Shadow]が。ストーリーは多少抑え気味で、もう少し大作映画風か壮大にすれば良いのに…、でもフィナーレには目を見張りました*2誰か質問があれば、お答えしますよ

―――IMDb:Inkheartメッセージボード"Inkheart screening"(以下に変更)
"Saw 'Inkheart' at a test screening"より
*1......they tested "Inkheart"
*2......finale was eye-poppin'

いいなぁ~、13歳~50歳なら私もOKなんですけどねぇ。日本で試写する時は是非呼んで下さい!(と、テキトーに叫んでみる)
ま、誰でも何でも書込めるメッセージボードですので、必ずしも事実とは限りません。でも、私の個人的な感じでは、本当に試写があって、thewirerulesさんはその試写に参加されたように思います。

ところで、thewirerulesさんが質問に答えてくれるそうなので、何か聞いてみたい方いますか?直接聞いてみたいけどIMDbのアカウントを持っていない方、スレッド探すの面倒臭いとか、英語はちょっと…という方がいたら、変わりに質問してきますので、質問内容を、ブログのコメント欄か、直接メールでご連絡下さい(弊ブログの左上にある《メール送信》をポチ)。ブレンダンふぁん以外の方もご遠慮なくねー(^_-)-☆
答えてくれるかどうかは判りませんが(苦笑)。

続きを読む "試写?" »

2007年6月26日 (火)

ナイ、ナイ話

パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト オリジナル・サウンドトラック少し前に海外サイトでもチョットだけ話題になったお話。

でも、個人的には……
絶対ない!あるわけないジャン!と思っている話です。
「じゃあ、ブログに書くなよ」(←自らツッコミを入れてごまかしてます・笑)

その絶対になさそうな話とは……

カリブの海賊映画(パイ○ーツオ○カ○ビアン)4作目はブレンダン主演!と言う話。
しかも、監督はスコセッシって……

私が言ってるんじゃないですよ~(汗)
以下↓のサイト(たぶん個人のブログ)に書いてあったんですよ~
verylittleknownfacts.blogspot.com/2007/06/thats-fact-jack-and-jeff.html(http://以下)
ちょいと面白い『4』のポスターがあります。

「ほとんど知られていない事実(Very Little Known Facts)」というタイトル通り、トリビア的な話題をまとめているサイト。6月13日の最後の話題がこれ↓ 

先日のスペインのCan film festivalで転がっていたウワサによると、マーティン・スコセッシがパ○レー○オブ○リビアンの「指揮」をとるそうだ。業界関係者は、この4作目は世界で最も愛されている俳優の1人ブレンダン・フレイザーが出演し、「high concept[ハイ・コンセプト?]」なものになるだろう、とほのめかした。
やや逞しさに欠けるオリジナル俳優のジョニー・デ○プRichard Greicoに変わって、ブレンはジャック・○パロウ船長役だけでなく、双子の兄弟ジェフの役も演じるだろう。Good luck!

※一部省略しています
※検索に引っかからないよう伏字多用中(^_^;)

実は1作目しか見てないので、船長以外は誰が誰だかわかりません。ここに書かれている人物が本当に『2』や『3』に登場しているのかも判らない私です。スイマセン(-_-;)
そんな私でも「えースコッセシが、ハァ?」と小首を傾げました。『ディパーテッド』でもイヤイヤ監督を引き受けたスコッセシ氏が、もうすっかり出来上がってる作品を撮るなんて考えられなーい。それに、オリジナルのあの方がヤル気満々らしいし(コチラ)……絶対ない!話ですよね?たぶん、笑えるウワサ話として取り上げられたのでは?フック船長

ということで、ブレンダンには別の船長役で登場していただきましょう、ピーター・パンに出てくるフック船長とか希望♪
出来れば、しゃくれてないフック船長でお願いします(笑)

2007年6月25日 (月)

ハナさんが語った

レジェンド・オブ・ハムナプトラ DVD-BOX以前、脚本のAlfred Goughさんが「ブレンダン・フレイザーとジェット・リー、Luke Fordそれにジョン・ハナが出演する」と言ったトカで、本当だったらいいのになぁ~と期待半分でブログに書きました(「ハナさんカムバック?」)。

ふふふ、どうやら事実らしいですよ、奥さん!
英国のテレビ番組内で自ら発言されたそうです。ありがとー兄ちゃん!

