2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« HairBraind 4 | トップページ | Happy Birthday »

2013年6月11日 (火)

HairBrained5

HairBrainedの公式予告編!

こちら↓

こんなブレンダンも私は好きです(笑)
ブレンダンの他にも、あの人もこの人も出てる~って感じ♪ 特にあの人は『悪いコト~』と同じようなコトもしてますね。ブレンダンとはとっても仲良しだトカ。

日本でも見れる日が来ますように(祈)

« HairBraind 4 | トップページ | Happy Birthday »

新作?」カテゴリの記事

コメント

こんに嬉しいブログを見つけた!
私はくちづけはタンゴの後でが大好きなのですがなんであんな名作のDVDが作られてないんだろう

イマさん、こんばんは&はじめまして!
2004年以来のブレンダンファンのシラ吉です。
ブレンダンへの気持ちは変わらないけど、最近は私事に追い立てられてなか
なか更新ができません(>_<) こんなんでよければまた遊びに来てくださいね♪

くちタンのブレンダン、素敵ですよね~ 後半に向かって何故かどんどんカッコよくなっていく気がするのは私だけ?(笑)

シラ吉さんは柴犬も好きなんですね私もあのぷりケツがたまんないですlovely
シラ吉さんは2004年からのファンと聞きましたがどの映画でハートを射ぬかれましたか?私はタイムトラベラーのテレビCMでズキューンとなりました

イマさん、こんばんはー
そして、お返事がタイヘン遅くなってしまってゴメンナサイ。激しく反省しております。
日々の余裕がなくて、自分のブログなのに全然ほったらかしで覘くこともしていませんでした。ただただ申し訳なくて、本当にすいません。

今更かもしれませんが、私は『タイムトラベラー』ではじめてブレンダンを観て、その1か月後くらいに『きっと忘れない』でまたブレンダンに巡り合いました。でも、その時は同じ俳優さんだとは気が付かなかったンです。名前も判らなかったし(恥)。ただ何となく印象に残っていて…その数か月後に『ジャングル・ジョージ』をレンタルしてブレンダンにはまりました。で、その時の逆算で「あ、タイムトラベラーの人やん!え、きっと忘れないの人もこの人かも?」ってな具合でした。そんなわけで私のハートを射抜いたのはやっぱり…ジョージかな(笑) ちなみに、劇場での初ブレンダンは『愛の落日』でした。デビュー遅っ(汗×100)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/128979/57566447

この記事へのトラックバック一覧です: HairBrained5:

« HairBraind 4 | トップページ | Happy Birthday »

このブログのお約束

  • 時々、例外があるかも…
    コメント、メール、その他ご意見大歓迎
    ネタ提供は 熱烈歓迎
    Aicon331_1にポインタをオンすると、私(シラ吉)の魂の叫びが聞えるかも…
    2009.10.16一部改訂

併設サイト


  • ★BFs2004
      未だに工事中ですが、よろしくお願いします。

  •   更新履歴ブログ  
        併設サイトの更新お知らせブログ

ふぁーりーヴェンジャンス

  • プレミア
    2010年4月公開(米国)の映画『Furry Vengeance』の関連画像集

ついて行きます!

  • Micharan Voice
    ブレンダンおっかけ同盟の第一人者MicharaさんのステキなBLOG
  • ぽわぽわ★ステップ
    ブレンダン好き好き同盟の第一人者ぽわさんのステキなBLOG
  • 月影の舞
    すごい量の映画レビュー&映画関連本が盛りだくさんなBLOG

旬のリンク

ためになるサイト

ワンコと一緒

  • お疲れ様でした。
    2000年9月から一緒に暮らしている豆柴(アトピー犬) 一緒に散歩できる幸せがいつまでも続きますように…
無料ブログはココログ

ハニーが読んだ本


  • 星を継ぐもの (創元SF文庫)

    月の洞窟で宇宙服を着た人間の遺体が見つかる。しかしそれはなんと5万年前のもの!宇宙開発に乗り出したばかりの人類がこの謎を解明していくSFの金字塔。謎の解明が実にスマート。最後の1行を読めば、人類と月の起源ってこの作品の通りだったと思えてしまうはずです。