2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月の記事

2009年4月27日 (月)

新ブログ

ご無沙汰しておりました!でも、サボっていたわけではなくて、こーゆーモノを作っておりました。
こーゆーモノとは……ブレンダンが現在撮影中の『Crowley(仮)』(←タイトルがまだ未定)情報を集めたブログです。タイトルは『Crowley(仮)にゅーす』としました。

Crowley(仮)の製作発表以降、いつものようにキャスト情報やロケ地情報などを収集していました。で、その情報はいづれ併設サイトに『Crowley(仮)』ページを作って整理するつもりでしたが、John Crowley氏の事を知って、ブレンダン&映画を篤く応援したい!と思い方針変更。少しでも早く情報がアップ出来るようにブログという形にしました(最終的には併設サイトにまとめる予定ですけど…)。Crowley関連情報を、ネタの大小や真偽は問わないで、ブログに放り込んでいきます。感想等は、あいかわらずこのword-of-mouthで騒ぎますので、こちらもヨロシクお願いします。

とはいえ、まだ情報にブログが追いついていません(涙)ブログ形式だと早くできると思ったのに、迷う自分の性格が憎いッス。
そんなわけなので、とりあえず撮影の様子を遠くから収めた動画をドーゾ。「何のシーンなの?そんなに急いで何を買いたいの?あ、タイムサービス中ですか?あっちで?」と思う楽しい動画です(ウソ)

Crowley以外のブレンダン作品はすべて応援中ですよ、モチロン♪

Crowley以外で騒ぎたいコトもあるのに、併設サイトがいつまでたっても未完成のままなのに、新しいブログを始めてしまった愚か者です。3つのサイト(word-of-mouth併設サイトCrowley(仮)ニュース)をちゃんと運営していけるのか(いや既に出来てないけど)不安です。これも《ブレンダン愛》だと自分を誤魔化してますけど、どう?

2009年4月16日 (木)

もしかして~

昨年8月に叫んだ時には、勝手に私1人が叫んでいるだけで、世間(特に映画界)は誰も期待していないコトだと思っていましたが(その叫びはコチラ)、もしかしたら「ないこともない」かもしれないゾと、ニヤリとさせてくれた記事がありました。

それはこれ↓
Chris Pine Pursues 'The A-Team' Role(ACEShowbiz.com)
もうすぐ日本でも公開になるスタトレ映画第11作『スター・トレック』(日本公式サイトはコチラ)でカークを演じているクリス・パインさんが、次は映画『Aチーム』への出演を希望しているという内容。ハンサムな彼なのでフェイス役希望かと思ったら、クレイジー・モンキー役希望だそうです。

この記事の中にブレンダンの名前が登場。そこだけ抜粋してみると――

Jack Black, Owen Wilson, Brendan Fraser and Tyrese Gibson are some of the actors linked to the project.

このプロジェクト(映画『Aチーム』)にリンク(関係している?)俳優の1人にブレンダンの名前が!!!
や~全然知りませんでした、そんな話があるとは……まぁ、今のところはウワサ程度の話だと思いますけど。それでも、可能性があると思えば嬉しい♪
でも、上記文章の直後に――

"The A-Team" which will use the original idea of the series may begin its production sometime in June this year for a June 11, 2010 release.

超訳:
映画『Aチーム』の製作は、[来年6月11日の公開予定だから]この6月中には始まるかも。

とあります。
ん?6月だと、ブレンダンはまだ『Crowley(仮)』の撮影があるかも。
ということは……『Aチーム』出演は難しい?

いやいや、それでも結果が出る(=配役が決定・発表)までは、密かに期待し続けますよ!あくまでモンキー役希望で(爆)

そして、スタトレふぁんのシラ吉は映画『スター・トレック』も激しく応援しております(ブログでは殆ど騒いでないケドsweat01)。映画の成功がテレビシリーズ復活の鍵とか書いてあったので(TSUTAYAの海外ドラマニュース)、そりゃもう必死です私(笑)

2009年4月15日 (水)

着せ替えブレンダン

IMDbで教えてもらいました(サンクス、rendrag-2さん!)。ちょっと面白いです。

こちらのサイト↓で、ブレンダン(絵)で着せ替え遊びが出来ます。
Brendan Fraser Dress Up Game(123peppy)

遊び方

  1. 右下の《PLAY》をクリック
  2. パンツ1枚になってしまったブレンダンに服を着せてあげましょう(笑)
    各《shirt》《pant》《shoe》《glass》をクリックするたびに、アイテムが変化します。
  3. ナイスなブレンダンが出来上がったら、右下の《NEXT》を、最初からやり直したい時は《RESET》をクリック。
  4. 名前を入力して(しなくてもOK)、《NEXT》をクリック
  5. 貴方がコーディネートしたブレンダンが、DESIGNED BY (入力した名前)という文字入りで完成!