インタビュー内容は、こちらの記事↓で確認できます(注目は最後の質問)
Interview with John Hannah(ITV.com)
その部分だけ抜粋すると――

Johnhannah 次は何ですか?次回作は何?の意味]

[現在]スコットランドで短編映画を撮っているトコロなんだ。今年の後半は、新たなMummy映画があって、違ったモノになるだろうし、凄く楽しみなんだ。

「今年の後半(Later in the year)」ってのが気になりますが……スケジュールの問題?
ともかく、兄ちゃんもカムバックするとのことなので、きっとブレンダンも喜んでいるコトでしょう。
3月19日版プロットでは、けっこう面白く活躍しそうなジョナサン役。ジョン・ハナさんが演じてくれれば、万々歳です。キャッホー(^o^)丿

IMDbのメッセージボード上では私は見ません!」宣言や「クソ映画になるに違いない」とか否定的な書込みが多い中、久しぶりに嬉しいニュースでした。

2007年6月24日 (日)

持つべきものは…

万能電気工具ツースキット60点セット BFFCから拾って来ました。
※BFFCとは、米国のブレンダン・フレイザーのファンサイト。BECCと並んで各国のブレンダンふぁんが集う。現在も活動中のありがた~いサイトです……って周知の事実?

先日「フレイザーは、ニュージャージ州北部のTewksbury郡の、牧場風の2階建ての家に住んでいる。」という話がありました(「ウィキねた」)が、この話について、さらに確からしい情報がBFFCの常連さんから。サンクス、Stormyさん(^o^)丿

こんな内容↓(抜粋です)

……ブレンダンが東海岸に家を持っているコトは確かです。私の息子は電気技師なのですが、しばらく前にブレンダンの家の外側の故障を修理しに行くコトになりました。会社の名前も、ブレンダンが住んでいる所も、息子がしたこと(とっても、プライバシーの問題だから!)も、話すことは出来ませんが、ブレンダンがそこに家を持っているコトは確かです。彼[息子]はブレンダンや他の誰とも会っていません。ですが、[息子さんの会社に]電話が掛かってきて、彼[息子]が出張故障修理に選ばれた、そしてその家はブレンダンの家だったのです。

―――BFFC:The Main Board
"So did Brendan move to New Jersey?"より

う~む、持つべきものは電気技師の息子ですな(笑) 
Stormyさんはシアトル(太平洋側のワシントン州)にお住まいなので、きっと東海岸(大西洋側)で働く息子さんが「ママ!今日、僕が修理に行ったのは誰の家だと思う?ヘヘヘ」と電話してくれたんだろうな~いいなぁ~そんな電話掛かってこないかなぁ~(こない)

この後さらに書込みされていて、

お知らせ:ブレンダンが住んでいるのが東海岸の何処なのかは、言っていません
――私の息子が仕事をしているニューヨークに近い場所です。ニュージャージかもしれないし、コネチカットかその他かも。

だそうです。

ハリウッドスターだから家がアチコチにあるのも、わりと普通なのかも(^^)
ニューヨークチーズケーキそれに、家があるからと言ってそこにブレンダンが常時いるわけではない(撮影で長期留守トカ)けれど、ニューヨークには行ってみたいシラ吉です。ニューヨークの地元の味《ホットドッグ》は本当に美味いのか?《ニューヨーク・チーズケーキ》って普通の特産チーズケーキなの?と、色々と調べねば(食べ物ばかり…)

2007年6月23日 (土)

公開予定日は…?

TAIB_inferno_2TAIB_inferno

5月末に「ワーイ、どうやらThe Air I Breatheの北米での配給会社が決まった」と喜んだThe Air I Breathe劇場公開されるコト決定だから)。 IMDbによると、複数国の配給会社が配給権を買っているようです。日本はまだみたいだけど……日本の配給会社さん、早く~
後、気になるのは、「公開日がいつか」と「予告編」と「プロモ活動があるのか(そしてブレンダンは参加するのか?)」

この中で一番気になる「公開日はいつか」について、IMDbのメッセージボードに以下の書込みがありました。サンクス、TorontoFilmSchoolBoiさん!

