2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

感想

2008年11月18日 (火)

魔法の文字、やっと。

魔法の文字

ほぼ2年前に購入した『魔法の文字』(コルネーリア・フンケ著)を、先日読み終わりました。ず~っと熟成(笑)していたのですが、ハニーが「読みたい。」と言い出したので、笑顔で「どーぞ、どーぞ」と受けながら内心「う、奴より先に読まねば…」と焦って読み始めた次第です、トホホ。
そんなトホホのスタートでしたが、実際2、3日で読み終わりました。やー、面白かった!待つのが嫌いな性格なので、物語の先が知りたくなると、もう待っていられない私。結局寝る時間をかなり削ってしまいましたが、「我が寝不足に一片の悔い無し!」という心境です(←大袈裟)。

そんなわけで、感想。

前作の『魔法の声』より『魔法の文字』の方が、断然面白く感じましたね~。
その理由は、たぶん、展開の早さ。同じ時間軸で、各登場人物がそれぞれの場所で、それぞれの思いを持って物語が展開していたので、飽きることがありませんでした。「あの人どうしているのかしら?」と思っていたら、次の章ではその人が登場ってな具合。
それから、その舞台(舞台描写?)もよかった~ 複数の登場人物が、現実の世界より現実感があるというようなことを言いますが、同感。やっぱりファンタジーの世界には妖精か(笑)
不満な点もあります。それは、モーの言葉遣い。一人称「わし」と語尾の「~じゃよ」が……せっかく楽し~く読んでいても、そこで萎えます。浅見先生、何故なの?

さて、続編の Inkdeath ですが……

コルネーリア・フンケが、彼女の最新作である Inkdeath をまだ幼いファン全員に読んでもらいたいとは思っていないと知れば、あなた方は驚くかもしれない。
[タイトルから判るように] この本の主題は
「死」で、プロットやテーマが前作や前々作より複雑なのだ。
フンケは、「その年齢[8、9歳]の子供には読めないし、理解できないとは言いたくない。」そうで、もっと上の年齢の子供達が
人生における避けられない哀しみに向き合う為の準備として、この本を考えているもらいたいようだ。

―――Inkdeath’s heavy themes not meant for younger readers
より抜粋

あ~、もう気になる~、続きが読みたい。日本語訳の出版はいつになるのか、待ち遠しい。

で、ここからは、本の感想ではなく、映画INKHEARTを待っているブレンダンふぁんとしての感想です。
ネタばれ無視して書いていますので、知りたくない方は読まないでね♪

続きを読む "魔法の文字、やっと。" »

2008年5月16日 (金)

欲望が果てるとき

ここ数日サボっていたのではなく、ナンプレに追われていたのです(←やっぱサボってた?)。ふ~、自分設定の締め切りになんとか今月も間に合いました!ブレンダンと柴犬とナンプレを愛するシラ吉ですので……

というわけで、『ラストタイム 欲望が果てるとき』感想をやっとこさアップ。

DVD『ラストタイム 欲望が果てるとき』
1030999_l

素人の感想ですので、いろいろご了承下さい。
ネタバレを激しく含みますので、白バックに白字で書いています(ドラッグすると読めます)。

続きを読む "欲望が果てるとき" »

2005年12月29日 (木)

ザ・ペーパー

ザ・ペーパー

あっちママさんに教えてもらった、マイケルさんムービー『ザ・ペーパー』をやっとレンタル屋さんで発見!
年内に鑑賞できました(^o^)/

内容は(アマゾンより)――

地方新聞の編集局次長ヘンリー(マイケル・キートン)は、公私の問題を多分に抱えながら大手新聞社へ移籍すべく面接を受けたが、そこで彼の新聞だけが昨夜の殺人事件を報じてなかったことを侮辱され、その腹いせに特ダネのメモを盗んでしまう。やがて雑人事件の容疑者が逮捕されるが、彼はメモの内容からそれが誤認逮捕だと確信し、その証拠を得るため奔走する…。