服の種類はそれほど多くないので、すぐに遊び尽くしてしまうかもしれませんけれど、お時間潰しにいかが? 背中に剣を背負っている人のコーディネートって、無理があるような気も……それにしても、ブレンダンのパンツが緑色だったとは知りませんでした(笑) 

2009年4月14日 (火)

ターボ・サンダー

この2日間で、『男たちの挽歌』『男たちの挽歌Ⅱ』(BS放送)、アニメ『地球へ…』の最終話&『聖戦士ダンバイン』の46~最終話を見ました。面白かったけど、人が死ぬ場面とか死んでいる場面が多くて、ちょっぴり疲れたっす。それでも、今日放送の『男たちの挽歌Ⅲ』も楽しみだったりしますけど。なんなの私って(笑)

でも、今日は誰も死にそうにない平和な(?)アニメのお話を。Fairly Odd Parents - Season 6, Vol. 1

Nickelodeon Wishes for OddParents Parodies(awn)
こちらの記事↑によると、ブレンダンがアニメ番組『The Fairly OddParents』(左画像)にゲスト出演するそうです。
5月1日から3週にわたって放送されるスペシャル版の『The Fairly OddParents: Wishology』にブレンダンは、自分自身をThe Chosen One(選ばれし者?)と信じている高度な訓練を受けた戦士のTurbo Thunder役で出演するトカ。アニメ番組なので、当然声だけだと思われますが、頑張れブレンダン♪

でも「どーせ、日本じゃ見れないしな。チェッ」と思っていたら、この番組ニコロデオンチャンネルで放送中でした!(コチラ) たぶん米国とはかなりのズレがあると思いますが(未確認)、それでも待っていたら、いつかターボ・サンダーなブレンダンの声が聞ける可能性大ですよ!キャー楽しみ♪

とは言っても、以前『ダニー・ファントム』(←あえて日本語表記)というアニメに出演すると発表されたのに結局出演しなかったこともあるし(コチラ)、最近ではDressed to Kiltの件(コチラ)もあるので油断は出来ませんけどね。

2009年4月13日 (月)

犬映画

犬が好きなので、引っかかってしまったけど、実はどうでもいい話をひとつ。

こちら↓の記事にブレンダンが画像付きで出ておりました。
Weekly Ketchup Special Edition(ROTTEN TOMATOES)

ざっとまとめると、こんな内容――

最近、『ビバリーヒルズ・チワワ』や『ボルト』などの犬映画が成功しているから、アメリカの犬マニアに乗じて I Heart Shih Tzus なんて映画が製作されても不思議はない……

THE DOG Photo Book Collection Shih Tzu (THE DOG Photo Book Collection) (THE DOG Photo Book Collection)その映画はロマンティックコメディで、パッとしないハリウッドのテレビライターのブレンダン・フレイザーが、元恋人のシーズー犬を押し付けられてしまうというもの。元恋人は、彼を捨ててパリの銀行家のもとに去ったのだった。仕方なく毎日散歩をする彼は、そのシーズー犬を可愛がってくれる女性たちや、そんなチャラチャラしたワンちゃんを飼うのは[男として?]如何なものかとたしなめる男性たちに出会うのだった。

もし映画が成功したら、シリーズ化されるだろう。小さい犬から大きな犬まで、犬種はつきないのだから

ちなみに、タイトル表記は『heart Shih Tzus 』となるそうです(笑) 

ここのところ冒険物が続いていたので、ロマンティックコメディもいいかな~と。きっと、シーズー犬が結んだ恋が芽生えてハッピーエンドというありふれた(失礼sweat01)展開でもいいぢゃないですか。ただ、柴犬好きとしては、シーズーもいいけれど、出来れば柴犬を使っていただきたい。でも、そうなると映画のコンセプトからはずれるから……う~ん、考えてみましたが、もともと無い映画なのでした(チャンチャン)