(トロントにあるThinkFilm*1のオフィスでインターンをしている友人から聞いた話として)プロデューサーの1人と話したところ、Tribeca*2の後作品を買い付けた、10月~12月のどこかで公開するつもりだ、と彼女(プロデューサー)が言いました。そのオフィスには作品のリストがあって、予定日が載っていて、「The Air I Breathe - 07秋/冬」と書かれています。
【以下略……ThinkFilmはアカデミー賞レースへの参加を目論んでいるのではないか、と推測しておられます】

―――IMDb:The Air I Breatheのメッセージボード
"Fall/Winter 2007 release!!"より
*1......配給会社。米国での配給権を持っている。公式サイトはコチラ
*2......Tribeca映画祭(原文ではTrebeccaと書かれていますが、たぶんTribecaだと思うので…)

「友達が―」という話なので、どこまで事実なのか判りません。本当だったらいいのになぁ~と思っていたら……
すぐにLarry-411さん(弊ブログでもよく登場するプロのライターさん)が、こんな↓レスを付けられました。お~楽しみな内容です(^^)

1ヵ月ほど前にThinkFilmがこの映画を買った後、情報元(sources)が、(ThinkFilmは)アカデミー賞に間に合うよう年末までに公開させたいと思っていると話しました。契約にサインする前なのに、本当にその予定だと言われました。ちょうど昨日、この作品と非常に係わりの深い人と話をしたのですが、もう間もなく公開日を書込めるだろうと約束します。

―――IMDb:The Air I Breatheのメッセージボード
"Fall/Winter 2007 release!!"より

先のTorontoFilmSchoolBoiさんの書込みを、Larry-411さんが補足&補強してくれた感じです。Larryさんのことだから、かなり信頼度は高いと思いますけど、どう?
「非常に係わりの深い人(someone very very very close to the film)」とは、Lee監督か?ボブさんか?もしかしてブレンダン?(←これはウソ)

アカデミー賞レースに加われるかどうかは置いといて……年内に公開されるなら、予告編やプロモ活動も年内。「もう間もなく(very soon)」が楽しみデス!

2007年6月22日 (金)

よろしくお願いします

フフフ、やっぱり1週間では片付けられなかったシラ吉です。こんばんは……orz

1週間もお休みしたら、もう誰も遊びに来てくれないかなーと思っていたんですが、日々チェックして下さった方が何人かいらっしゃる様で、本当に感謝感激です!こ~んなに内容が偏っていて、読み難いブログなのに、待っていて頂けたのかなぁ、嬉しいなぁ、と大阪の片隅でシミジミしています。いや、ホント。

復活しましたので、これからまたよろしくお願いします<(_ _)>

以下、ブログをお休みしていた理由をグダグダ書いております。「なんじゃそりゃ?」な理由なので、恥ずかしいッス(>_<) なので、興味のある方で、時間の許す方は読んでって下さいませ。1週間だからといって、○リーさんのブートキャ○プにチャレンジしていたのではありませんヨ(笑)

続きを読む "よろしくお願いします" »

2007年6月19日 (火)

初?スクリーンショット

ご無沙汰しています!私的な用事がまだ片付いていないのに、ちょっとだけ騒ぎたくて、戻ってきてしまったシラ吉です。こんばんは~(^^ゞ
やー、1週間で「片付ける!」と言ったけど、ちょっと先行き不安な感じです……が、頑張るぞー(超小さい声で)おー!

J3D LOGOで、どうしても騒ぎたかったのは、来年8月に公開予定(日本でも早めにお願いします!)のJourney3-D(又は「地底探検」、Journey to the Center of the Earth)のコト!小さな、小さなスクリーンショットではありますが(しかも、たった1枚)、見るコトが出来ました!

こちらの記事に添えられた、小さな画像がソレです(笑)
Heavy hitters bet big on 3-D(Variety.com)
ちゃんと読む時間がとれてないのですが、記事は、3-D映画について書かれているようです。不確かでスイマセン。とりあえず、画像で騒ぎたかったので……

貼ってみました↓
Journey3-D 01
キャ~、トレバー(Journey3-Dでのブレンダンの役名)カッコイイ~
Josh君(中)、カワイイ&小さ~い(現在はもっと大人っぽい)
Anitaさん(右)、意外と大きいの?

