2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« こんなコト、言ってました 5 | トップページ | ケータイから投稿 »

2010年7月17日 (土)

きっちり10分

随分前のインタビュー記事から[対応が遅くてスミマセンsweat02]。

『Extraordinary Measures/小さな命が呼ぶとき』でのインタビューなのに、作品関連の質問より別の話の方が面白かったというシロモノ(←他所でも同じような質問ばかりですから…)。しかも、10分しか時間がなかったので尻切れトンボになっておりました。最後に記者が投げかけた質問の答えは、ファンなら誰もが知りたかったハズ……

というわけで、面白かった部分のみ抜粋。

まずは冒頭部分を――

Gary Wolcott[記者 以下GW]:Extraordinary Measuresの大部分はポートランドで、その他はシアトルで撮影されましたね。私は、数百マイルはなれた両都市の新聞に書いているんですよ。

Brendan Fraser[以下BF]:The Tri-Citiesのこと?

GW:The Tri-Citiesをご存知なのですか?

BF:僕はシアトル*1に住んでいたんだ、The Tri-Citiesはよく知っているよ。あの地域を旅して回ったことがある。Tri-Cities*1Spokane*1に行ったし、Ellensburg*1Laughing Horse*2で地方公演をした。まだあるんじゃないかな。

GW:よく知っていますよ。1980年代後半に、私はあそこで2つのラジオ放送局を運営していたんです。

BF:あそこの風力計[原文ではwindowmeter...wind meterのこと?]が大好きだった。

GW:Ellensburgは風で有名ですからね。でも実は、Tri-Citiesの方がもっと風があるかもしれませんがね。おっと、話題が違いましたね。

―――Exactly 10 minutes with actor Brendan Fraser(Tri-City Herald )より
*1 :シアトル、スポーカン、エレンズバーグはいづれもワシントン州の都市。Tri-Citiesはベントン郡やフランクリン郡を含むワシントン州南東部の地域を指すそうです(by Wiki)
*2 :エレンズバーグにあるセントラル・ワシントン大学関連(?)のLaughing Horse Arts Foundationが開催するLaughing Horse Festivalのことかも…

シアトルで演劇青年だった頃を思い出しながら……Site_and_animals_036

ところで、ブレンダンがお気に入りのエレンズバーグのwindowmeterはもしかしたら、風力発電機の事かも(画像参照)。確かに設置されているそうですし、プロペラがたくさん並んでいる様子は画になりそうです。カメラマン・フレイザーの心を刺激すると思うけど、どう?

映画関連の話の後――

GW:本作は、あなたのいつもの映画とは大きくかけ離れたタイプですね。前作は『センター・オブ・ジ・アース』でしたね?

BF:20年やってきた。とっても運が良かったのさ。この話は、太字で二重に下線を引いて目立つようにしてくれよ。僕は、様々なジャンルでありとあらゆるキャラクターを演じてきた。『愛の落日』や『ゴッドandモンスター』から皆にもっと馴染みのある映画まで出来た。その多様性を楽しんでいるんだ。これ(Extraordinary Measures)は面白い映画だよ。

GW:あなたは本当にコメディがお得意ですよね。ところが、シリアスドラマとなると過小評価されているようです。私はあなたの名前が挙がっているという理由でExtraordinary Measuresが気に入りました。正真正銘の本物であって、[観客の]感情を操ったりしていない。あなたはとても上手かった。抑えた演技がよかったです。

以下、再びよくある質疑応答が続くので省略

GW:彼[ハリソン・フォード]は本当に面白い人だそうですね。

BF:その通り。ここで、彼のジョークを言えないけどね。

GW:あなたもかなり面白い人ですよ。でも、冗談を飛ばすタイプではないですね。素晴らしい表情と表現をお持ちだ。ジョージやダドリーにピッタリでしたね。『ハムナプトラ』の第1作で世間に知られるようになりました。ただ、あなたが良いドラマ俳優だというコトを人々が知らない。この作品や『ゴッドandモンスター』、その他の作品でそれを証明しているのに。

BF:そう言ってもらって感謝するよ。実際、僕は仕事をしていれば幸せなんだ。

GW:そうなんですか。あなたが居るのは競争の激しい社会なのに。

BF:ハリウッドでは作られている映画は、シリーズ物かリメイクのようだ。本作のような新しい題材にとっては、確かに競争力があるかもね。

GWあなたがやりたいのにまだやっていないキャラクターは何ですか?どんなタイプのキャラクター?

―――Exactly 10 minutes with actor Brendan Fraser(Tri-City Herald )より

と質問したところで、10分が経過。映画会社の担当者に「すみません、もう行かないと。ありがとうございました。」と止められ、ブレンダンを連れ去られたそうです(笑)
この記事の最後は、ブレンダンへの呼びかけで閉められていました。
こんな↓感じ

ブレンダンにお別れもお礼も言う間もなかった。ブレンダン、もしこれを読んでいたら、まだ質問があるしもっと話がしたいので、Tri-City Herald に連絡を下さい。

―――Exactly 10 minutes with actor Brendan Fraser(Tri-City Herald )より

どんな役をやりたいと思っているのか……是非とも答えを聞きたかったな~。ブレンダンからの連絡を、Gary Wolcottさんと共に待ちます!たぶん、無理だけど(爆) しかし、何故もっと早く聞かなかったの?と内心思ったコトはナイショで♪

« こんなコト、言ってました 5 | トップページ | ケータイから投稿 »

雑記(ブレンダン)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/128979/48901343

この記事へのトラックバック一覧です: きっちり10分:

« こんなコト、言ってました 5 | トップページ | ケータイから投稿 »

このブログのお約束

  • 時々、例外があるかも…
    コメント、メール、その他ご意見大歓迎
    ネタ提供は 熱烈歓迎
    Aicon331_1にポインタをオンすると、私(シラ吉)の魂の叫びが聞えるかも…
    2009.10.16一部改訂

併設サイト


  • ★BFs2004
      未だに工事中ですが、よろしくお願いします。

  •   更新履歴ブログ  
        併設サイトの更新お知らせブログ

ふぁーりーヴェンジャンス

  • プレミア
    2010年4月公開(米国)の映画『Furry Vengeance』の関連画像集

ついて行きます!

  • Micharan Voice
    ブレンダンおっかけ同盟の第一人者MicharaさんのステキなBLOG
  • ぽわぽわ★ステップ
    ブレンダン好き好き同盟の第一人者ぽわさんのステキなBLOG
  • 月影の舞
    すごい量の映画レビュー&映画関連本が盛りだくさんなBLOG

旬のリンク

ためになるサイト

ワンコと一緒

  • お疲れ様でした。
    2000年9月から一緒に暮らしている豆柴(アトピー犬) 一緒に散歩できる幸せがいつまでも続きますように…
無料ブログはココログ

ハニーが読んだ本


  • 星を継ぐもの (創元SF文庫)

    月の洞窟で宇宙服を着た人間の遺体が見つかる。しかしそれはなんと5万年前のもの!宇宙開発に乗り出したばかりの人類がこの謎を解明していくSFの金字塔。謎の解明が実にスマート。最後の1行を読めば、人類と月の起源ってこの作品の通りだったと思えてしまうはずです。