しかし、確かに犬映画が人気です。ちょっと前にも「09年は“ドッグ・ムービー・ニューイヤー”?」(VarietyJapan)という記事がありました。犬が画面に出てくるだけで、すぐに泣いてしまうので、映画館での犬映画の鑑賞は避けている私ですが、幼獣マメシバの可愛さが半端ない!ブレンダン+犬(豆柴希望)の映画が出来たら、映画館でタイヘンな状態になる自分が想像できます。恐ろしい。それでも観たいので、いつか製作されますように(祈)

2009年4月11日 (土)

Lost Scene

やー、久々に『いつかあなたに逢う夢/Still Breathing』を堪能してしまいました。フレッチャーったら、いつみてもスィートでカッチョよすぎです、ドキドキ。

堪能するキッカケになったのがYouTubeで見つけた動画。『いつかあなたに逢う夢/Still Breathing』の削除シーン映像です。DVD(日本では未発売)に特典として収録されているモノです。嬉しいから早速貼る私。

削除シーンの内容は、だいたいこんな感じ(半分くらいは想像です・汗)――

  • ロズが膝に怪我をした翌日(?)、もう一度ロザリンと会えないかと通りで花束を持って待っていたフレッチャー(でも会えなかったみたい…)
  • ロズの友人のエレーヌが、カフェからロズに「どうだった?どんな男だったの?」と電話。偶然その店に入ったフレッチャーが、エレーヌの後ろを通り過ぎてカウンター席に…
    ロズがフレッチャーのことを説明、「背が高くて、目の色はブルーで…」 そして、風変わりな所があって、石とか物を積み上げるのが好きと伝える。後ろのカウンターでは、フレッチャーが何かを積み上げている。その様子を目にしたエレーヌは、フレッチャーだと気がつき、ロズに直にカフェに来るように指示する(フレッチャーとロズをくっつける作戦開始)。
  • 呼び出されたロズがカフェに入ってくると、エレーヌがフレッチャーを紹介(?)するが、ロズはすぐ帰ってしまう。
  • フレッチャーのガッカリした様子に、エレーヌが、ナイショだけど実はあの子(ロズ)はあなたに夢中なのよ、と適当なコトをそれっぽく話す。

続きを読む "Lost Scene" »

2009年4月 7日 (火)

あつい地元誌

ポートランド・マーキュリー誌さん、ありがとー&頑張って下さいね~
と叫びたくなる記事がこちら↓です♪
I Wish BF(Brendan Fraser) was my BF(boyfriend)(Portland Mercury)

ブレンダン目撃情報が掲載されています。CROWLEY(仮)の撮影で、現在ポートランド(オレゴン州)にいるらしいブレンダンが、お買い物をしているトコロを見かけられたという内容です(目撃情報の訳はコチラに)。

Shutter Shades/カニエ・ウェストも愛用?お買い物の内容がShutter shades(左画像)だったそうですが、本当に?どーなりたいんだ、ブレンダン?!とか思いつつも、何でも似合いそうだな~lovelyとかも思ってたりします♪ あと、ブレンダンと一緒にいたという《ホット》で《オールド》な女性の《オールド》ってどのくらいオールドなのか……とてもオールドだったら、ブレンダン母かもしれないし……でも《ホット》だから……とりあえず、私も《ホット》な《オールド》を目指します!(オールドは既に達成済みcoldsweats01

でも、この記事にお礼と激励をおくりたくなったのは目撃情報を掲載してくれたからではありません。その熱さにです。そう、まさに《ホット》。
で、ポートランドの地元誌でインターンをされているモリーさんが4月3日に投稿した記事を超意訳してみました(笑)

ブレンダン・フレイザーが、3ヵ月間ポートランドに出没する!ポートランドの人は街中でセレブに出会ってもあまり興味を示さないと思う、それが私たちのスタイルだから。でも、セレブどころぢゃない!ブレンダン・フレイザーだ!『ハムナプトラ』の彼だ!ミイラと闘う超カッコいい男なのだ!

それほど長くインターンをしているわけではないが、それでもこんなに興奮している編集スタッフを見たコトはない。ブレンダン・フレイザーまにあだ!!!そこで我々は、ここでの彼を見逃さずにおられようか、彼の足跡を記録しなければならない、と決心した。だから、市民の皆さん、彼を見かけたらコメント欄を通じて我々に知らせて下さるようにお願いします。彼は何をしていましたか?何所にいましたか?1人でしたか?え、大袈裟?だって、彼は神様みたいな存在だから。

【…で、目撃情報に続く…】

ポートランド・マーキュリー誌が近所の書店にあれば、間違いなく買ってしまいますね。
そんなわけなので、ポートランドのブレンダン・フレイザーまにあの方々の活躍を篤く応援しておりますよ~

2009年4月 3日 (金)

おすすめします!