アクションアドベンチャーぽい感じ!……とは言え、画像は小さいし、背景は暗いし(地底探検だから仕方ない・笑)、正直よく判らないんですが(^_^;)

これから、スクリーンショットやメイキング画像がドーッと出てくると嬉しいなぁ~

(そしてまた走り去る、バタバタバタバタ)

2007年6月13日 (水)

忘れないでね~♪

こんなブログでも遊びに来てくださっている方へ(いる?いたら嬉しいなぁ)

私的な事で忙しく、ブログを書いている余裕が、時間的にも心理的にもありません。

たぶん、1週間ほどで片付くと思います。いや、片付ける!

そんなわけで、1週間ほど休みます(予定)

お詫びの気持ちとして、わりとレアな画像を。『口づけはタンゴのあとで』の北米版DVDの字幕選択画面です。

MWw_Subtitles
日本でもDVD出してくれればいいのにー
という表情のビル坊ちゃま(^^)

片付きしだい戻ってきます。その時までにブレンダンの大きなニュース(画像でも可)があるといいなぁ~

では!(バタバタバタと走り去る)

2007年6月10日 (日)

未定らしいです

Newicon昨日の「ウィキ(ペディア)ねた」で、忘れていたので、追加です。カテゴリーが違うから、ちょうど良かったかも(と、自分を励ます)。

米国版ウィキペディアのブレンダンのページ(ココ)にある【Filmography】中のStellaという作品について。
以前、弊ブログでも「もしかしたら、ブレンダンの新作かも?」と紹介したことがあります(ココ)。BollywoodスターのVidaya Balanさん演じる「イカれた(wacky)ナニーのドタバタコメディ」映画だトカ。

このStellaについて、4月初め頃に続報がありました。(忘れてたんじゃないよー、小ネタパラダイス向けだな~と思って仕舞っておいたんです……と必死のいいわけ)。

その続報とは、こちら↓
Making a good living(The Star Online)
Stellaに出演予定のBollywoodスターのMadhavanさんが、色々な質問に答えた記事。
その中に、こんな話が――

RMadhavan Madhavanは、合衆国で、《機密性の高い》契約(縛りの多い契約の意味か?)のハリウッド映画に取り組んでいるトコロであると話した。その映画は8月中に始まるそうだ。

Deepa Mehtaの映画にも出るつもりだよ」、と彼は明かした。その映画はStellaで、ブレンダン・フレイザーVidya Balanも出演すると言われている。しかしながら、Madhavanは、出演者や脚本について、まだ何も確約はもらっていないことを認めた

これを読んだ時点で、Stellaの話は「ハイ、消えた~」と思った私。Bitter SeaSingularityみたいに引っ張るだけ引っ張って消えていく、と予想したのですが……もしかしたら復活するかもしれないSingularityの話もあったし(ココ)、案外あなどれないのかも。密かに注目しておこう(^^)

……昨日、ウィキペディアを見るまで忘れてたコトはナイショで(^_-)-☆

2007年6月 9日 (土)

ウィキねた

Wikipedia(ウィキペディア)完全活用ガイドBFFCに「Wikipediaにブレンダンがニュージャージ州に住んでいると書かれています云々」(by Scrapperさん)という書込みが!

早速、米国版Wikipediaのブレンダンのページ(ココ)へ飛んでみたところ、他の話題も気になったので、まとめてみることにしました。
ちなみに、日本版Wikipediaのブレンダンのページはコチラ(以前弊ブログにも遊びに来ていただいたことのあるStaplerさんがブレンダン情報をまとめておられるご様子。ありがたいことです、感謝)。

気になる話題があるのは主に【Personal life】の内容でした。

続きを読む "ウィキねた" »

2007年6月 7日 (木)

英国のあの子

Mr_1 『ハムナプトラ2/黄金のピラミッド』で一番好きなシーンが、この伯父&甥のW「ギャー」なシラ吉です。こんばんは(ブレンダンは別格ということで…)

IMDbから少し前に拾った真偽はわからないけど、ちょっと良い話をご紹介。

ブレンダン=ええ人伝説の補強になるかも?な話はこれ↓(サンクス!hulabazoo82さん)

数年前、『ハムナプトラ2』の英国人の子供に会いました……僕らはどちらも13歳くらいで、休暇中のある場所で……とにかく、ブレンダンがとても立派な人物であること、そして今でも連絡を取り合っていることを、彼は話していました。それで思ったのは、ブレンダンが今でもその子と連絡を取ってるなら、本当にステキだなってこと*1