なんか社会派ドラマっぽい内容ですが、実際はコメディです(よね?)
次から次へと仕事(?)が舞い込んできて、コーラを飲む暇もない(いや、飲んでたけど)編集局次長さんはタイヘンです(笑)ラスト近くでの、輪転機横の妙な(ゴメンナサイ!)格闘シーンに、笑ってしまいました。最終的に鼻血まで出してたのにね、新聞を発行するってタイヘンだな~(^^)

広がっていった物語が最後に向かってどんどん収束していくのが好みなんですが、そのパターンの作品で、楽しく拝見させてもらって、見た後はスッキリでした♪

続きを読む "ザ・ペーパー" »

2005年10月29日 (土)

サイドウェイ

B0007TW7VY サイドウェイ 特別編
ポール・ジアマッティ アレクサンダー・ペイン トーマス・ヘイデン・チャーチ
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2005-07-07

by G-Tools

アカデミー賞にノミネートされたこの映画を、やっとこさ見ました。内容は――

小説家志望の中年の国語教師マイルスと親友ジャックは、旅先のレストランで美人のマヤと出会う。調子のいいジャックは婚約者がいるのにナンパした女性とうまくやっているが、結婚に破れ、小説家の夢もどうなるかわからない、何もかもうまくいかないマイルスは、マヤにひかれつつも一歩が踏み出せずにいた。

大人向けのコメディでした。私には127分は少し長いようにも思えましたが、1つ1つ丁寧におっていけば127分は妥当なのかも。大人でワイン好きな人にはおススメだと思います。

続きを読む "サイドウェイ" »

2005年10月28日 (金)

クローンズ

B00005LMD7

クローンズ
マイケル・キートン
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 1998-10-23

by G-Tools

マイケル・キートンさん主演の『クローンズ』を見ました(あっちママさん、サンクス)。いつか日本でも公開される(ハズの)『The Last Time』に向けての予習も兼ねてます?

感想の前に……私シラ吉は、ブレンダンに出会うまでそれほど映画に興味がありませんでした。端っこな性格も手伝って、メジャーな映画もメジャーな俳優さんも知りませんでした(今もあまり変わっていないかも)。素人の私がおこがましいとも思いますが、小学生(それも低学年)レベルの感想でも許してやろうと思える方だけ、読んでね。
これからも時々感想書くかもしれませんので、先に謝るのでした。スンマセン<(_ _)>

続きを読む "クローンズ" »

2005年10月 4日 (火)

scrubs 見ちゃった♪

『scrubs』第三シーズンの名作(ブレンダン出演だけでなく、エミー賞にもノミネートされた脚本) 「My Screwup」を見てしまいました。

続きを読む "scrubs 見ちゃった♪" »

このブログのお約束

  • 時々、例外があるかも…
    コメント、メール、その他ご意見大歓迎
    ネタ提供は 熱烈歓迎
    Aicon331_1にポインタをオンすると、私(シラ吉)の魂の叫びが聞えるかも…
    2009.10.16一部改訂

併設サイト


  • ★BFs2004
      未だに工事中ですが、よろしくお願いします。

  •   更新履歴ブログ  
        併設サイトの更新お知らせブログ

ふぁーりーヴェンジャンス

  • プレミア
    2010年4月公開(米国)の映画『Furry Vengeance』の関連画像集

ついて行きます!

  • Micharan Voice
    ブレンダンおっかけ同盟の第一人者MicharaさんのステキなBLOG
  • ぽわぽわ★ステップ
    ブレンダン好き好き同盟の第一人者ぽわさんのステキなBLOG
  • 月影の舞
    すごい量の映画レビュー&映画関連本が盛りだくさんなBLOG

旬のリンク

ためになるサイト

ワンコと一緒

  • お疲れ様でした。
    2000年9月から一緒に暮らしている豆柴(アトピー犬) 一緒に散歩できる幸せがいつまでも続きますように…
無料ブログはココログ

ハニーが読んだ本


  • 星を継ぐもの (創元SF文庫)

    月の洞窟で宇宙服を着た人間の遺体が見つかる。しかしそれはなんと5万年前のもの!宇宙開発に乗り出したばかりの人類がこの謎を解明していくSFの金字塔。謎の解明が実にスマート。最後の1行を読めば、人類と月の起源ってこの作品の通りだったと思えてしまうはずです。