ブログのテンプレートを変更しました。というか、元に戻しました。また暫くはこれでいきますので、よろしくお願いします。

少し前のことですが、BECCに画像の投稿がありました。弊ブログでも以前勝手にキャーキャー騒いだ「ハリウッド父ちゃんズ」こと、写真集『Hollywood Dads』からのブレンダン親子の画像です。

当時はスキャナーもないし、根性もなかったので、言葉とヘンテコな絵で画像の説明を試みて撃沈しましたっけ(遠い目)。
とあるブログで一部には公開していただいたのですが、未見のブレンダンふぁんがいたら、是非ともドーゾ!
3年前のブレンダン親子の姿に心温まると思いますよ。花冷えの今日この頃にはもって来いかも♪

BECCの該当投稿はこちら↓
Pics from the book 'Hollywood dads' (BECC)

弊ブログで勝手に騒いでいたのはこちら↓
ハリウッド父ちゃんズ
実際の画像と私の描いたヘンテコな絵を見比べて笑ってくれたら嬉しいっすsweat01

2009年4月 2日 (木)

残念です

ご存知の方も多いと思いますが、3月30日に行なわれた Dressed to Kilt というイベントにブレンダンが参加すると、それもキルトを纏ったモデルとして参加すると3月の初めくらいにアナウンスがあったンですけど……どーも、参加しなかったような感じです。うぅぅ、残念。

Dressed to Kilt はキルトのファッションショーで、ショーン・コネリー夫妻が主催するチャリティイベントだそうです。たくさんのセレブがキルトに身を包んで、ファッションショーのモデルとしてランウェイを闊歩する(?)のだとか。で、今年のメンバーにブレンダンの名前も挙がっていたのですが…はて? 一応、公式サイトのモデルリスト(コチラ)にも名前はあるんですけど、何故か《Brendan Fraser Actor (son)》 と表記されてます。ん、sonってどーいうこと?

期待して画像を探してみましたが、今のところ全く見つけられていません(涙) ドタキャンかと諦めようと思ったら、

Those joining Myers on the catwalk included actress Andie McDowell and her daughters and actors Matthew Modine and Brendan Fraser.

―――Stars Dress to Kilt(Stuff.co.nz)より
こんな衣装のブレンダンを見たかったのに。チェッと書いてある記事もあったりして、「もしかしたら」と思わされたりで、シクシクweepです。

たぶん、ブレンダンは参加していなかったのだと思いますが、もしどこかでキルト姿のブレンダンを見かけたら、是非ご一報下さいネ!
ところで、キルトの正式な着方ってノーパンだと聞いたことがあるけど、ホント?

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

このブログのお約束

  • 時々、例外があるかも…
    コメント、メール、その他ご意見大歓迎
    ネタ提供は 熱烈歓迎
    Aicon331_1にポインタをオンすると、私(シラ吉)の魂の叫びが聞えるかも…
    2009.10.16一部改訂

併設サイト


  • ★BFs2004
      未だに工事中ですが、よろしくお願いします。

  •   更新履歴ブログ  
        併設サイトの更新お知らせブログ

ふぁーりーヴェンジャンス

  • プレミア
    2010年4月公開(米国)の映画『Furry Vengeance』の関連画像集

ついて行きます!

  • Micharan Voice
    ブレンダンおっかけ同盟の第一人者MicharaさんのステキなBLOG
  • ぽわぽわ★ステップ
    ブレンダン好き好き同盟の第一人者ぽわさんのステキなBLOG
  • 月影の舞
    すごい量の映画レビュー&映画関連本が盛りだくさんなBLOG

旬のリンク

ためになるサイト

ワンコと一緒

  • お疲れ様でした。
    2000年9月から一緒に暮らしている豆柴(アトピー犬) 一緒に散歩できる幸せがいつまでも続きますように…
無料ブログはココログ

ハニーが読んだ本


  • 星を継ぐもの (創元SF文庫)

    月の洞窟で宇宙服を着た人間の遺体が見つかる。しかしそれはなんと5万年前のもの!宇宙開発に乗り出したばかりの人類がこの謎を解明していくSFの金字塔。謎の解明が実にスマート。最後の1行を読めば、人類と月の起源ってこの作品の通りだったと思えてしまうはずです。