―――IMDb:ブレンダン・フレイザーのメッセージボード
"Photo of  BALD Brendan Fraser Without his WIG!"より
*1......訳に自信なし、たぶんこんな意味かと(^_^;) 原文はこれ↓
       stuff which I thought was really nice that Brendan still talks to the kid

『ハムナプトラ2/黄金のピラミッド』に出演している英国人の子供ってフレディ・ボース君?他に子供は出てなかったと思うのですが……ということで、勝手にフレディ君に決定。現在15、6歳になっているのかな?IMDbではハム②以降の作品がないので、俳優業は辞めたのか、お休み中なのかは判りませんが、とりあえず元気でヨカッタ(^^)

ブレンダンとフレディ君は今でも親交があるのかな~
あるとしたら、ハムナプトラ3について、ブレンダンと話したりしたのかな~
今の姿はどんなかな~
「かな~」ばかりだな~

何にせよ、ブレンダンをナイスガイと思ってくれていてアリガトー(←関係ないオバチャンの叫び)と、勝手に喜んでいる私♪

2007年6月 6日 (水)

2007/04/29のコト 5

TAIBポスターTribeca?

TAIB_inferno2007年4月29日のThe Air I Breatheのプレミア上映について、取材したプレスによる記事や、映画を観た一般の方々によるブログやIMDbへの書込み等からゲットしたレビューやネタバレ・こぼれ話の中から、私の好みで面白かったモノを、少しづつまとめていく企画のPart5です(Part1はコチラ、Part2はコチラ、Part3はコチラ、Part4はコチラ)。本当にどうでもいいコトもかなり含んでいますので、要注意(爆)
でも、ネタバレはありませんので、ご安心を(^^)

一応、当日の出来事の流れはこう↓です(復習しませう)

レッドカーペットにスタッフ&キャスト登場

プレスによる撮影やインタビュー

The Air I Breathe上映

スタッフ&キャストによるQ&A

関係者でアフターパーティ

本日は、スタッフ側から見た2007年4月29日と、アフターパーティの様子をまとめてみました。

続きを読む "2007/04/29のコト 5" »

2007年6月 3日 (日)

バタバタしまくり

今日は朝からバタバタバタバタバタバタバタバタバタバタバタババタバタバタバタバタバタタバタバタバタバタバタバタバタバタバタバタバタバタバタバタバタバタバタバタしておりました。想定内の用事&仕事と想定外の出動命令(←大袈裟)などで、ヘバッております、だって人並みはずれて体力ないんだもん(T_T)シクシク
まだ、犬の散歩と、風呂嫌いの犬を洗うという犬との戦いが残ってるかと思うと、疲れ倍増ッス♪

そんなわけで(?)、今日は短めに、紹介したいモノをサクサクっと2つご紹介。もう知っている人は知っている内容ですけど(^_^;)

まずは、SNL(サタデーナイトライブ←米国の有名なバラエティショー)で、ブSNL CharlieBrownレンダンがチャーリー・ブラウンを演じるコントが見られて、しかも動画をゲット出来るサイトを発見!こちらです↓
VIDEO SNL - You're A Champion, Charlie Brown(Common Sense)
画像または《Watch Video HERE》をクリックすると視聴可。右クリックして《対象をファイルに保存》でゲット可。 
スヌーピーの登場人物たちが最初はマンガぽいのに、チャーリーの一大事に、人間らしくなるトコが笑うポイントだと思いますが、どう?
それにしても、チャーリーがブレンダンだと判るのは、《体の大きさ》と《声》のお蔭。それがなかったら……チャーリーにしか見えん(笑)

2つ目も動くブレンダンです。
TAIB_inferno_2こちら↓で、ファン製作のThe Air I Breatheのベスト集が見られます。
Best of TAIB(YouTube)
本編やメイキングから集めた映像を編集して音楽をつけた1分半ほどの動画です。
ファン製作だけど、なんだか雰囲気があって良いです。ブレンダンはちょっとしか出てきませんが、渋くて、ウシシシです(爆)
私はYouTubeに登録してないのでコメント出来ないのですが、誰か登録されている方がいたら「good job!」とお伝え下さいまし。

2007年6月 2日 (土)

昨日の続き

Inkheart (School Softcover)昨日、凄く短くまとめた記事↓
Brendan Fraser Reads For 'Inkheart,' Admires Legacy Of 'Encino Man'(MTV Movies Blog)
これは、ブレンダンがMTV Newsのインタビューに応えたモノをまとめた記事だそうですが、前半と後半で話の焦点が変わっています。INKHEARTで出発したけど、着地点は何故か『原始のマン』。
ちょっと面白かったので、ご紹介(^^)

まず、前半部のINKHEARTの話。

【「マリア・ベロがキャスティングされたことでフレイザーのハムナプトラシリーズが話題になっているが、彼の次回作(INKHEART)はもっと面白いかもしれませんよ~」とさりげなく(?)INKHEARTを盛り上げる文章から始まり、そのINKHEARTの内容を紹介。】

素晴らしい才能であると同時に呪われた能力でもあるんだ」フレイザーはMTVニュースに彼が演じるキャラクターの能力について話した。「(その能力のために)彼の妻は消えてしまい、悪者が本の世界から現れる。(娘が)母を取り戻すため中世的な世界を冒険する。
目を引く出演者たち――ヘレン・ミレンポール・ベタニーSienna Guillory――の中で、フレイザーがことのほか喜んだ共演者がいる。それは『ロード・オブ・ザ・リング』でゴラムに命を与えた人物である。「アンディ・サーキスは最高だよ」フレイザーは熱く語った。「彼は本物だ(He's got chops)。一緒に仕事が出来るなんてスゴイよ

【『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズのような凄いCGを観客は期待できる、ということで――】
ファンタスティックなクリーチャーがいるよ」とフレイザーが明かした。

これを、凄く簡単にまとめるて「アンディ・サーキスと仕事が出来て素晴らしかった」て、なると思うのですが、ダメ?
ところで、「ファンタスティックなクリーチャー」とは?creaturesと複数形なので、ワサワサ出てくるのかも。

と、ここまでがINKHEARTの話。この直後、話が別の方向へ…

特殊効果と言えば、デビュー当時の役――1992年の作品『原始のマン』(Encino Man)での原始人リンク役――を、彼は思い起こした。

「ティーン向け映画の隙間ジャンルがちょうど終わる時代だった」と、ショーン・アスティンポーリー・ショアと共演したCGI皆無映画(原始のマン)を語るフレイザー。「俳優と、カメラと、リスを頭に貼り付けた僕だけだった。やー楽しかったな、本当に。その後、CGIの時代の先駆けとなったんだ。面白いよね……本当のコトだよ」

で、最後の一文は「INKHEARTを楽しみしてますか?フレイザーや私が考えるように『原始のマン』は本当に歴史的な作品でしょうか?フォーラムにご意見をドーゾ」だって。

Encinoman_linkリンクの髪型がリスみたいだったことに異存はありません(笑)が、『原始のマン』がCGI全盛期への先駆け的作品だったとは……知らなんだ。特にCGが使われていた記憶もないし、「この作品がキッカケを与えることになった!」なんて聞いたことないけどなぁ。
う~む、勉強不足は認めるけど、「ホントか?」と首を傾けずにはいられないシラ吉でした。

同意できなくてスマン、ブレンダン。
というわけで、今夜は『原始のマン』を久しぶりにチェックだな(口実が出来たので)。

2007年6月 1日 (金)

ドイツ発

Inkheart (School Softcover)ポール・ベタニーふぁん様、ありがとー\(^o^)/
ただ今、感謝の踊りを舞っている最中のシラ吉でございます。タリラリ~♪

踊っている理由は、映画INKHEARTのワンシーンの画像(今まで見たコトがないシーン)を見せていただいたから。
エリノアヘレン・ミレン)とホコリ指ポール・ベタニー)とメギーEliza Bennett)とモーブレンダン・フレイザー)が一緒にいて、なんだかとっても緊迫してそうな画面。ブレンダンもベタニー様もミレンさんも、ベリーナイスな表情です(^^)b

この画像(ドイツの雑誌に掲載されたモノ)を提供してくださったのが、海外のポール・ベタニーふぁんサイト PaulBettany.net 様。
2007年5月31日の《Click here》をクリック!ページが変わったら、画像をクリック。すると雑誌の1ページが大きく登場!(感謝)

※PaulBettany.net様は、ベタニー様情報満載、マメな更新、ファンによるフォーラムでの会話も心地良いサイトです。きっと日本からもベタニー様ファンが通っているに違いない……と書いている私もINKHEART情報が欲しくて辿りついて以来、お世話になっているサイトです。隠れ(?)ファンだったりするし(^^ゞ

ファンのお1人が、ドイツの雑誌に掲載されていたINKHEART情報をページごとスキャン&英訳して、サイトの管理人さんに届けてくれたようです。
その英訳によると――
  • ブレンダンのソフトな声なしには、小説『魔法の声』は生まれなかった。
  • INKHEARTは、ナルニア(『ナルニア国物語』)とホグワーツ(ハりー・ポッターシリーズ)の中間のファンタジー映画
  • ロンドンのシェパートンスタジオでの休憩中にフレイザーが話した、「家でも2人の息子に本を読むけど、何も(本から)飛び出してこないよ。僕と本だけさ。
    だが、ブレイザーは1人ではない。エリノア役のヘレン・ミレンとグィン役のテンが彼の傍らに立っていた。
  • プロデュースは原作者のコルネーリア・フンケ自身。監督のIain Softleyについて、これ以上の監督はない、彼のThe wings of the Doveはお気に入りの作品で、小説からの映画化作品では最高の映画だと、フンケは思っている。
  • イタリア、スイス、ロンドンで撮影。800もの衣装が作られた。廃墟の村を作るためにイタリアの石がロンドンへ運ばれた。
  • 劇場公開は2008年4月
2008年4月公開は《ドイツ》での話かと……日本でも夏か秋には公開になりますように(祈)

スキャン画像の左下端に、腕組みをしたコルネーリア・フンケさんがいます。本編からの画像といい、いかにもプロデューサーな(笑)フンケさんの画像といい、ファンにはお宝画像ですよね~ フンケさんの故国ドイツだから?あードイツに友達が欲しいッス(←私利私欲まみれの発言)

INKHEART関連でもう1つ。
こちら↓でブレンダンが、INKHEATのことを少し語っております。
Brendan Fraser Reads For 'Inkheart,' Admires Legacy Of 'Encino Man'(MTV Movies Blog)原始のマン
MTV Newsに対して語ったのだトカ(いつの間にインタビューしたの?)。凄く簡単にまとめると「アンディ・サーキスと仕事が出来て素晴らしかった」そうです。記事の後半では、『原始のマン』のコトを語るブレンダン……カテゴリーがINKHEARTからはみ出すので、この話は後日に(予定)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

このブログのお約束

  • 時々、例外があるかも…
    コメント、メール、その他ご意見大歓迎
    ネタ提供は 熱烈歓迎
    Aicon331_1にポインタをオンすると、私(シラ吉)の魂の叫びが聞えるかも…
    2009.10.16一部改訂

併設サイト


  • ★BFs2004
      未だに工事中ですが、よろしくお願いします。

  •   更新履歴ブログ  
        併設サイトの更新お知らせブログ

ふぁーりーヴェンジャンス

  • プレミア
    2010年4月公開(米国)の映画『Furry Vengeance』の関連画像集

ついて行きます!

  • Micharan Voice
    ブレンダンおっかけ同盟の第一人者MicharaさんのステキなBLOG
  • ぽわぽわ★ステップ
    ブレンダン好き好き同盟の第一人者ぽわさんのステキなBLOG
  • 月影の舞
    すごい量の映画レビュー&映画関連本が盛りだくさんなBLOG

旬のリンク

ためになるサイト

ワンコと一緒

  • お疲れ様でした。
    2000年9月から一緒に暮らしている豆柴(アトピー犬) 一緒に散歩できる幸せがいつまでも続きますように…
無料ブログはココログ

ハニーが読んだ本


  • 星を継ぐもの (創元SF文庫)

    月の洞窟で宇宙服を着た人間の遺体が見つかる。しかしそれはなんと5万年前のもの!宇宙開発に乗り出したばかりの人類がこの謎を解明していくSFの金字塔。謎の解明が実にスマート。最後の1行を読めば、人類と月の起源ってこの作品の通りだったと思えてしまうはずです。